【不倫カップル】上戸彩&斎藤工『昼顔』映画化 ドラマ版“3年後”の運命の扉

【不倫カップル】上戸彩&斎藤工『昼顔』映画化 ドラマ版“3年後”の運命の扉

2014年7月期に放送され、社会現象を巻き起こした連続ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)が映画化されることが27日、わかった。
ドラマ版に続き、主人公の紗和を上戸彩、不倫相手役の北野を斎藤工が演じる。
同作から一躍ブレイクした斎藤は「作品に出会ったことでいろいろな変化がありました。
それぐらい、私にとってはターニングポイントになった大事な作品です」。
上戸は「私の中でも新境地を開けた作品だと思いますし、映画ではもうひと踏ん張りして、皆さんにもう一歩新しい“上戸彩”を見ていただけるように、そして代表作として認めていただけるようにがんばっていきたいと思います」と意気込む。

“昼顔妻”という流行語を生み出し、ドラマ視聴率が軒並み苦戦を強いられる状況のなかで平均視聴率13.9%、最高視聴率16.7%を記録。
第82回ザテレビジョンドラマアワードの脚本賞を受賞し、2014年流行語大賞にもノミネートされるなど大きな話題を呼んだあの『昼顔』がスクリーンに帰ってくる。

ドラマ版では、紗和と北野それぞれに夫、妻がいるにも関わらず、不倫関係に陥り、それが本気の恋愛に発展していく。
そして、いつしかそれは明るみに出てしまい、弁護士も交えた示談のうえ、ふたりは別れざるを得なくなる。
ドラマのクライマックスでは、紗和は紆余曲折を経て夫と離婚し、独り身に。
そして北野は、離婚しない意志を持つ妻とともに遠く離れた場所に引っ越した。
映画版は、その3年後、遠く離れた海辺の町でふたりが出会ってしまうところから始まる。

出産を経て、本格的な女優復帰作となった同ドラマが大きな話題になり、代表作のひとつともなった上戸。
今回の映画化については「ドラマの頃は多くの方々が観てくださって反響が大きくて、それとともにとてもやりがいを感じていました。
こうして2年経って、改めて映画化することが本当にありがたいと思っています」。
並々ならぬ想い入れを持って撮影に臨んでいるようで、「ドラマで最後に工くん演じる北野先生を感じたのは、校内放送での北野先生の告白を学校の外で聞いて泣いているという衝撃的なお別れのシーンだったのですが、クランクインが、ある場所の扉を開けて入ろうとしたときに北野先生の声だけが聞こえるというシーンで。
もうそれだけでドラマとリンクして泣きそうになってしまいました。
その後はもうスイッチが入ってしまって、終始泣くのを我慢していました」とドラマ版を振り返りながら現場の様子を語っている。

斎藤も同ドラマが代表作のひとつになり、出世作になったと言ってもいいだろう。
その好演は大きな話題となり、以降は“セクシー俳優”イメージが定着するほどの人気ぶりを見せている。
斉藤は「『昼顔』で北野先生というひとつのカラーをいただき、気付くと自分の中で基準のひとつになっていて、そこから他の表現を模索していることがあります」。
そして、映画版については「ドラマの方はいろいろなとらえ方ができる終わり方だったのですが、映画の台本を読んで、ラストについてはその衝撃をいまだに受け止めきれずにいます。
2年前のドラマからこの期間を空けるという意味が、きちんと台本に落とし込まれていたのがすばらしいと思いました」とコメントしている。

なんだか早く先の展開がした~い!
また、上戸もその台本については「台本を読み終わって閉じたあとにすごく胸が苦しくなって、涙が出てきちゃいました。
今は感情移入しながら台詞を覚えていますが、どのシーンでも泣きそうになっています」。
今作で上戸は“日本中の女性がうっとりするような美しく、濃密なラブシーン”にも臨むという。
テレビドラマとは異なる、映画というメディアならではの映像表現にも期待がかかる。

監督と脚本は、ドラマ版から続投する西谷弘監督と井上由美子氏。
西谷監督は、映画では『容疑者Xの献身』『真夏の方程式』などのヒット作を手がけている。
撮影は9月24日から11月上旬を予定。公開は2017年初夏。

「来年までは長いね」と感じてしまう・・・
二人の感情移入した濃厚なラブシーンを想像しただけでドキドキする・・・

引用元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160927-00000370-oric-ent

_________________________

「昼顔」最終回レビュー「夫がいるくせに畑を荒らさないでください。男の数は限られてますから」

いや、びっくりシーンの連続でした。
撮影は9月24日から11月上旬を予定。公開は2017年初夏。

「来年までは長いね」と感じてしまう・・・
二人の感情移入した濃厚なラブシーンを想像しただけでドキドキする・・・

監督と脚本は、ドラマ版から続投する西谷弘監督と井上由美子氏。
西谷監督は、映画では『容疑者Xの献身』『真夏の方程式』などのヒット作を手がけている。

いや、最も、エキサイティングだったのは、紗和が寂しさを紛らわすために、
コンビニの袋に北野の似顔絵を描き、ポットにかぶせて、さらにはポロシャツを下に敷いていたことです。
そして、紗和と北野が、妻や夫たちによって引き裂かれていくときに、コンビニ袋の似顔絵をもっていくという。
いったい、これ、どういう気持ちで見ていいの? と心が大きく揺れました。

