なぜ・・・結婚に迷うわけ?

好きな人とうまくいっていても、いざ結婚となると不安を感じてしまう方は多いのではないでしょうか・・・結婚できるのか、あるい結婚後が不安でなかなか踏み切れないといううように焦りやネガティブ思考の時は、冷静な判断ができないことがありますが、結婚するなら余計な不安を感じずにスムーズにことを進めたいものですよね。そこで今回は結婚に不安を抱く理由をご紹介します。

 

 

結婚に不安を感じている

 

rOdx2E9wE2pTo0a1486120544_1486120563

 

同居に伴う期待感の減少

結婚時に最も頭を悩ませるのが両親と同居をするケースだと思います。結婚相手の実家に住む場合は義父母との付き合いは多大なストレスで、 配偶者との問題ではなく義父母との関係がこじれて離婚の原因、理由になることが頻繁にあるようです。

 

経済的、金銭的な不安

金銭感覚や趣味などが自分とまったく違っているのに、楽しく生活が送れるのか、など金銭感覚が合うか合わないかです。 浪費家、金遣いが荒くて無駄遣いばかりで貯金できない体質の 彼氏の年収が低い場合、子供を産んで育てることができるのか不安になるそうです。

 

転勤、転職が多いパートナー

転勤族で引っ越しの回数が多いとなんとなく不安を感じてしまうところがあります。 本能的に同じ場所に留まりたがる性質があり、新しい場所に住むとストレスを感じることを理解しているのか、やはりちょこちょこ転勤や転職で動き回る人は嫌われやすいようです。

 

体の相性が悪い人

人間の体は微妙に変化するもので、付き合っている異性の体にフィットするように形を変えてお互いになじんでいく性質があると言われています。 抱き合っていると気持ち悪いと思う場合は、体そのものが合わないというよりかは、趣味や性格面が合っていないので、 本心では好きではないと考える方が自然かもしれません。

 

年齢の問題、年の差、など

年齢差で結婚後に後悔する人の割合は結構多かったりするそうです。 特に10代男女が結婚した場合の離婚率高いそです。ただ、人は年齢が30歳を超えたあたりからは老化具合の個人差が激しく、いつまでも若々しい男女や、やけに老け込んでる人もいるので、 20歳差ぐらいだとさすがに少し考えないといけないかもしれません。

 

生活態度や習慣の違い

結婚はズボラでいい加減な人とした方がなんだかんだで長続きしやすいと思われます。 たとえ好きな人や結婚相手でも、同棲したり一つ屋根の下にずっといるとイライラしたりストレスが溜まって、 結婚は無理だと思ってしまうことがあるそうです。 味の好き嫌い、生活リズム、趣味趣向、性格や価値観などは似ていることが好ましいと言われています。

 

健康面、体の悩み

30代位になると体の衰えや老化を感じ始め、それ以降は歳を重ねるごとに健康の大切さを再確認させられます。 持病持ちだったり、体が弱い人だと病と一生付き合うことを考えなければいけません。

 

子供ができないことへの不安

初婚年齢の高齢化、晩婚化が進行しており、不妊症に悩んでいる中高年夫婦が増加しています。 30代で今のパートナーと結婚するかどうか迷う時に「子供が欲しい」ということを考えると、 女性側はタイムリミットが迫っているとプレッシャーを感じる人が多いようです。 ただ立ち止まっているだけではどんどんチャンスや残り時間が無くなっていくのが現実です。

 

 

結婚前はマリッジブルーになりやすい

 

vSCAaxErM8x2bYA1486120323_1486120339

 

マリッジブルーは、一般的に告白を受けた側(たいていは女性)になりやすいと言われています。マリッジブルーが深刻になると、結婚が破綻になったりする場合もあります。結婚は人生の一大イベントなので、そのプレッシャーは相当のもので何もアクションが起こせなくなってもおかしくありません。

 

 

「相手の家族と上手く付き合っていけるだろうか?」「本当にこの人と一生暮らせるのだろうか?」「結婚して家庭をもつと色々束縛されて自由がなくなるのではないだろうか?」「もっと自分に合ったいい人が現れるかも知れない?」「収入が少ないから将来が不安でたまらない?」なんてことを考えているといつまで経っても結婚はできず 結婚適齢期を逃してしまいます。

 

 

結婚を決めてから結婚に至るまでに、「マリッジブルー」に陥った経験をした方も少なくないのではないでしょうか。精神的に弱い人なんかは、結婚前にマリッジブルーが理由でケンカを起こしやすいと言われているようです。よく、結婚は勢いだとよく言われます。 あれこれ条件面で迷いはしても最終的には本人があらゆる問題を受け入れて結婚を決意できるどうかだけかもしれません。

 

 

男性にもマリッジブルーってあるの?

 

KlXceWfD429ghmt1486119317_1486119327

 

マリッジブルーというのは、圧倒的に女性がなりやすいと言われていますが、それは、「男性が女性にプロポーズをして結婚を決めることを伝えられるから。」だと言われています。実は、男性にもマリッジブルーになるおそれがあるそうです。

 

①結婚式までの不安

「結婚のイメージがもてないことによる不安」「結婚式までにどのような準備をしておけばいいのか不安」「仕事が忙しい、結婚への準備も忙しい」などのストレスによって、結婚が面倒しまうこともあるそうです。

 

②結婚後を考えた上でのプレッシャー

「自分が一家の大黒柱で家族を支えていけるか不安」「経済的な収入を一生得る不安」など仕事と家庭の両立ができるか不安になることもあるそうです。

 

③独身生活への未練

「家族をもつときちんとした生活習慣を送らなければいけないなど自由が制約される」「自分の好きなものを買ったり趣味に費やす時間と費用がなくなる」といったものです。特徴としては、自分が家庭を持つということに対するプレッシャーによってマリッジブルーになる傾向が強いと言われています。

 

 


 

私の周りでも30歳~40歳くらいの結婚していない知り合いがいますが、彼らは異口同音結婚したいけれど相手がいないと言います。でも彼らは、良い人だと思ってもいざ結婚んとなると尻込みしているような感じがします。共通しているところは、結婚に対する不安、 結婚できるのか、一生独身で結婚できないのではないか、あるい結婚後が不安でなかなか踏み切れないというような感じを受けます。でもここで乗り越えないと一歩先に進めないような気がします。

(キュレーター:remon)

 

最新情報をチェック!