宇多田ヒカル、人間活動にて充電完了!

宇多田ヒカル、人間活動にて充電完了!

Mステに8年ぶり出演!本格始動開始の宇多田ヒカル、少女から母への軌道を振り返る

シンガーソングライターの宇多田ヒカルが今月28日に6thアルバム「Fantome」をリリースする予定で、前作「HEART STATION」から8年半ぶりの作品となります。

2010年に「人間活動」に専念するため、アーティストとしての活動を無期限に休止すると発表してからおよそ6年、その間に結婚、出産を経て母親になった宇多田が音楽シーンに満を持してカムバックしようとするこのタイミングで彼女の代表曲を、各時代にそって今一度振り返ってみよう。

ミリオンセールスを記録したデビュー曲“Automatic”(1998)

1998年12月、シングル「Automatic/time will tell」でデビューした宇多田。1作目からシングルはミリオンセールスを記録し、翌99年に発売した1stアルバム「First Love」はオリコン集計によると累積売上765万枚を記録し、日本国内のアルバムセールス歴代1位の記録を誇っている。

当時15歳とは思えぬ歌声や楽曲の完成度、大人びた作詞センスも話題となり、宇多田は瞬く間に世間の人々の心を捉えていった。

この当時の心境を宇多田は自身への質問をTwitterで募集した企画「#ヒカルパイセンに聞け」への回答として「一生懸命作った作品が受け入れられてることを嬉しく思いつつも、急に注目されてそれまで当たり前だった自由がなくなって、戸惑いと『ああもう後戻りできない』感が大きかったぜ」と公式サイトで語っている。

ドラマ主題歌としても話題になった“Can You Keep A Secret?”(2001)

SMAP木村拓哉主演のフジテレビ系「HERO」の主題歌としても話題になった7thシングル「Can You Keep A Secret?」は、2ndアルバム「Distance」からの先行シングルとして発売された。月9ドラマの主題歌でミリオンセールスを記録した楽曲はこの曲を最後にいまだ出ていない。ちなみに宇多田は「HERO」の第8位でカメオ出演も果たしている(ウェイトレス役)。

また、同アルバムも2001年オリコン・アルバムチャートで年間1位を記録し、宇多田の人気は揺るぎないものとなった。

カラフルな世界観のPVが印象的な“traveling”(2001)

紀里谷和明が制作を担当したPVは、独特のアニメーションやCGが話題となった。第16回日本ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー」「ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー」をダブル受賞するなど、楽曲だけでなくそのカラフルでポップな世界観を表現したPVは映像作品としても評価されている。

文学作品から歌詞のインスピレーションを受けることがあるとインタビューなどで公表している宇多田だが、この曲でもアップテンポで未来的なサウンドの中に「平家物語」の言葉を歌詞として引用している。

明るいメッセージが込められた“Keep Tryin’”(2006)

それまで編曲は外部の人間が行うこともあった宇多田の楽曲だが、3rdアルバム「DEEP RIVER」以降、編曲を含めほぼすべての楽曲を単独で制作するようになった。

ほとんどの楽曲をセルフプロデュースした5thアルバム「ULTRA BLUE」で、実質的な先行シングルとして発表された「Keep Tryin’」は、宇多田の得意とする打ち込みのサウンドにポジティブな歌詞がマッチしている。同楽曲は2006年のiTunes Store累計年間ダウンロードランキングで1位を獲得した。

活動休止前に発表された“Goodbye Happiness”(2010)

2010年、宇多田は自身のサイトを通じてアーティスト活動を無期限に休止し、「人間活動」に専念すると発表した。「一回り大きくなって帰ってくるので待ってて欲しい」とファンにメッセージを送った宇多田は、活動休止を前にベストアルバム「Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2」を発売し、配信限定のリードシングル「Goodbye Happiness」では初めてPVの監督も務めた。

1カメラ1発撮りで作られたと言う同楽曲のPV中では自身の代表曲でもある「Automatic」や「traveling」のPVのセルフパロディを行うなど、デビュー当時からの総集編とも言えるような世界がコミカルに描かれている。

単発的にアニメ映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」に楽曲「桜流し」を提供するなどの動きはあったが、この曲を収録したアルバムを最後に宇多田はアーティストとしての活動を完全に休止し、近況をTwitterや自身のサイトを通じてのみ報告するようになった。

