今年も行こう!オクトーバフェスト

今年も行こう!オクトーバフェスト

ザ・北海道バイキング「オクトーバーフェスト」

北海道中から厳選素材を集め、バイキングとしてお好きなものをお好きな分だけ、よりどりみどりで選べるようにいたしました。
羊蹄山近郊で取れる野菜、山菜、地物のルスツ高原ポークなど、後志にはぜひ食べていただきたい食材が満載です。

カニ食べ放題!

ズワイ、タラバなどそれぞれのカニの旬に合わせご提供。

料理長が厳選したカニがなんと『食べ放題』!

揚げたて・天ぷらコーナー

旬の野菜は栄養とおいしさがつまっています。
北の大地のめぐみを天ぷらでご賞味ください。

期 間 通年
営業時間 (朝食) 7:00~9:00
(夕食)
(通常) 17:30~21:00
(5/2~5/5、7/25~8/29)
17:00~21:00
(ラストオーダー 20:30)
場 所 ノースウイング 1F
※時期によりクローズの場合がございます
※時期によりテーブルバイキングになる場合がございます

 

引用元 http://rusutsu.co.jp/food/oktoberfest

 


 

『横浜オクトーバーフェスト2016』開催決定!!

2016年9月30日~2016年10月16日

横浜赤レンガ倉庫では、9月30日(金)から10月16日(日)までの計17日間、今年で15回目となる横浜の秋の風物詩『横浜オクトーバーフェスト2016』を横浜赤レンガ倉庫イベント広場で開催します。


今年はバイエルン州・ニュルンベルグにて350年の歴史を持つテューハー醸造所と世界ビアソムリエチャンピオンが手掛けるリーゲレ醸造所のビールが日本初上陸。他にもドイツ政府から公式にオクトーバーフェストのための醸造を許可された「ミュンヘン6大醸造所」から、5つの醸造所が出店し、そのうちの一つであるバイエルン州・ババリアン地方伝統製法のラガービール「アウグスティナー エーデルシュトッフ」も日本初上陸となります。オクトーバーフェストのために作られた限定のフェストビアを含め、この時期、この場だけのラインナップで過去最多となる130種類以上のビールをご用意しました。フードは、現存するドイツ最高位マイスター(ハム職人)である ロー・シャイダー氏監修のソーセージや、伝統の郷土料理であるアイスバインやリンダーブラーテンなど、ドイツらしいメニューが盛りだくさん。ビールが苦手な方にオススメのビアカクテルやシャンパンなど様々なメニューをご提供します。

また、今年初めての取組みとして、日本有数のホップ産地である岩手県遠野市とキリン株式会社によるビールの里づくり「TKプロジェクト」の一環として、岩手県産のホップを装飾に用いる他、遠野産ホップ使用のクラフトビールや遠野パドロン(野菜の一種)を使った フードを販売します。

その他、様々なキャンペーンやを実施予定!

「いつ来ても変わらない、けれども、いつ来ても新しい」をコンセプトに掲げる横浜赤レンガ倉庫では、本場ドイツ・ミュンヘンさながらの「横浜オクトーバーフェスト」を通じて、お客様同士の親睦を深め、楽しい思い出をお持ち帰りいただける場を提供して参ります。

<実施キャンペーン>
◆リストバンドサービス
横浜赤レンガ倉庫1号館・2号館の対象ショップ&レストランで入場リストバンドを見せるとショップ毎におトクなサービスを受けられます。
◆Twitterキャンペーン
横浜赤レンガ倉庫の公式Twitterアカウント[@yokohamaredbric]をフォロー、対象となるキャンペーン告知ツイートをリツイートいただいた方から、毎日抽選で10名の方に期間中の入場料が無料になるDMをお送りいたします。
◆第2四半期お疲れ様キャンペーン
平日(金曜除く)の夜にウッドデッキスペースが予約できるようになりました。会社帰りなどグループでぜひご利用ください。
対象日:10月3日(月)~6日(木)、11日(火)~13日(木) 各日18:00~21:00
予約料金:無料 ※入場料、飲食代は別途
◆ハッピーバースデーキャンペーン
事前予約により、1日1組限定でメインテント内にお席を確保し、ドイツ楽団の生演奏でバースデーをお祝いします。
対象日:10月1日(土)~16日(日)※演奏はステージプログラムの実施時間に準じます
予約料金:無料 ※入場料、飲食代は別途

