【知りたい!】アルコールが体内から抜ける時間は?

「お酒を飲むなら車に乗るな」は今や当たり前にみんな知っていますね。
でも、飲んだ後にどれぐらい待てば車にのれるのでしょうか?

なんとなく、酔ってないから平気だよといった感覚で運転を始めていませんか?
自分では、酔っていないつもりでもアルコールが体から抜けているかどうかはまた別の問題です。

実際にアルコールが抜ける時間を計算してみましょう。

一般的に言われている、お酒を飲んだときにアルコールが抜けるまでの時間は 体重1kgあたり、1時間で純アルコール0.1gといわれています。
体重60kgだと、1時間に6gの純アルコールを処理できることになります。
純アルコールとは、それぞれのお酒で度数が違い単純に量で比較できないので、 度数を考慮に入れたアルコールの基準値のことです。
純アルコール量は、
飲んだ量(ml)×度数(15 度もしくは 15%なら 0.15)×0.8
で計算します。
たとえば、350mlのビール(5%)を飲んだ場合、純アルコール量は、350 x 0.05 x 0.8 = 14gとなります。
さきほどの、体重60kgの方だと、1時間に6gの純アルコールを処理できますので、 14gでは2時間とちょっとかかる計算になります。

ただし、これは一般的なケースの計算です。
人によって、その時の体調やお酒の強い弱いがありますので必ずこの計算での時間が過ぎたので、 お酒が完全に抜けたと過信しないことです。

お酒の種類とアルコール度数

お酒の抜ける時間を計算するときに、自分の大体の体重はすぐにわかると思いますが、 アルコール度数は調べなければわかりません。

缶やビンなどから飲んだ場合はラベルに記載がありますが、 お店で飲んだ場合やすでにラベルがない場合は、以下の表を参考にしてください。
大まかな目安ですので、ご注意ください。特にカクテルは種類によって大きく度数がかわります。

お酒の種類  アルコール度数
発泡酒     5%
ビール     5%
日本酒     15%
焼酎      30%
ウイスキー    50%
ワイン      15%
缶チューハイ  7%
カクテル    10%~35%

アルコールが抜ける時間の一覧

では実際にお酒が抜ける時間を計算したいのですが、上で示した計算はちょっと面倒なので、この計算式をもとにして お酒の種類と体重での表をつくりましたので自分の状況に近い部分をチェックしてみてください。

%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%ab

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e9%85%92

%e7%84%bc%e9%85%8e

%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc

アルコールが抜ける時間に個人差はあるか

男女比:

一般的に男性より女性の方が体重が少ないため、アルコール分解能力が低いとされています。
また、女性は脂肪の割合が多く水分が少ないため同じ体重であっても男性よりアルコールの処理能力が弱いのです。

年齢差

未成年-アルコール分解酵素の働きがまだ未発達のためアルコールが抜ける時間が遅いといわれています。
高齢者-アルコールの代謝機能が衰え、体内の水分量も低下しています。
アルコールは、水に溶けやすく脂肪に溶けにくいため水分量が低下すると処理能力が落ちる原因になります。

体重差:

通常、血中のアルコール量により酔いの程度が決まります。
体重が重いと血液の量が多いので、体重の重い人の方が軽い人より酔いが少なくなります。
また、肝臓の大きさは体重に比例しますので、肝臓の処理能力が高くなるという理由もあります。

飲酒習慣の有無:

アルコールを分解するアセトアルデヒド分解酵素は遺伝により分泌の有無や量が決まるので、お酒を毎日飲んでも鍛えることはできません。
ただし、お酒を飲み続けることで増える分解酵素もあるので、少しアルコールを分解する能力はあがると言えるでしょう。

体調や状態:

風邪薬を飲んでいる場合は、肝臓が風邪薬を処理するために稼動しているので風邪薬とアルコールのダブルの負担がかかります。
もちろん、肝臓が弱っているときには働きも弱まっていますのでアルコールを代謝する能力は落ちていると考えた方がいいでしょう。

もっと早くアルコールを抜くには

・水をたくさん飲む

一番手軽で効果が高いのは、やはり水をたくさん飲むことです。
アルコールを体外に排出するためには多量の水分が必要です。
水分が足りないと、アルコールが体内に残ったままになってしまいます。

・寝ないでおきている

寝てしまうと肝臓の活動も低下するため、アルコールの分解能力は起きているときの約半分程度になってしまいます。
アルコールを早く抜きたい場合は寝てしまうよりも起きていたほうがいいでしょう。