「人間活動」を経て発表した最新シングル“花束を君に”(2016)

2016年に入り、NHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌を担当することを明かし、同ドラマ放送初回日の4月4日をもって音楽活動を再開すると所属レコード会社を通じて発表した。

それまでの打ち込みでのサウンド作りから一転し、生楽器をメインに使ったサウンドが目立つ同楽曲。その理由を宇多田は自身のサイトで「機械音を綿密にプログラミングして足し算、引き算、掛け算していく作業はすごく面白いんだ。でもテンポも音程もブレない、計算外のことが起きない世界に物足りさを感じる(中略)生楽器を使うと自然な振り幅や余裕が生まれるし、なにより『空気の音』が加わるのが最高」と語っている。

プライベートでは結婚、出産を経験し、母となって音楽シーンに戻ってきた宇多田だが、人間活動を経て、どのような歌声を聴かせてくれるのだろうか。宇多田の今後の活躍に注目していきたい。

そんな宇多田はアルバムリリースを前にした19日にテレビ朝日系「30周年記念特別番組 MUSIC STATION ウルトラFES 2016」の第2弾出演アーティストにその名前がクレジットされている。宇多田にとってはこの番組が活動再開後初のテレビ出演となる。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160919-00010001-etalent-musi&p=3

_________________

宇多田ヒカル、活動再開後初のTV出演へ 表現者としての成熟をどう見せるか?

 9月28日にリリースされる、宇多田ヒカルの約8年半ぶりとなるニューアルバム『Fantome』が2016年最大と言っても過言ではない注目を集めている。9月16日にはアルバムに椎名林檎(「二時間だけのバカンス」)、小袋成彬(「ともだち with 小袋成彬」)、KOHH(「忘却 featuring KOHH」)が参加していることを発表。

GYAO!で「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎」のミュージックビデオが公開され、“宇多田、椎名がMV初共演”というニュースが一気に拡散した。また本日9月19日には『MUSIC STATION ウルトラFES 2016』(テレビ朝日系)に出演。活動再開後のテレビ初出演、Mステへの出演は8年ぶりとなり、こちらも要注目だ。

1998年12月にシングル『Automatic/time will tell』でデビューした宇多田ヒカル。海外のR&Bとリアルタイムでリンクしたサウンドメイク、ブラックミュージック的なメロディと日本語の歌詞をきわめてナチュラルに融合させたリリックは当時のシーンに衝撃を与え、彼女の名前は瞬く間に日本中に知れ渡った。さらに翌年3月にリリースされた1stアルバム『First Love』が800万枚を超えるヒットを記録。日本の音楽シーンにR&Bの一大ムーブメントを巻き起こしたことはもちろん、彼女の存在自体が社会現象となった。

その後リリースされたアルバム(2ndアルバム『Distance』/2001年、3rdアルバム『DEEP RIVER』/2002年、4thアルバム『ULTRA BLUE』/2006年、5thアルバム『HEART STATION」/2008年)もすべてチャート1位を記録。順調にキャリアを重ねてきた彼女は2010年8月に自身のブログで音楽活動を休止することを発表。「しばらくの間は派手な『アーティスト活動』を止めて、『人間活動』に専念しようと思います」というコメントともに表舞台から姿を消した。彼女のコメントからは「アーティスト活動のために得ることができなかった、人間らしい生活を取り戻したい」という意思が強く伝わってきたが、周知の通り、活動休止中の彼女には様々な出来事が起きる。

母である藤圭子の死(2013年8月)、そして、イタリア人男性との結婚(2014年)と第一子の出産の発表(2015年)。“肉親との離別”“母親になる”という人生における重大な出来事を数年のうちに経験したことは、彼女の人生観、価値観に大きな影響を与えたはず。それはもちろん、宇多田ヒカルの音楽にも計り知れないほどの変化を生み出すことになった。

2012年にDVDシングル『桜流し』(『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』テーマソング)を発表した宇多田は、2016年4月に配信シングル『花束を君に』(NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』主題歌)「真夏の通り雨」(日本テレビ系『NEWS ZERO』テーマ曲)のリリースから本格的に音楽活動を再開。この2曲は、彼女の音楽な深化を明確に告げていた。