悲しいシーンなのに爆笑してしまう。
いったいなぜ、ここへ来て、こんなことを?
「昼顔」にめっちゃハマった人たちへ、これ、ドラマですから! 本気にしないで! という警鐘でしょうか。
でも、これがあったからこそ、「昼顔」は、単なる消費ドラマではなく、ちゃんと作品として記憶に強く残ることになったと思います。
視聴率がいいと、遊びを入れることができるんだなあ。
やっぱり、いろんな制約を気にして普通なものを作るよりも、のびのびともの作りをしたほうが面白いものになる気がします(妙に真面目)。
そして、こういうふうに、多少茶化したことで、やっぱり不倫は重罪で、断罪、断罪また断罪ものであるのかもしれないと思わせます。
誰かを傷つけちゃうのですから。
ド修羅の現場で「恥知らずー!」と絶叫!ビンタ連発!で大活躍した姑(高畑淳子)が、「裏切られたことって忘れられないのよ」と夫の不倫を思い出してしんみり言っていました。
このドラマを見ている人たちや、広い世の中には、捨てられた者たちがたくさんいるってことをわかった上での、すばらしい流れです。…

今や話題の人の母親の女優高畑淳子も出ていたのね
映画はどうなるのでしょうか・・・

引用元http://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20140926/E1411666323815.html

_________________________

乃里子が、絶対離婚しないと言いはり、紗和と北野が今後万が一会ったら、紗和に死ぬまで毎月30万円支払ってもらうと要求するとき、「お金がほしいわけじゃありません。ただ、それ以外に決着をつける方法がないので」と言うのも、裏切られた者の悔しさがよく出ています。

紗和は、自分の罪を強く意識して、こんな台詞を言います。

「罪からはじまった恋でした。
私の恋はみんなの笑顔を奪いました。
一番大事なあの人の笑顔も」

愛する人を得たつもりで、一番好きだった人の笑顔を失ってしまった、というのは、かなり鋭い台詞です。

紗和ちゃん、最後に靴ひもも結べるようになっていましたが、本当に本当に成長しました。
人として。
女として。

北野も、最後の最後で行動に出ます。
放送室に鍵をかけて、自分の思いを吐露。
北野が長らく、何もしないで来たことが、最後に生きた瞬間です。
生物の先生らしい長い感動的な台詞が、やさぐれた生徒の心も動かし、紗和を号泣させ、ずっと気になってた男装しているふうな校長先生(りりィ)に「ほんと男はいくつになっても青くさいねえ。やっぱり大人の女がいい」と言わせることで視聴者の疑問を解消します。

ただ、紗和ちゃんは、自宅マンションに放火。それ、また罪ですから!!!
許されない恋を裁ち切ろうとして、また罪を犯してますから!!!
結局、俊介(鈴木浩介)にかばってもらう。

引用元http://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20140926/E1411666323815.html?_p=2

_________________________

最後、紗和がひとり旅だっていくときに、北野の乗ったトラックとすれ違います。
消防車が来たので、トラックが止まって、ばったり再会? と思わせて、
そのままトラックは走っていき、そのあとに消防車が通り過ぎます。
これは、恋の火消しが終わった、という意味なのでしょうか。
でも、紗和の最後の語りは、
「神様、ごめんなさい。またいつかあなたを怒らせるかもしれません」
なのでした。こわ!
こわいので、最後は、美鈴の台詞で終わらせてほしかった。

「奥様、会社でも不倫しているおばさんいますけど、夫がいるくせに畑を荒らさないでください。男の数は限られてますから」

引用元http://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20140926/E1411666323815.html?_p=3

_________________________

主婦が不倫するドラマ「昼顔」に共感できるという感想を持つワケ

平日の昼間だけ男性とデートをする昼顔妻!

経済的に不自由がなくても、心や身体が満たされない・・・

こんなはずじゃなかった?男と女から家族になってしまった悲しさ

アンモラルな題材ながらも、涙さえ流してしまう視聴者たち

ところで、このドラマにハマっているという女性たちは、2人の主人公女性の不倫の恋の行方が気になり、その展開に切なさ、苦しさを感じ、時には涙すら流してしまう人も多いようです。

実際に、すでに同じような状況で不倫している女性や、またそういった経験がある女性は、特に感情移入しやすく胸が締め付けられるのでしょう。

また、不倫はしていないけれど、いけない恋に一喜一憂する主人公たちの気持ちが、同じ女性として理解できるということだと思います。

引用元http://josei-bigaku.jp/hirugao4801/

_________________________

不倫を題材にしているドラマが多いようだが
中でも「昼顔」というドラマは、過激でありなが
らも女性たちの共感を得て、人気が高い。

このドラマを最初に見たときは、平凡な子供の
いない夫婦の心のすれ違いかと思っていたら
なぜか 夫のいない間の昼に他の男性と関係を
持ってしまう・・・

理由?

夫と本音の付き合いが出来ていない、本当の自分をさらけ出せない。
良い妻を演じていることに、内心窮屈さを感じている。
夫との関係にときめきを感じられない。
夫が自分を女性として見てくれていない、または夫のことを男性として見られない。
夫とのセックスに満足していない、またはセックスレスである。

ドラマを見ている主婦たちも、「分かる!」
「うちもそうだ・・・」と共感しているゆえに
主人公の女性たちに親近感を覚えたり、
グっと感情移入したりしているようだ。

3年後の展開が今から気になって仕方がない。

(remon)

 

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

アイディアカテゴリの最新記事