「焼き課」新人・秋田くん 世界で”お好み焼”を広める!? -第2話ポーランド編-①-2

 オタフクソースのさらなる世界進出のため、18歳の新人・秋田くんに与えられた精鋭「お好み焼課(通称:焼き課)」の最終試験。ミッションを遂行すべく、秋田くんはオタフク「お好みソース」と「ホットプレート」を片手に、世界に飛び出し「お好み焼」を焼く!

 

前回までのあらすじ
 「お好み焼きを世界に広めること」松本執行役員に送り出された秋田くん。広島で出会ったポーランド人旅行者のカーシャの家でお好み焼きを焼いて食べていただくと、「おいしい」と大好評でした。そして・・・

 

10-11-19

秋田君のお好み焼きにイメージが膨らんだカーシャのお父さんヤヌシュさんに、ポーランド風お好み焼きにチャレンジしていただくことに

 

10-11-21

秋田くんとヤヌシュさんご夫妻は、お好み焼きの材料を買うためにマーケットへ

 

10-12-11 

マーケットで材料を調達するヤヌシュさんご夫妻と秋田くん

 10-12-13

ヤヌシュさんが作ってくださるのは「ポーランド風・鶏肉とパプリカとズッキーニのお好み焼き」

10-12-14

どれも、マーケットで手に入れたばかりの新鮮な材料。ハーブが気になりますね~♪

10-12-15

広島のお好み焼き生地はまるでクレープのようです

10-12-45

イタリアンキャベツ、パプリカ、ズッキーニ・・・など日本では思いつかない材料も入りました

 10-12-47

めんは平打ちパスタですよ~!

10-12-48

お好みソースはたっぷりかけます

10-12-49

仕上げにオスツェペク(ポーランド伝統の山羊のチーズ)をのせて

10-12-50

バジルをのせて出来上がり!

10-12-51

ふわ~!美味しそうー!!

10-12-41

ポーランド風お好み焼きの完成です!

 

カーシャのお父さんが作る

ポーランド風・鶏肉とパプリカとズッキーニのお好み焼

10-12-19

材料

  • 生地(小麦粉・卵・牛乳)
  • イタリアンキャベツ(お好みで適量)
  • パプリカ(適量)
  • 青ネギ(適量)
  • ズッキーニ(お好みで適量)
  • コーン
  • セサミクラッカー
  • 鶏ムネ肉(小4切れ)
  • 平打ちパスタ(70g程度)
  • たまご(1個)
  • お好みソース(たっぷりと)
  • オスツェペク(ポーランド伝統の山羊のチーズ)(お好みで適量)
  • バジル

作り方

  • (1)小麦粉・卵・牛乳をボールに入れ、かき混ぜて生地を作ります。
  • (2)野菜はそれぞれ、食べやすい大きさにスライス。
    イタリアンキャベツは粗めのみじん切りに。ズッキーニは食べやすい大きさにスライス。セサミクラッカーは手で軽く砕き、オスツェペクチーズは細く削っておきます。
  • (3)ホットプレートの温度を160度から180度程度にして、生地を薄く丸くのばします。
  • (4)イタリアンキャベツ(お好みで適量)・パプリカ・青ネギ・ズッキーニ・コーン・セサミクラッカーを順にのせ、鶏ムネ肉を4切れ並べます。
  • (5)その上から生地を少量まんべんなくかけます。
  • (6)ひっくり返して、鶏肉をしっかり焼きます。ホットプレートの温度を200度程度に上げます。
  • (7)野菜が蒸れたら端へ寄せて、ホットプレートの温度を160度から180度に下げ、茹でた平打ちパスタを炒めます。
  • (8)お好み焼を炒めた平打ちパスタの上にのせます。
  • (9)たまご(1個)をお好み焼の大きさに広げて、お好み焼をのせます。
  • (10)たまごが焼けたらお好み焼をひっくり返し、お好みソースをかけます。
  • (11)ホットプレートの温度を保温にして、お好み焼の上に削ったオスツェペクチーズを適量のせます。
  • (12)フタをして1分程度蒸らします。
  • (13)フタを開けてバジルをのせて完成です。

 

10-12-17

「どお?」「お~いしいです!」

10-12-42

おばあちゃまにもとっても喜んでいただいて、秋田くんも感激です

10-12-43

「ありがとう!おかげで自信がついたよ!」と、ヤヌシュさん。人知れず悩みでもあったのかな~?秋田くんのお好み焼きパワーで癒されたようですね

10-12-18

お互いに感謝でいっぱい。カーシャの家をあとにする秋田くんでしたが・・・

10-12-44

カーシャに呼び止められました。「ユリアのところに行って、お好み焼きを作ることを忘れないでね!

そうそう、ポーランドの訪問先はもう一軒ありました

秋田くんはユリアの家へと向かうのでした

 

第3話へつづく・・・

 

引用元 https://www.youtube.com/watch?v=rVi2XmoHhLc

 


 

 18歳パリパリの新人、秋田くん。世界を舞台にミッション遂行の旅は続く。ヤヌシュさんの「ありがとう!おかげで自信がついたよ!」のひとことは意味深。何か悩みでもあったのか?秋田くんの人柄とみんなで囲むお好み焼きのパワーで、何かが吹っ切れたようなヤヌシュさん。がんばれ、秋田くん。秋田くんを見ていると、ついつい応援したくなってしまう。

≪キュレーター:SILVIA≫

最新情報をチェック!