開催日時
2016年9月30日(金)~10月16日(日)
平日 12:00~21:30(初日のみ17:00~21:30)
土日祝日 11:00~21:30
※飲食の販売終了は21:00
入場料
300円
主催
横浜赤レンガ倉庫(株式会社横浜赤レンガ・公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
後援
ドイツ連邦共和国大使館、 ドイツ観光局
横浜赤レンガ倉庫2号館インフォメーション
TEL:045-227-2002

本家本元、ドイツ・ミュンヘンのオクトーバーフェスト

究極のオクトーバーフェストガイドを、ドイツ出身のジュリーがお届けします。生粋のドイツっ子が自信を持って送る、役立つ情報が満載です!1年に1度のお祭り、せっかく現地まで行くなら最大限に楽しみたいですよね。

オクトーバーフェストとは?

photo by shutterstock

今や有名になったオクトーバーフェストですが、そもそも何なのか?という所からお話ししますね。オクトーバーフェストは9月にミュンヘンの「テレージエンヴィーゼ」(Theresienwiese – テレーゼの緑地)と呼ばれる広大な敷地を会場に開かれる、世界最大の民族祭典です。

2016年は9月17日に開始され、10月3日(ドイツの国民の祝日)と共に終了します(休日ということもあり、大量のビールを消費します!)。このお祭りの会場ですが、14個のテントが会場中に貼られて、それぞれのテントに1,000から4,000人の人々が入場できる巨大なテントです。

そして、各々のテントに異なるテーマが付いているので、お祭りの日は幾つかのテントをハシゴすることをお勧めします。幾つか人気のあるテントを挙げるとすれば、Löwenbräu-Festhalle(レーベンブロー・フェストハレ)、Hofbräu-Festzelt (ホフブロイ・フェストツェルト)、Augustiner-Festhalle(アウガスティーナ・フェストハレ)あたりがオススメです。

ドイツ豆情報:ローカルの人たちは、期間中最低でも3回はオクトーバーフェストへ足を運ぶって知ってましたか?1回は家族と、1回は友達と、そして1度は同僚と訪れるのが現地の習慣です。これなら沢山のテントを見て回れますね。

食事について

オクトーバーフェストはローカルな食事にトライする絶好の機会でもあります。お財布(とお腹)が許す限り、色々なフードに挑戦してみましょう。Brezn (ドイツと言えばプレッツェル)、Wien-Hendl(ヴィーズン・ヘンドル、チキンの丸焼き)が有名です。その他にもWeisswurst(ソーセージ)やSchweinshaxe(豚の軟骨の煮込み)などお肉好きにはたまらないでしょう。お勧めはデザートのApfelstrudel(アップルクランブル)を〆に食べるのがオススメです。

 

引用元 http://getnews.jp/archives/1528427

 


 

いかがかな?今や日本全国で、地域によってはオクトーバフェストなのに10月以外でも開催されているオクトーバーフェスト。歌あり、生演奏の音楽あり、芳醇なドイツビールと旨いドイツ料理あり。今年も行って思う存分楽しもう!

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
SILVIA

SILVIA

夫と2男子の4人家族。昼は会社でワーキングレディ、夜は学びを求めてネットの住人。好きな作家は池波正太郎。好きな作品は「鬼平犯科帳」。勧善懲悪で今日もスッキリ!

お出かけカテゴリの最新記事