【凄いね!】<100歳以上高齢者>最多6万5692人 46年連続増加

厚生労働省は13日、全国の100歳以上の高齢者が昨年より4124人増えて、過去最多の6万5692人になったと発表した。
女性が87.6%(5万7525人)を占めた。
46年連続の増加となる。医療の進歩などが要因で、今後も増加が続くとみられる。

敬老の日を前に、15日時点で100歳以上となる人数を、都道府県などを通じて1日現在で集計した。
最高齢は男性が東京都大田区の吉田正光さんで、1904(明治37)年5月生まれの112歳。
女性は鹿児島県喜界町の田島ナビさんで、1900(明治33)年8月生まれの116歳。

人口10万人当たりの100歳以上の人数は全国で51.68人。
都道府県別では島根が96.25人で4年連続最多。
高知(87.93人)、鳥取(84.84人)と続いた。
少なかったのは▽埼玉30.97人▽愛知35.05人▽千葉38.27人--の順。
2015年の日本人の平均寿命は女性87.05歳、男性80.79歳だった。

今年度100歳を迎える人は3万1747人。
厚労省は100歳の記念に、純銀製の銀杯(約7600円)を贈ってきたが、経費節減で、今年度から合金に銀メッキを施したもの(約3800円)に変える。
対象者が増え続けているため、税金の使い方をチェックする政府の行政事業レビューで昨年、抜本的改善を求められていた。

贈呈を始めた1963年度は100歳以上の人をすべて合計しても153人だった。【野田武】

引用元http://news.yahoo.co.jp/pickup/6214287

__________________

100歳銀杯をメッキに、厚労省 長寿祝い品で経費節減

厚生労働省は26日、100歳を迎える高齢者に首相が贈る純銀製の「銀杯」(純度約99%、8千円相当)を、経費節減のため、来年度から銅やニッケルを混ぜた洋銀製の本体に銀メッキを施したものに変える方針を固めた。

一つ当たり約3800円と経費が半額程度に抑えられ、事業費の総額は昨年度の約2億6千万円から約1億5千万円に削減できる。
形や大きさは変更しない。来年度は約3万5千人が贈呈の対象になると見込んでいる。

厚労省は贈呈品の廃止も検討したが、担当者は「継続を希望する国民の声もあり、材質を変えることにした。
見た目は変わらない」と説明している。
(共同通信)形や大きさは変更しない。
来年度は約3万5千人が贈呈の対象になると見込んでいる。

引用元http://ryukyushimpo.jp/news/prentry-247902.html

______________________

100歳以上高齢者

過去最多更新 健康維持の支援策を

全国の100歳以上の高齢者が昨年より4124人増えて、過去最多の6万5692人になったことが13日、厚生労働省から発表された。
長生きする人が増えたのは、医療技術の進歩や生活の向上、健康意識の高まりなどが要因だ。
全国の100歳以上の高齢者は今後も増加を続け、国立社会保障・人口問題研究所は、2060年には現在の10倍の約64万人になると推計している。

長寿は喜ばしいことだが、身体の衰えも避けては通れない。
65歳以上の高齢者のうち、25年には5人に1人が認知症になると見込まれている。
政府の16年版高齢社会白書では、日常生活に制限なく暮らせる「健康寿命」は平均寿命に比べて延びが小さいことも指摘された。
健康な期間を延ばすことは、個人の生活の質を保つとともに、社会的負担を軽減する点からも重要だ。

厚生労働省は、認知症対策はもちろん、介護が必要となる少し手前の虚弱な高齢者が健康を維持できるような支援策にも取り組み始めている。
一方、さいたま市では高齢者に意欲と能力を生かしてもらおうと「100歳まで働けるものづくり職場」を目指した地域の取り組みも生まれている。
「人生100年」の時代を前に、社会制度の充実とともに、高齢になっても地域の一員として暮らせるよう支え合いの仕組み作りも課題だ。【堀井恵里子】

 90歳を超えても現役で働き、文化的な活動をして社会に貢献している人は大勢いる。
高齢になっても心身が健康な「健康年齢」を延ばそうというのは、生きて行く為の基本でありとても大切な課題だと思う。

引用元http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0913/mai_160913_6021519328.html

__________________

高齢者数 2042年にはピークの3878万人を迎える予測

%e9%ab%98%e9%bd%a2%ef%bc%91

%e9%ab%98%e9%bd%a2%ef%bc%92

1950年以前は既知年
次のデータを基に補間推計したものによる。
それぞれの人口割合を超えた最初の年次を示す。
は2050年までその割合に到達しないことを示す。
倍化年数は,7%から14%へ,あるいは10%から20%へそれぞれ要した期間。
国の配列は,倍化年数7%→14%の短い順。

%e9%ab%98%e9%bd%a2%ef%bc%93

%e9%ab%98%e9%bd%a2%ef%bc%94

%e9%ab%98%e9%bd%a2%ef%bc%95

高齢人口(65歳以上の人口)は、2010年(平成22年)の2,948万人から、団塊の世代及び第二次ベビーブーム世代が高齢人口に入った後の2042年(平成54年)に3,878万人とピークを迎え、その後は一貫して減少に転じ、2060年(平成72年)には3,464万人となる。
そのため、高齢化率(高齢人口の総人口に対する割合)は2010年(平成22年)の23.0%から、2013年(平成25年)には25.1%で4人に1人を上回り、50年後の2060年(平成72年)には39.9%、すなわち2.5人に1人が65歳以上となることが見込まれている。

此れからもっと高齢化した世の中になるのですね(^-^)

引用元https://goo.gl/3VUnmw

__________________

平均寿命が長くなり、少子化が進むにつれ、
社会の中で高齢者の占める割合が増えている。

また高齢者の割合が多い傾向は、
先進国を中心に進んでいる。

先進国の中でも群を抜いて
「高齢化率」が高いのがここ日本。

今後のあり方や打ち手などについて
世界中からの注目を集めていようだ。

(remon)

 

 

 

 

 

NO IMAGE
最新情報をチェック!