日本のパンは添加物だらけ!厚労省も認識しているのに・・・

 

朝は手軽に食べられる「市販のパン」で済ませる方も多いかと思いますが、よく言われる「パン食は身体に悪い」という説、はたして本当なのでしょうか?。その理由として「添加物の多さ」を挙げ、「危険性については厚労省も認識している」という衝撃的な事実を明かしています。

 

「パン食」が日本人を壊している!

 

 

特に大手製パン企業のパンは凄い。彼らは、大量に作るために、さまざまな物質を添加しますが、発ガン性物質の臭素酸カリウム」などは、もう言うまでもないでしょう。試しに、この名前をちょっと皆さん、検索してみてくださいな。

 

たとえば、「FAO/WHO合同食品添加物専門家会議」(JECFA)では「遺伝毒性発ガン性物質に指定しています。また、国際ガン研究機関(IARC)でも「ヒトに対して発ガン性があるかもしれない」という「グループ2B」に分類しているわけです。

 

それなのに、まだこの「臭素酸カリウム」を平気な顔をして使う……。また 油脂なども問題です。それだけで体は悲鳴を上げているんです。

 

引用元 厚労省も知らぬふり 日本のパンは世界中で使用禁止の添加物だらけ

 
 

 
 
危険なものをまとめてみました。
 
 
 
a1370_000329
 
 
1.飲料
 
  .香料で作られているファミレスのコーヒー
  .実は太るカロリーオフの飲み物
  .レッドブルなどのエナジードリンク
  .日本の水は大丈夫か!?〜都会の水はもう飲めない〜
 
2.調味料
 
  .禁止の添加物が使われているマーガリン
  .りんごから作られるイチゴジャム
  .醤油風の調味料
  .みりん風の調味料
 
3.魚
 
  .回転寿司店のネギトロ
  .フカヒレ
  .人工的に作られているいくら
 
4.嗜好品
 
  .食べ続けたら鬱になるハンバーガー
  .吐き気がする菓子パン
  .ホットドッグ
 
5.肉類    
 
      .ボロニアソーセージ
      .スモークハム
      .ハム
 

6.野菜

  .レンコン
  .カット野菜
  .有機でないじゃがいも
 
7.その他
 
  .おにぎり
  .塩酸で作られてる缶詰みかん
  .コンビニのおでん
  .ノンオイルドレッシング
 
 
 
 

 
 
 
なぜ添加物がこんなに多いの?
 
 
 
 

日本・・・・・351品目
アメリカ・・・133品目
ドイツ・・・・・64品目
フランス・・・・32品目
イギリス・・・・21品目

 

いったい私達は、どれくらいの食品添加物という毒を食べているんでしょうか? なんと、普通に家庭で調理している方で、1年に4kg 1日の量にすると約10g 小さじ2杯くらいの食品添加物を知らないうちに食べているんですよね。

 
 
添加物があるおかげで食料保存がききますがこんなにも悪いものがあると知ったらとても食べられませんよね。
 
 
 
 
 

 
 
 パンは高カロリーで添加物も沢山入っていると聞いていましたが 改めて見るとこんなに凄い事になっているとは知りませんでした^^;コーヒーもレンコンもそうですね。なんか・・・ だんだん食べる物がなくなって来ましたね。食べる事が好きな私にはショックな事実でした。
 
( キュレーター : Rose )
 
 
最新情報をチェック!