うん!応援しよう!

 

思わず応援したくなる人って、どんな人?

 

 

たとえばあなたは、毎日のようにフェイスブックやインスタグラムに食べた美味しい料理をアップしている人を応援したくなりますか?その投稿に「いいね!」を押すかもしれませんが、「応援する?」と言われるといかがでしょうか。

たとえばあなたは、フルタイムで男性並みに仕事をこなしてバリバリのキャリアで高収入をとり、多くの人から驚きと羨望の眼差しを向けられているキャリアの女性を応援したくなるでしょうか?「すごいな」と思うかもしれませんが、「応援します?」と言われるといかがでしょうか。

怠けている人、ネガティブ思考の人、何も夢を持たず、何の目標をもめざそうとしていない人を応援はしないだろう、ということは誰でもわかります。

それだけでなく、「現状に満足している人」もしくは「現状に満足してそうに見える人」は応援されづらいとも言えるでしょう。つまり「リア充」を前面に押し出し、「リアルが充実している今の私を見て」とアピールする人は、たとえ何かを必死にやろうとしていても、応援されづらいのです。すでに結果を出してそうに見えてバリバリやっている人も、特に応援したいとは思えないものですね。

 

 

応援したくなる人の共通するポイントは3つ

 

 

 

1)の具体的な何かをめざしている人は、「期限」と「数値目標」が明確である人です。具体的である、というのはそういうことです。

「いつか会社を起業したい」「将来は人に役立つ仕事をしたいの」……など、“いつか~”、“そのうちに~” と抽象的な表現をしていると、「応援してるわ」「頑張ってね」と口で言われるだけです。めざしている内容そのものも「口だけ」っぽく聞こえるからです。

また、2)のように英語が好きな人で、好きな英語の勉強を一所懸命やっている人なども応援されづらいでしょう。具体的な目標に向かって頑張っていたとしても、自分が好きなことをやっているのであれば、「陰で応援しているわ~」と言われるだけです。やりたくないこと、苦手なことでも一生懸命やっている人だと応援したくなりますね。

 

 

最後の、3)「応援しない人を気にしない人」というのは大事です。自分の知り合いが10人いたとします。そのうち具体的に応援してくれる人が3人で、応援してくれない人が7人いるとしたら、その7人を非難しないことです。

「夢に向かっているあなたの姿に感動したわ。何か困ったことがあったら何でも言ってね。全力で応援するね」と言っていたのに、実際に声を掛けると及び腰になる人はたくさんいます。すると、「応援してると口では言うけど、具体的には何もサポートしてくれない」などと愚痴をこぼしたくもなるでしょう。しかし、実際に応援してくれる3人に目を向けるべきです。そしてその3人に感謝するのです。3人では足りない場合、応援してくれない7人に目を向けず、他の人に声を掛けていきましょう。

「応援する」と言っても、結局は何も具体的にアクションしない人は、そのような切羽詰まった経験が過去になかったのでしょう。たとえ応援されても具体的な力を発揮してくれないので、気にすることはありません。

引用元 Yahoo!ニュース

 

 

ひたむきに頑張っている人に心打たれる

 

 

健気な姿で、ひたむきに頑張っている人に、多くの人は胸を打たれ、心から応援したくなるものです。そして自分自身が誰かの助けによって、大きな目標を達成した経験がある人が、頑張っている人を見ると放っておけなくなるものです。

ヨチヨチした子犬がボールを追いかけると、一生懸命にやってるのに滑ったり、転んだり。そんな姿を見たとき 「かわいい~!」「守ってあげたい!」というような気持ちがわいてきますね。そんな気持ちを、『アンダードッグ効果(負け犬効果)』というのだそうです。一生懸命なのに上手くいかない人や、不利な立場の人を応援したくなる。頑張ってるのに報われない人を、助けたくなる、好きになるというものです。

 

 


人は『一生懸命さ』や『ひたむきな姿』に胸をを打たれます。そして、感謝のある人は応援したくなり、気持ちよく応援できます。ああ、この人ならまた応援しようと思えてしまいます。でも、人から応援を受けたいときは、健気なだけではダメです。「期限」と「数値目標」を明確にし、具体的な目標をハッキリとさせましょう。応援されるのはそういう人だそうです。

(キュレーター:SILVIA)

 

最新情報をチェック!