【衝撃】呑んべぇ天国の日本で飲み放題禁止!?

【衝撃】呑んべぇ天国の日本で飲み放題禁止!?

女子会でも人気の飲み放題・・・お酒好きにはたまらない程魅力的な響きですよね。なんと定額料金を支払えば一定のアルコール飲料など希望する量だけ飲むことができるサービスです。ところが国民が例年より遅い桜の開花を待ちわびていた4月1日、厚労省に「アルコール健康障害対策推進室」という部署が新設されました。国際的に広がるアルコール規制を日本でも推進するための法案だそうです。

 

 

「アルコール健康障害対策推進室」新設

 

 

 

「タバコの次は飲酒規制だ」──厚労省内部からそんな声が聞こえてきました。飲食店や公共の場所での喫煙を全面禁止する受動喫煙防止法案(健康増進法改正案原案)を3月にまとめ、今国会での成立を目指しているそうです。打撃を受ける飲食店や旅館業は反対を訴えていますが、厚労省は「屋内全面禁煙は東京五輪に向けた国際公約」として押し切る構えのようです。

 

 

その次に狙っているのが酒の販売から飲酒まで制限するアルコール規制なのだとか。日本は世界的に見ても酒の規制が極めて少ない“呑んべぇ天国”ですが「まさか日本に禁酒法の時代が来るわけがない」とタカをくくって花見酒に浮かれていると痛い目を見るようです。

 

 

喫煙禁止の動きが急速に強まったのは、2003年のWHO(国際保健機関)総会で採択された「たばこ規制枠組条約」ですが、アルコール規制の大きなきっかけのようです。WHOは「世界で毎年約330万人が死亡している」として2010年に「アルコールの有害な使用を減らすための世界戦略」を取り上げました。

 

 

各国が取り組む酒害対策の例

 

 

 

「酒の安売り禁止」「飲食店での飲み放題禁止」「酒類の広告規制」などをあげ、酒の値段の引き上げ(酒税の税率アップ)、公共の場所での販売規制などが推奨されているそうです。すでに世界では欧米はじめ、シンガポール、インド、タイなどアジア諸国にも規制の動きが急速に広がっているといいます。

 

 

これに伴い日本も2013年に「アルコール健康障害対策基本法」を制定し、アルコール健康障害対策基本計画をまとめました。これは依存症対策などが中心ようですが、政府は昨年5月に改正酒税法を成立させ、ディスカウント店などの酒の「過剰な安売り」の規制に乗り出したそうです。

 

 

国税庁、酒の安売り規制案

 

 

酒類の過度な安売りを防ぐ目的で、量販店などに罰則を科す取引基準案を公表しました。仕入れ原価と販管費の合計額を下回る販売のほか、周辺の販売事業者の売り上げ減ったことにつながった場合に罰するそうです。小規模な酒店を守る狙いもありますが、企業の自由な価格競争を阻害する懸念が広がっています。

 

 

2017年6月の施行にあわせて仕入れ(製造)原価は銘柄や品目ごとに算定するなど、基準を適用するそうです。販管費は酒類事業にかかわる人件費などを計算して決めるそうです。もし繰り返して基準を守らなければ酒類の製造・販売免許を取り消したり罰金を科したりするようです。税務署や国税局が案件ごとに調査しながら、総合的に判断するようになることから、周辺の事業者への影響はとて計り知れませんね。

 

 

広告を規制し、高い税率を課して価格を大幅にあげ、段階的に販売を規制していこうというのはまさにタバコ規制と同じやり方だといわれています。

引用元Yahooニュース

 

 

 


 

 

最近女子会でも必ずよのうにアルコールの飲み放題プランを付けてもらうことが多いです。それだけ女子もアルコールに違和感を感じない世の中になったように思います。また女性は男性以上にアルコール依存症にかかりやすいのだそうです。女性ホルモンは体内にアルコールを溜め込んでしまうのだとか・・・政府は依存症対策などを中心に、昨年5月に改正酒税法を成立させ、ディスカウント店などの酒の「過剰な安売り」の規制に乗り出したそうですが、アルコール大好き女子には気になっていまう問題ですよねぇ~

(キュレーター:remon)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

ニュースカテゴリの最新記事