元アイドル弁護士になる

元アイドル弁護士になる

 

’90年代に活躍した元アイドル歌手が司法試験に合格し、この1月に念願だった弁護士事務所を開いたそうです。華麗なる転身の陰には、大変な努力があったことと思います。そういえば、ドラマ『マルモのおきて』で存在感のあった名子役の芦田愛菜(あしだまな)ちゃんも、この春、超名門私立中学に合格して注目を集めていましたね。「1日12時間の猛勉強」、「難関校を突破」と話題になりました。愛菜ちゃんは「子役はおバカじゃないことを証明したかった」そうですが、才色兼備のどんな女優さんになるのか、将来が楽しみです。

 

 

歌手・CMと活躍したアイドルが

 

 

1990年代にアイドル歌手として活躍した平松まゆきさん(40)は司法試験に合格し、1月に故郷大分で弁護士事務所を開きました。

法科大学院時代は何度も自主退学が頭をよぎり、試験前は大声で泣きました。自らを奮い立たせたのは、アイドル歌手に通じる「困っている人を勇気づけたい」という思いだったそうです。

大分県別府市生まれ。アイドルを夢見ていた12歳の時、菓子メーカー「東ハト」のCMモデルコンテストでグランプリを受賞。憧れの芸能界に足を踏み入れました。15歳で単身上京。芸能事務所に入り、高校生で歌手活動も始めた。デビュー曲「たかが恋よされど恋ね」は人気テレビ番組「世界ふしぎ発見!」のエンディング曲に採用されたほか、ラジオ番組にレギュラー出演するなど活動の幅は広がっていきました。

 

 

ふと立ち止まって考えたとき

 

でも、「これでいいのかな」。安定しているとはいえない芸能活動。勉強をおろそかにせず、立教大(東京)を卒業して会社勤めもしましたが、それでも「何か手に職を付けなきゃ」と、30歳に手が届く頃、漠然と不安を抱いたといいます。

助言を求めて、資格試験の予備校に。ちょうど法曹人口の拡大を掲げた司法制度改革の時期で「今から資格を取るなら弁護士。法科大学院に行けば受かる可能性が高い」という職員の言葉を信じ、33歳で名古屋大法科大学院に入学。「名張毒ぶどう酒事件」のドキュメンタリー番組をテレビで見て、再審請求に取り組む弁護団への憧れもあったそうです。

苦しみの日々が始まりました。大学時代の専攻は日本文学だったため法律用語が分からず、授業に付いていけない。入学と同時にアイドル活動と勤務先も辞めました。「奨学金でたくさんの借金を抱えている。退路はない」。1日15時間、机に向かいました。

 

 

弁護士もアイドルも思いは同じ

 

 

そして、2015年9月。3度目の試験で合格を果たしました。司法修習を経て1月に弁護士登録。友人や、つては関東に多かったけれど、古里に恩返しをしたいと大分市に事務所を構えたのです。歌手も弁護士も「人を勇気づけ、助ける」という点は同じ。「今度は弁護士として、より具体的に人助けをしたい」

取り組みたいのは女性、子ども、外国人、性的少数者、労働者などの権利保護。「できることは何でもするし、どこでも駆け付けたい」。スポットライトのまばゆい光に負けぬよう、弁護士バッジを輝かせる平松まゆきさんでした。

引用元 Yahoo!ニュース

 

 

 


芦田愛菜ちゃんも平松あいりさんも、大変な努力家ですね。アイドルや歌手になる人は、絶対になると決めて並々ならぬ努力をしています。その気概は目標を達成するまで決して諦めない強い意思です。「いくつになっても、諦めずに新しい目標を追い続けよう」 と女性に勇気をいただいたニュースでした。

(キュレーター:SILVIA)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
SILVIA

SILVIA

夫と2男子の4人家族。昼は会社でワーキングレディ、夜は学びを求めてネットの住人。好きな作家は池波正太郎。好きな作品は「鬼平犯科帳」。勧善懲悪で今日もスッキリ!

こころカテゴリの最新記事