「この日を忘れない」

「この日を忘れない」

10月15日は「天高く馬肥ゆる・・・」の言葉通りの空気が澄んだ美しい青空の日だった。この日が忘れられない日となってしまったアスリートたちもいた。

 


 

中大1年主将・舟津「この日を忘れない」箱根逃し涙

10-16-02

 名門・中大が、10時間17分1秒の11位に終わり、上位10校が進む来年1月2、3日の本選出場を逃した。10位日大に44秒及ばずに、連続出場回数が「87」で止まった。

 4月に就任した藤原正和監督(35)は「私の若さのせいで選手たちをうまく導けなかった。本当に申し訳ありません。うちは前半に稼いで後半に粘るタイプなので(前半で)厳しいかなと思った。10位との差よりも完全に力負けです」と振り返った。

 本戦で最多14度の優勝を誇る名門だが、最後の優勝は96年。最近は予選会に回ることも続いていた。今年6月の全日本大学駅伝関東予選で17位と完敗。藤原監督は、1年の舟津彰馬を主将に就任させる“荒療治”に出た。

10-16-03

写真引用元 http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/special/athletic/ekiden/2016/live/yosenkai

 舟津は、レース後の応援団への報告でこう言った。「先輩方に迷惑をかけながらやってきて、先輩方からサポートもしていただいた。外部から『今年、大丈夫なのか』と多くの声をいただいた。でも自分たちは『やれる!』と思ってやってきました。もし先輩方に文句をいう方がいれば、自分が受けて立ちます。自分にぶつけてください。先輩方の文句をいう人がいれば自分は許しません!」と感極まって絶叫。最後は「自分たちはこの日のことを忘れることはありません。忘れるつもりもありません。これからも変わらぬ応援をよろしくお願いいたします」と深々と頭を下げて、涙をこぼしていた。

引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161015-01724845-nksports-spo

 

10-16-04

引用元 http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/special/athletic/ekiden/2016/live/yosenkai

 


 

一方、プロ野球では

10-16-05

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦は15日、マツダスタジアムで行われ、1位・広島が3位・DeNAを8―7で下し、対戦成績を4勝1敗(優勝アドバンテージ含む)として、25年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。

引用元 http://www.excite.co.jp/News/photo_news/p-5987256/

 


 

<プロ野球CS>「今日の試合忘れない」DeNA今永

10-16-07

 「あの6点がどれほど重かったか。チームに申し訳ない」。一回に大量6得点を許したDeNAの先発・今永の声が沈んだ。先頭の田中に果敢に直球勝負を挑んだが、6球ファウルで粘られた後に際どいコースをボールと判定されて四球で歩かせ、「冷静でいられなかった部分があった」と今永。リズムを狂わせ、1死一、二塁から4番・新井に先制の左前打を浴び、広島打線の勢いにのみ込まれた。駒大から今季、ドラフト1位で入団。8勝を挙げた左腕は「今日の試合をプロ野球人生が終わるまで忘れず、成長していきたい」と、悔しさをバネにする。

引用元 http://www.excite.co.jp/News/sports_g/20161015/Mainichi_20161016k0000m050041000c.html

 


 

ジョコビッチ精彩欠く 怒りでラケット叩き折り、着用ウエア破る<男子テニス>

10-16-06

上海マスターズ

男子テニスツアーの上海マスターズ(中国/上海、ハード、ATP1000)は15日、シングルス準決勝が行われ、2連覇と4度目の優勝を狙っていた第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)は精彩を欠き、第15シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)に4-6, 4-6のストレートで敗れて決勝進出とはならなかった。

この日は1ブレークを許して第1セットを落とすと、怒りからラケットを叩き折った。さらに、第2セットの第5ゲームでパッシングショットをネットにかけたジョコビッチは、自身が着用していたウエアを破ってしまった。

その後、第9ゲームではリターンエースやドロップショットからのボレーを決めるなどでマッチポイントを3本しのだが、最後はパッシングショットを決められ、1時間48分で5連勝していたバウティスタ=アグに屈した。

今年は全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)と全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)を制したが、ウインブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)とリオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)は早期敗退を喫した。

引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161015-00010009-tennisnet-spo

 


 

 ジョコビッチが壊れている。その怒りは自分自身に向けたものであるにしてもプロなのだから、あとを濁(にご)さず、どの角度から見られても観客にサービスをしなくてはならないだろう。 ”怒ったところで・起こったことは・変わらんで” と言った人がいた。 中央大学の一年生主将・舟津、横浜DeNA・今永のように悔しさをバネに「この日を忘れない」で、更なる高みを目指してもらいたい。期待しているから。

≪キュレーター・SILVIA≫

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
SILVIA

SILVIA

夫と2男子の4人家族。昼は会社でワーキングレディ、夜は学びを求めてネットの住人。好きな作家は池波正太郎。好きな作品は「鬼平犯科帳」。勧善懲悪で今日もスッキリ!

こころカテゴリの最新記事