庶民だけが税に苦しむ!日本の現実

庶民だけが税に苦しむ!日本の現実

貧困層より税金が軽い富裕層、零細企業より法人税が軽い大企業・・・富裕層や大企業を優遇し、庶民は重い税金や保険料の負担に追われる国、ニッポン。低所得層を「税金地獄」に追い込んでいるのはなぜ?とても興味深い記事がありますのでご紹介します。

 

 

富裕層の間で注目を集めた「ふるさと感謝券」

 

 

税の抜け穴の情報の一つに「ふるさと納税」があります。富裕層にはとても人気です。房総半島の中央にある人口約1万人の千葉県大多喜町。最近はふるさと納税でもらえる金券の「ふるさと感謝券」が富裕層の間で注目を集めています。町は2014年12月に返礼品として金券を贈り始め、2015年度の寄付額は前年度の40倍近い18億5500万円と急増し96%が金券を求める寄付だったそうです。

 

 

町の中心部にあるスーパー「いなげや」では、夫婦が4つのかごに山盛りの買い物を分厚い「ふるさと感謝券」の束で支払っていたそうです。200万~700万円の新車を数台、全額感謝券で売ったという町内の自動車販売業者の実話では「新車や高級タイヤが売れました。大量の感謝券を持っている方は、タケノコや椎茸で500万円分使うわけにはいきません。期限内に消費しないと紙くずになります。枚数が多くて数えるのが大変でした」と・・・

 

 

 

感謝券は寄付額の7割相当が贈られる。700万円の感謝券を使う人がいたということは、1000万円の寄付をしたか、インターネットのオークションなどを通じて、額面よりも割安に買い集めたというこことが考えられるそうです。

 

 

「ふるさと納税大感謝祭」では

 

2016年10月、ふるさと納税の返礼品を選びながら寄付の手続きができるインターネットのサイト「ふるさとチョイス」を運営するトラストバンクが2日にわたって開催した、横浜市中区の赤レンガ倉庫のイベント広場では「ふるさと納税大感謝祭」に全国61市町村の「出店」が軒を並べたそうです。

 

 

宮崎県都城市のコーナー

 

「宮崎牛サーロインブロック」や地元でつくる芋焼酎「1年分365本(1本1.8リットル)」などが売りで、焼酎1年分は、100万円以上を寄付した人が対象だそうで、この金額を減税対象とできるのは、給与収入の場合だと年間3000万円を超え、多額の所得税と住民税を納めている高所得者だそうです。

 

 

100万円を寄付すると、2000円の自己負担を除いた99万8000円が減税され、小売価格で60万円超にあたる焼酎1年分がもらえるので、経営者や医師が多く、通販のカタログ感覚で豪華商品を選ぶことができるそうです。

 

 

ふるさと納税による2015年度には、全国1741自治体のうち「黒字」は1216自治体で計約1473億円にのぼっています。1位の都城市など上位の10自治体に黒字の19%が集中しており、一部の市町村が寄付をかき集めている姿が浮かび上がっています。

 

 

「赤字」の自治体は都市部に多く、会場がある横浜市が約28億円、名古屋市が約18億円、東京都世田谷区が約16億円などで皮肉な光景だといわれています。

 

 

合同会社の設立数が約3倍に増加

 

 

所得税の最高税率は年収1800万円を超える所得に40%、経済政策アベノミクスでの法人実効税率は29.97%だそうです。個人の所得よりも法人の所得にしたほうが有利なので、株式会社より簡単に立ち上げられる「合同会社」が増えたそうです。合同会社はベンチャー向きとされていますが、税理士は「節税に使う個人事業者が多い」と言います。

 

 

東京23区内で5棟のアパートを経営する男性(65)

 

2015年春に合同会社をつくり、個人経営から法人経営に切り替えました。年収は家賃収入と年金で6200万円ほど。そこから清掃費などの経費をさし引いた「所得」に高税率(当時)の40%が適用され、住民税などを含めた納税額は約750万円にのぼったそうです。

 

 

法人経営にすると、法人税率は21%余りで済み自分や「社員」にした妻の給与、会社名義の生命保険なども経費にでき、法人としての納税額は90万円足らず。夫婦の給与への所得税を加えても納税額は約330万円。400万円超の節税になったそうです。

 

 

 

貧しいほど負担感が重い

 

 

庶民には消費税や国民健康保険税といった貧しいほど負担感が重い逆進的な税が重く感じます。消費税が8%に上がった2014年度の実質賃金は3.0%も下がりました。給料が減ったり、消費増税で負担が増えたりして、給料で買えるものが減ったそうです。それにサラリーマンが加入する国の年金である厚生年金の保険料は毎年上がり、高齢化にともなって健康保険も介護保険も上がっています。

 

 

先進国として恥ずかしい事態

 

2015年度の消費税の滞納額は4396億円と、前年度比で33%増えたそうです。消費税の滞納増は税率が8%に上がった影響が出てきた結果とみられています。 困っている人に「再分配」をすることで、日本の高度成長期からバブル期にかけては、「一億総中流」といわれていました。ところが、バブル崩壊から20年余りがたち、再分配をした後の年間所得の世帯分布300万円台から200万円台に下がっているそうです。

 

この結果、日本では再分配の前と後で貧困率を比べると、勤労者や子供のいる世帯で再分配後のほうが貧困率は上がる逆転現象が起きていて、経済協力開発機構(OECD)の中では先進国として恥ずかしい事態だそうです。

引用元https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170331-00165349-toyo-bus_all&p=1

 

 

 


 

 

「ふるさと納税」はよく耳にする言葉です。地域の特色を生かして、納税者に地元の特産品などを還元するこの制度は、かなり浸透してきたように思いますが、金券を贈る自治体があることを初めて知りました。此れがネットで売買されているそうです。一般庶民には大量な金券は売買できなので、これも裕福層のなせる業でしょうか・・・少し違和感を覚えます。

(キュレーター:remon)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

政治カテゴリの最新記事