黒板アート

「君の名は。」美術教師の黒板アートが話題

 

12-29-07

写真引用元 THE HUFFINGTON POST

 

先生の名は浜崎祐貴(ひろたか)さん(31)=奈良県立郡山高校(同県大和郡山市)の美術講師。興行収入200億円を突破した大ヒットアニメ映画「君の名は。」の1シーンは、色を重ね、線の密度を変えて微妙な色まで表現した黒板アートで仕上げました。

生徒から「9月の文化祭用に描いて」と要望され3日で完成させたものです。映画主題歌の『前前前世』にかけて、文化祭の3日前に『前前前日』とハッシュタグつきでツイートしたところ、お気に入り登録数は10万件をこえ、「感動した」「学生時代にこんな先生に会いたかった」という書き込みも。

 

 

黒板アートって?

 

12-29-01

 

黒板にチョークで描かれた絵や文字等の作品のこと。学校の教室を舞台にした黒板ならではのスケール感とチョーク独特の温かみのある質感、いずれは消されてしまう“はかなさ”も魅力となり、ここ数年大きな話題となっています。

 メッセージ性の強い黒板アートは、その教室に足を踏み入れた人々に思いを伝える手段として使われることが多いようです。入学式、卒業式、文化祭、あるいは・・・❤

 

12-29-06

 

黒板アート

新入生の皆さんご入学おめでとうございます。

美術部で何かお祝いできたらと思い、各クラスの黒板に絵を描かせていただきました。

題材は皆さんが知っているものでいこうと、ジブリ作品シリーズと花を組み合わせ描きました。
部員一同初めての挑戦でしたのでうまくできるか心配でしたが、何とか完成することができました。

工夫した点は、チョークで色を再現したところです。チョークは色数が限られていますが、
赤、黄、青、白を粉末化し、水と混ぜ原画に近い色をつくりました。

作業時間も1枚につき12時間近くかかってしまいましたが、良い経験になりました。

 

引用元 岡崎城西高等学校公式ブログ

 

黒板ジャック!武蔵野美術大学

 

12-29-08

写真引用 武蔵野美術大学 旅するムサビプロジェクト

 

ムサビ=武蔵野美術大学の学生さんたちが内緒で制作した黒板の絵が、登校してくる子どもたち、生徒たちを驚かせます。

2011年から都立高校での活動に参加していた学生さんたちが「ムサビ生が来ていることをインパクトがある方法で知らせるきっかけをつくりたい」という思いから発案されたそうで、今では様々な学校で行われています。

黒板アートを目にした子どもたちは、「なにこれ」「どうやって描いたんだろう」と話したり、隣の教室の黒板を見に行ったりと、さまざまな生の反応をみせてくれます。子どもたちが鑑賞した後、絵は授業の前に消され、短い時間のできごとが子どもたちに新鮮な感覚を与え、その驚きとともに美術への関心を引き出しているようです。

 

 

 


 

学校の教室の黒板をキャンバスにチョークで絵を描く黒板アートは、学生だけの特権ですよね。 登校してステキな絵が描いてあったら…♡ ムサビの学生の皆さんの活動はよくテレビでも紹介されていて、子どもたちの驚きと喜ぶ表情がとても印象的でした。 チャンスがあったらぜひ、生で見たいですね。

(キュレーター:SILVIA)

 

最新情報をチェック!