五感に刺激を。

五感に刺激を。

美の知恵たっぷり「花薬膳」の魅力とは?

「花薬膳」とは中国に昔から伝わる“花の効用”を身体に取り入れる、美しい知恵を活かしたレシピの事。自然の花の香りは、心と身体をリラックスさせる効果があることから、古くから体調管理や身近な養生に役立てられていたそうです。

 

今回紹介するのは、スイーツや料理に幅広く活用できる花の甘味料「ハニー桂花(ケイカ)」です。桂花とは「金木犀(キンモクセイ)」の花の薬膳での呼び名の事。身体を温める作用があるので、寒さを感じる今の季節に進んで取り入れたい花食材のひとつです。

%e8%8a%b1%e8%96%ac%e8%86%b3

花薬膳に使うのは、乾燥させた状態のもので、中国茶の専門店などで手に入れることができます。この「桂花」を用いた花の甘味料が、「ハニー桂花」。作り方は、保存容器に蜂蜜(100cc)を入れ、そこに乾燥させた桂花(大さじ1)を入れて1時間置くだけ。これで1週間ほど保存しておくことができます。

%e8%8f%af%e8%96%ac%e8%86%b3%ef%bc%92

おすすめは、ヨーグルトや白玉、杏仁豆腐などのスイーツに“ちょい足し”すること。甘さがプラスされるだけでなく、桂花がアクセントになり、見た目にも楽しいデザートに早変わりします。

%e8%8f%af%e8%96%ac%e8%86%b3%ef%bc%93

他にも、紅茶に入れたり、ジャムとしてパンに塗るのもおすすめ。蜂蜜の甘さに桂花のほろ苦さと上品な香りがプラスされ、大人の味わいを楽しむこともできます。

 

蜂蜜には、殺菌作用やのどを潤す作用があるので、桂花がもつ身体を温める作用と合わせれば、風邪をひきやすいこの時期にぴったりです。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161021-00010003-tokyofm-life

_______________

贈り物に最適なインテリア「ボトルブーケ」とは?

ヴィンテージな雰囲気の瓶の中に置かれた、多肉植物やエアプランツを本物そっくりに人工の素材でつくりあげたアーティフィシャルプランツ。そして、本物の苔や枝をドライ加工して仕上げた自然の素材。それらをガラスの中で絶妙なバランスで組み合わせたのが「ボトルブーケ」です。

%e3%83%9c%e3%83%88%e3%83%ab%e3%83%96%e3%83%bc%e3%82%b1

葉っぱや茎に生えている細かい毛まで表現されたクオリティの高い人工の素材。そこにワンポイントで加えられたドライフラワー、木の枝、木の実など自然の素材。これらをガラスに閉じ込めて見ることで、よりリアルに切り取った植物の世界が感じられます。

 

ボトルブーケの最大の魅力は“どこにでも置ける”こと。生の草花と違って、湿気の影響を受けないので置く場所を選ばず、水やりも不要です。日当りの良い窓際に飾るのはもちろんのこと、窓のない洗面所や寝室に置いてもOK。お家の中のグリーンインテリアの幅を広げることができるんです。

%e3%83%9c%e3%83%88%e3%83%ab%e3%83%96%e3%83%bc%e3%82%b1%ef%bc%93

色々なスタイルで手軽に楽しめるグリーンだから、贈り物としても大活躍。相手を選ぶ鉢植えや、楽しむ時間が短い花束に比べると、いろいろプレゼントに活用できます。

 

引用元:http://tfm-plus.gsj.mobi/news/RPtuQtX4eS.html?showContents=detail

______________

植物が現代人の“五感”を蘇らせる

%e6%9d%91%e6%9d%be%e4%ba%ae%e5%a4%aa%e9%83%8e

クリエイターカンパニー「NAKED」代表の村松亮太郎さんは、新江ノ島水族館のナイトアクアリウムをはじめ、東京タワーや名古屋テレビ塔の展望台演出、市川染五郎主演の歌舞伎ラスベガス公演の空間創造を手掛けるなど、世界でも注目を集めています。

 

「感覚や感性は、“速い”ものです。人は、何かを感じて、脳に伝え、言葉に変換し、理解します。その、脳内での変換作業の前段階が、感覚や感性。インターネットで大量の情報が毎日流れ込み、その善し悪しを判断せずただただ情報を取り込むという作業をしている現代人は、そんな感覚や感性が日々衰えていっているのではないかと感じます。

 

身体全体で感じる“気持ちいい”や“いい匂い”、そういったものを退化させないでほしいんです。イベントに訪れたお客さまは入場時と退場時の顔つきが違いますね、と言われたことがありますが、それはその方の感覚や感性が植物によって刺激されて、本来の姿が蘇った証拠なんじゃないでしょうか」

 

街角で見かけた花の美しさに思わず立ち止まったり、ハーブティーやスキンケア用品のふとした香りに癒されたり。都会で暮らす日々の生活の中でも、素直な「感覚」を大切にしていくことで、「五感」が刺激され、より豊かで美しい生活が手に入れられるのではないでしょうか。

引用元:http://tfm-plus.gsj.mobi/news/0RkQtC4D5j.html?showContents=detail

_______________

花や植物はいつも私たちを癒してくれる不思議な力を持っています。色や香りで楽しませて、なおかつ体の調子まで整えてくれる。私たちも元は自然の中から生まれたからなのでしょうか。生活の中にも植物を取り入れて五感を豊かにしていきたいですね。(キュレーター:rikako)

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
RIKAKO

RIKAKO

父母と弟2人の5人家族の長女として育つ。素はおっとりのんびりのマイペースだが、父親譲りの短気さと、母親譲りのサバサバした性格と、長女ゆえの真面目さ正義感の強さが混ざった複雑な性格。だってAB型だしね(^_^;)周りからは「天然」と言われていたが、保険会社に勤めてから天然が治った?と言われるようになる。しっかり者で、できる女とみられがちだが果たしてどうだか。

こころカテゴリの最新記事