えっ!洗った米に雑菌が急激に繁殖

えっ!洗った米に雑菌が急激に繁殖

日本人の主食である「米」。時にはなぜかおいしく感じられない、いつもと違う味に感じるということはないでしょうか?主食となるご飯が楽しめない人生は文字どおり「味気ない人生」に思えますよね。今回は、とてもショッキングなできごとが・・・

 

 

パサパサご飯の原因?

 

 

ある記事の朝のできごとの中から・・・「あれ、ご飯がなんか変。パサパサしとる」。登校前のいつもの慌ただしい朝、高校3年の長男が、茶碗を手にけげんそうにつぶやいた。口に含んでみると、確かにその通りだった。妻と顔を見合わせ「いつもと違うね。何か変えた?」。「いいや、何も変えてないよ」

 

 

長男が出掛けて15分後、同じように炊飯器からご飯をよそって食べてみた。今度はいつも通りの食感と味。あっ、とひらめいた!「もしかして蒸らす時間が短かったとか」「そうかも」。蒸らしがちょっと足りなかっただけで、こんなに違うとは。「おいしいご飯」は何と微妙なのか・・・美味しく炊く方法を調べてみました。

 

 

お米を美味しく炊く方法と保存方法

 

 

「適量を買って冷蔵庫に保管」

 

おいしさの評価は「粘りと硬さの影響が7割を占める」「現代は軟らかくて粘りのあるご飯が好まれる」ているそうです。でんぷんの一種アミロース含有量と雑味につながるタンパク質が少ない方が好ましと、東京農大の辻井良政准教授の見解です。近年の研究では鮮度も味を決める要素だということが注目されているように、古米より新米がおいしいのは常識とも言えますが、なぜか知ってますか・・・

 

辻井准教授は「少量ずつこまめに買って冷蔵庫に保管しておくといいでしょう」と勧めています。それは、「炊飯中にでんぷんを変化させて粘りを生む酵素」「米の細胞壁を壊して軟らかくする酵素」など、時間の経過と米のさまざまな酵素が減少するのが原因だそうです。

 

お米の袋には、空気抜けの穴が開いてますが、常に空気が入り酸化しつづけます。すぐ消費しないのであれば、ちゃんと保存しましょう。お米の保存には、風通しがよく、涼しくて、暗い場所が適当です。他の部屋より温度が高く、湿度も高くなります。キッチン全体がお米を保存するには適さない状態になっています。冷蔵庫か納戸などにしまっておくとよいでしょう。

 

お勧めの保存法は、小分けして、パッキングする方法です。空気が進入しない容器を使いましょう。お米は、 容器の口一杯まで入れ余分な空気を少なくするることが、ポイントです。新しい空気が入らなければ、それ以上の湿気・酸化を防げます。 小分けした容器を冷暗所に置き、消費するときまで口を開けないことが基本です。

 

 

「水に浸しっ放しは雑菌が急激に繁殖」

 

米が本来持つ「おいしさ」は、炊飯次第だそう・・・料理研究家の土井善晴さんの「一汁一菜でよいという提案」の著書の中で説明している米の扱いと炊き方を参考に紹介します。

 

「乾物である米は洗った後、ざるに上げて水分を十分浸透させる。水に浸しっ放しにすると雑菌が急激に繁殖するので、水気を切ることが大切」だそうです。土井さん流は、前夜に米を洗ったときなどは、乾燥させないようにポリ袋に入れて冷蔵庫に取り置く。水気を吸うと白くふっくらと膨らむ。これを「洗い米」といい通常は40分ほど置くといいそうです。

 

 

水は米と同量を基本に、好みで増減して炊く。炊き上がって蒸らしたご飯は、しゃもじを使って余分な水分を飛ばす。おひつに移すのが理想だそうですよ。「少し冷め加減の方がご飯の味がよく分かっておいしい」のだとか。米をとぐのは、表面に残ったぬかを取るため。最近は精米技術が進み、「とぐ」というよりは3~4回の「洗い」でよいそうです。

 

炊く前に水を浸透させる理由は、米のでんぷんを炊飯によって十分にのり状にするため。これが足りないと芯が残った状態になる。蒸らしは、ご飯から蒸発する水分を再びご飯に吸収させる。今回の長男のご飯が「パサパサ」したわけは、此れが原因だったようです。

引用元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170214-00010003-nishinpc-life

 

 

美味しく炊く裏技

 

 

古くなった米が残っていても、お米がより美味しく炊けると言われている裏技を、ご存知でしょうか・・・私が試した方法もあります。ちょっとご紹介しますね。

 

 

●もち米をひとつかみ加える。(米の量の1割程度)
●酒を少量加える。(米1合に対し大さじ1程度)
●みりんを少量加える。(米1合に対し大さじ1/2程度)
●竹炭を入れて炊く。
●サラダオイルを数滴加える。
●塩を少量加える。
●はちみつ少量を加える。
●少なめの水にして氷を入れる。

 

 

 


 

 

同じお米なのに自宅と実家ではお米の炊きあがりにかなりかなり味の違いがあると思います。最初は、お水の問題かなと思っていましたが、一概にそうとは限らないようです。まず、保存の方法が全く違っていました。私は、キッチンに収納していたので、常に熱い状態の中で保存されてましたが、実家では、キッチンとは別のところに置いてありました。お米が湿気を嫌うこという常識の賜物ですね。今度、我が家ではインスタントコーヒーの空き瓶にお米を詰めて保存してみようと思います。

(キュレーター:remon)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

アイディアカテゴリの最新記事