・肝臓の処理を助けるドリンクを飲む

ヘパリーゼやハイチオールCなど肝臓の働きを助けてくれるドリンクや錠剤などを飲むと代謝が早まります。

・肝臓の処理を助ける食品を食べる

水分や糖分などアルコールの代謝を助ける飲料や食品は代謝を助ける効果があります。
水分と糖分が両方とれるグレープフルーツジュースやスポーツドリンクなどがいいでしょう。

まとめ

お酒を飲んだときに、どのぐらいの時間で体内からアルコールを抜くことができるかの目安は上記のとおりです。
ただし、これらは目安に過ぎませんので体調や体質などで時間は変わってきます。

特に、車を運転する場合には乗るとわかっている前日はお酒を控えるなどの慎重さが必要です。
自分ではお酒が残っていないと思っていても、アルコール検査で数値がでれば問答無用で違反になってしまいます。

【飲んだら乗るな 飲むなら乗るな】

引用元http://kanzoukiso.com/alcohol.html

__________________

【いいね!】お酒の強い人と弱い人はどこが違う! 調べたり今より強くなることも可能!

お酒は人によって飲める量が違っています。
お酒をいくらたくさん飲んでもぜんぜん酔わない人もいる一方でちょっとアルコールをなめただけで顔が真っ赤になってフラフラになってしまう人もいるようです。

飲める人はお酒の席も楽しいと思いますが、飲めない人にとっては飲み会も苦痛ですし飲めないことが悪いかのように思ってしまう人もいるのではないでしょうか。

では、お酒に強い人と弱い人はなにが違うのか?お酒の強い・弱いを調べたり、お酒に強くなる方法について詳しく解説していきます。

お酒を乾杯する人々

お酒に強い弱いとは?

 まずお酒に強い、弱いというのはどういうことでしょうか?
一般的にお酒が強い人というのは、お酒を何杯も飲めてあまり酔わない、もしくは酔っても飲み続けることができる人のこと。
お酒に弱い人というのはすぐに顔が赤くなってしまう、少し飲むと心臓がバクバクしてしまうなど少量でも飲むとすぐに身体に異常がでてくる人をいいます。
ただし、ここは個人差があり顔がすぐに赤くなっても飲み続けられる人もいますし、顔にはでないがスグに飲めなくなってしまう人もいます。

お酒を強い人と弱い人の違いは?

これは主に肝臓で働く酵素が原因とされています。
アルコールを飲むと胃や小腸から吸収されて肝臓に運ばれアセトアルデヒドに分解されます。
分解されたアセトアルデヒドがさらに分解され尿や汗として体外に排出されます。
アルコール自体にはあまり毒性はありませんが、アルコールが分解された後のアセトアルデヒドには強い毒性があります。

 アセトアルデヒドが処理できずに体内に多く残ってしまうと、頭痛や吐き気などの不快な状態になってしまいます。
このように、アセトアルデヒドを分解する能力が強い人は「お酒に強い人」、アセトアルデヒドを分解する力が弱いと「お酒に弱い人」、まったく分解できないと「お酒が飲めない人」という分類になります。
アルコールの分解図

アセトアルデヒドの分解の能力はどうやって決まる?

アセトアルデヒドを分解する能力は「アルコール脱水素酵素(ALDH2)」と呼ばれ、3つに分類することができます。
この分類は第12染色体によって決まるため、この型自体は生涯変わることはありません。

%e3%81%82%e3%82%8b

この3つの型については病院で調べることもできます。
また最近では郵送の検査キットなどもあり、爪を送るだけでも調べることができるので気になる方はチェックしてみてもいいでしょう。

お酒を飲み続けると強くなるか?

 

「お酒を飲み続けると強くなる」というのは誰もが聞いたことがあると思います。
実はこれはお酒が飲めるけど弱い、ある程度飲めるという人に限って本当だということが最近の研究でわかってきました。

お酒を多く飲むとアセトアルデヒドを分解する処理が追いつかなくなり別の酵素が分解を助けるようになります。

その酵素は肝臓の細胞の中の器官に存在するミクロソームエタノール酸化系酵素、(MEOS)と呼ばれています。
このMEOS(メオス)は、定期的にお酒を飲み続けることで量が増えていくことがわかりました。
そうです、お酒を飲み続けると強くなる原因はこのMEOSによるものだったのです。

お酒をまったく飲めない人はこの酵素を働かせることは難しいのですが、飲めるけど弱いぐらいの人であれば、この酵素を働かせることでお酒が強くなるのです。

そうか、やっぱり飲み続けることで強くなるのか!じゃあ毎日飲んで鍛えよう!