サム・スミスの楽曲を手がけたスティーブン・フィッツモーリスのエンジニアリングによるトラックの質の高さにも驚かされたが、もっとも印象的だったのは、日本語の美しさを存分に感じさせるリリック、そして、日本的な情緒を感じさせる和声とメロディだった。以前から中上健次、遠藤周作などの日本人作家に造詣が深いことでも知られ、和風のメロディもふんだんに取り入れてきた彼女だが、イギリスに生活の拠点に置き、物理的に日本から距離を置くことによって“日本の言葉と旋律の豊かさ”がより深く内面化し、楽曲に現れたのだろう。

音楽的な変化と重なるように、その歌声も明らかに変わっていた。生まれついてのブルーズを感じさせ、声を発するだけで切なさ、哀しさが伝わるところはまったく同じなのだが、以前のシャープな手触りは抑えられ、優しさ、包容力といった要素が前面に押し出されているのだ。個の変化において、33歳という年齢、そして、活動休止中の経験が作用していることは明らかだ。

きわめて質の高い世界基準のトラックメイク、日本語の美しさを活かしたリリック、和のテイストを感じさせるコードワークとメロディライン。「桜流し」「花束を君に」「真夏の通り雨」に示されていた音楽的な兆候は、ニューアルバム『Fantome』にもそのまま受け継がれている。

そして、アルバム全体を通奏低音のように流れているのは、“気配”を意味するタイトルが示す通り、“目には見えないけれど、確かに感じられる大切なもの”である。人と人の間に流れる感情の波、ここにはいない誰かを思う気持ち、人間の根源的な孤独、過去の様々な経験を受け入ることで生まれる「見えない傷が私の魂彩る」(「道」)という心境。前述した通り、このアルバムの背景には、ここ数年に起こった彼女自身の出来事が色濃く反映されている。しかし『Fantome』から伝わってくる豊かで切実な“気配”は、たとえ彼女のバックグラウンドを知らなかったとしても、確実に聴く者の心を惹きつけるはずだ。

「人間活動」のなかで得た成熟、音楽表現の深化によって生まれた『Fantome』。常にライブが想定され“みんなで一緒に楽しむ”という刹那的なポップソングが大部分を占める現在のシーンにおいて、1対1の関係性のなかで、じっくりと集中して耳を傾けざるを得ない『Fantome』の楽曲がどのような形で受け入れられるのかは、正直言ってまったくわからない。しかし、このアルバムが音楽的、精神的に優れていることは間違いなく、本作によって宇多田ヒカルは、その才能が破格であることを改めて示すことになるはずだ。アルバムのリリースに伴い、いくつかのテレビ番組にも出演。まずは2016年の彼女の歌声をじっくりと感じ取ってほしいと思う。

引用元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160919-00010008-realsound-musi

_________________

宇多田、きょう活動再開後初歌唱『ヱヴァQ』テーマ歌う 新作MV1日限定フル公開

 歌手・宇多田ヒカルが、きょう19日正午から放送のテレビ朝日系音楽特番『MUSIC STATION ウルトラFES 2016』で活動再開後初のテレビ出演を果たし、“人間活動中”に楽曲提供したアニメ映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(2012年11月公開)のテーマソング「桜流し」を初披露する。テレビ出演は5年8ヶ月ぶり、『Mステ』登場は8年ぶりとなる。これにあわせ、「スタジオカラー」が新たに制作した同曲のミュージックビデオ(MV)のフルバージョンが、きょう1日限定で公開される。(オリコン)

引用元:http://news.yahoo.co.jp/pickup/6214900

_________________

約6年ぶりのテレビ出演になるんですね。

「人間活動へ」と面白い表現だな~と

当時は思っていました。

母の死、結婚、出産と人生を凝縮した

活動休止期間に彼女の大きな心の変化が

あったのだと新しい曲の中で感じました。

心の枠も広げ、新しい深い愛の世界を

見せてくれることを楽しみにしています。

(キュレーター:rikako)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
RIKAKO

RIKAKO

父母と弟2人の5人家族の長女として育つ。素はおっとりのんびりのマイペースだが、父親譲りの短気さと、母親譲りのサバサバした性格と、長女ゆえの真面目さ正義感の強さが混ざった複雑な性格。だってAB型だしね(^_^;)周りからは「天然」と言われていたが、保険会社に勤めてから天然が治った?と言われるようになる。しっかり者で、できる女とみられがちだが果たしてどうだか。

芸能カテゴリの最新記事