と思った方はちょっと待ってください。

このMEOSが活発になるのは、実はあまりよいことではないのです。
MEOSが活発になるには大量のお酒で処理が追いつかないときです。

お酒を飲むのを止めると活性がまた低下するので、MEOSを活性化させ続けるには毎日多くのお酒を飲み続けないといけないのです。

お酒を飲み続けるということは、脳のアルコールに対する感受性も鈍るのでさらにお酒を飲めるようになり、アルコール依存症や他の病気になるリスクもあります。

 実際にMEOSが活発な人は肝臓や他の臓器になんらかの障害があるという場合が多いのです。
またMEOSの本来の役割は薬物の分解です。
MEOSが常に活性化していると薬が効きにくくなったり、MEOSがアルコールの分解ばかりしていると、がんなどを処理する酵素が効きにくくなりがんのリスクが増えるなどの弊害もあるのです。

お酒に弱いので酔わずにお酒を飲みたい!

これまでの説明してきたようにお酒の強さは生まれつきのもので自分でコントロールできません。
また飲み続けることでお酒を多く飲めるようになってもリスクが大きいのであまり推奨されないことがわかったと思います。

 

でも付き合いもあるし少しでも飲めるようになりたいという場合もあるでしょう。
その場合は以下の方法で少しでも身体にダメージを残さないように工夫してみてください。

体調を整える

一番はやはり体調を整えることです。
お酒に強い人でも寝不足や体調不良ではすぐに酔ってしまいます。
これは身体の機能が身体のアルコールを分解するところに集中できないためアセトアルデヒドが残ってしまうためです。
飲むときにはできるだけ体調がいいときにしましょう。

水を飲みながら飲む

二日酔いをしないためには、水を飲むことが一番です。
一番いいのはお酒を飲みながら水を飲むことです。
アルコールを体内で処理するためには飲酒量と同等の量の水が必要です。
ロックやストレートはできるだけ避けて水割りやチェイサーで飲むようにしましょう。

しじみを食べる

しじみにはタウリンやオルニチンという成分が多く含まれます。
タウリンは胆汁の排出を促し肝臓のアルコール解毒作用を活発にし、オルニチンは栄養の代謝や有害物質の解毒といった作用を助けるのでアルコールを排泄するのに役立ちます。

トマトを食べる

トマトには抗酸化力の強いビタミンEの4倍の作用があるリコピンを含むためアセトアルデヒドの作用を抑えてくれます。
また、トマトにはクエン酸、GABAなども含まれるためで胃や肝臓を保護する作用にも優れているのです。

しじみを飲みながら食べることは難しいですが、トマトならトマトを使った「レッドアイ」などのカクテルもありますし、冷やしトマトなどは居酒屋メニューの定番なので置いてあるところも多いと思いますので気軽に試すことができるでしょう。

リコピンと抗酸化

リコピンの働きは強力な抗酸化作用です。
人間の体内では一定の割合で活性酸素が発生しています。
活性酸素とは酸化力が強い酸素のことで、触れた体内の組織を錆びさせてしまいます。
血管が活性酸素によって錆びてしまうと動脈硬化、細胞内のDNAが錆びてしまうとガンになってしまいます。

健康を害する根本的な原因とも言える活性酸素を消去する物質を抗酸化物質と言います。
代表的な抗酸化物質はビタミンA,ビタミンC,ビタミンEの他、リコピンやアスタキサンチン,カテキン,ポリフェノールなどです。
活性酸素が発生したときに体内に充分な抗酸化物質が存在しないと、体内の至る所が錆び付いてしまいます。
リコピンは脂溶性なので主に細胞膜に存在し、細胞が活性酸素に攻撃されるのを防いでいます。

引用元http://kanzoukiso.com/tuyosa.html

__________________ 

二日酔いは辛い!
翌日からはもうアルコールは止めようと
誓う・・・
しかし、舌の根の乾かぬうちに誘われる
とまた出かけてしまう。

意志の弱い人間だとつくづく思う。

今回はアルコールが抜ける時間を
計算できるという。

自分の飲みたいアルコールに合わせて
計算できるので参考にしたい。

アルコールを早く抜きたい場合は寝て
しまうよりも起きていたほうがいいとは
びっくり!

(remon)

最新情報をチェック!