この世も人も、移ろいゆくもの。

この世も人も、移ろいゆくもの。

没落が進むセレブタウン…今の富裕層には豪邸が必要ない!?

高齢化、過疎化、モラルの低下などで、「セレブタウン」の概念は曖昧なものとなりつつあります。高級住宅街事情に詳しい、不動産コンサルタントの青山一広氏は「旧来のセレブタウンと呼ばれるものは今後、全体的に廃れていくほかない」と断言している。

「本来、高級住宅地が担った役割はお金持ちが価値観や常識を共有できるコミュニティや安全な居住地の提供でした。半世紀前ならばそれは理想的な住環境でしたが、今や1世帯の人数は50年前の4人台から2.49人に減少。これに伴い、大きな住宅自体が必要とされなくなってきているのがいわゆるセレブタウンの凋落の根本原因です。現在の富裕層は行動範囲が広く、交通の便が良い都心のタワーマンションなどを選択します」

セレブタウンに豪邸を構えるというステータスや、大家族が住まう空間という条件があらゆる不便さを相殺していたが、ライフスタイルの変化によって無用の長物となってきている。最低面積規制と建築協定による資産価値の暴落も、没落を加速させたという図式だ。

「実際、現在の世田谷などではかつて何億円もした豪邸が1億円程度で買える。しかし仮にお金に余裕があっても核家族にはそんな物件を買う必要がありません」

そうした物件は、中国人富裕層ですら見向きしないのだという。そんな状況の中、生き残るセレブタウンがあるとすれば大都市の中心部付近だと青山氏は話す。

「中でも麻布十番など、交通の便が良い上に、古くからの地主から裕福なサラリーマンまで多様性のあるエリアは活気が落ちにくい」

「金持ちは三代まで」という格言のとおり、没落が進むセレブタウンは、ちょうど三代目の節目を迎えているのかもしれない。

引用元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160904-01129494-sspa-soci

 

_________________

「空き家」が増え続ける高級住宅街の不安

田園調布、芦屋、南山……庶民の羨望と嫉妬の的となってきたセレブタウンであるが、その一部が今、落ちぶれているという。その中でも問題となっているのが「空き家」。相続放棄され、処遇に困るケースが多々存在する。空き家となった豪邸で一体何が起きているのか? 空き家

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宗教団体、貧困ビジネス……空き家問題の不安な前途 増え続ける高級住宅街の空き家の処遇について、とある不動産業者はこんな不安を口にする。

「セレブタウンの住民にも借金や固定資産税の未納があることは少なくないのですが、その場合、世帯主が死亡すると土地や建物は競売にかけられる。競売は誰でも自由に参加できるので、怪しげな宗教団体が落札して道場にしてしまう可能性もあります。競売に流れる安くて大きな邸宅は、道場にするのに最適だからです。実際、世間を賑わせた某宗教の残党が経営する不動産屋が関東某所にあり、競売物件ばかりを狙って買い漁っていると噂されています」

また、貧困ビジネスの温床になる可能性もあるという。

「東京都の生活保護の住宅扶助は条件によって2万9000~8万3800円支給されますから、物件を持て余すのならば、貸し出して固定資産税の足しにしようとする世帯主が現れてもおかしくありません。実際、シェアハウスという形ならば格安の家賃で豪邸の部屋を貸し出している場所も多々あります。これがエスカレートすれば、貧困者の長屋街になってしまう可能性も否定できません」

引用元:http://nikkan-spa.jp/1129493

 

タワーマンションの価値は数年以内に暴落する!? セレブタウンの栄枯盛衰

田園調布、芦屋、南山……庶民の羨望と嫉妬の的となってきたセレブタウンであるが、その一部が今、落ちぶれているという。住民は口を開けば「住みづらい」の大合唱。そんな高級住宅地だが、今タワーマンションに人気が集まっているという。タワマンバブルはいつまで続くのか? 実態に迫った。

タワマンの隆盛に見る、セレブタウンの栄枯盛衰「タワマン」の隆盛に見る、セレブタウンの栄枯盛衰

「『都内の高級住宅街に一戸建てを』という客は近年ほとんど見かけません。今の高額所得者は麻布、恵比寿、広尾、中目黒などのタワーマンションに集まっています」 と語るのは、港区を拠点とする不動産業者M氏。

「セレブがタワマンを選ぶ理由はまず利便性。都心にある物件は交通の便もいいですし、コンシェルジュがいたり、部屋の片付けや洗濯のサービスもあったりして、忙しい経営者などに好まれています。またマンションは売却が簡単なので、投機目的も兼ねて複数所有したり、飽きたらすぐ別の場所に移れたりと、現代のライフスタイルに適している」

実際、M氏の顧客には都内の一等地に3つのタワマンを所有し、別荘感覚で転々としている人もいるという。
「このお客さまの場合、又貸しや投機目的ではなく純粋に居住目的。一軒家にこだわらず、気ままにタワマンを移り住むのが今のお金持ちの暮らし方になっていますね」

タワーマンションの価値は数年以内に暴落する!? セレブタウンの栄枯盛衰

「タワマン」の隆盛に見る、セレブタウンの栄枯盛衰

※写真はイメージです

しかし、不動産業者B氏は、タワマンの資産価値やブランドは数年以内に軒並み暴落すると予測している。

「5年前なら6000万で買えた物件が、今は9000万と高騰していますが、それも今年がピーク。今後オリンピック関連の開発で1万戸以上が新たに供給されるわけですから暴落間違いなしですよ。中国人が投機目的でタワマンを買い漁っているのも懸念材料です。一度値が下がれば彼らは大慌てで売り始める。結果、価格が落ちるところまで落ちたところで中流層が入居し始めて、タワマンのブランドも地に落ちるでしょう。高級住宅街とタワマンという違いはあれど、結局セレブは今も昔も同じことを繰り返しているにすぎない。」と話している。

引用元:http://nikkan-spa.jp/1129480/2

_________________

最後に

人それぞれの価値なので何が正しいとか

正しくないとかはありませんが

人の立場というか生活階級によっての

考え方の違いには、なかなか面白いものがあります。

その心理によって世の中が動いているんだと

思いますが、自分が一番心地よく

心のままに生きている人が何にも左右されず

一番幸せなのではないかと感じます。

(キュレーター:rikako)

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
RIKAKO

RIKAKO

父母と弟2人の5人家族の長女として育つ。素はおっとりのんびりのマイペースだが、父親譲りの短気さと、母親譲りのサバサバした性格と、長女ゆえの真面目さ正義感の強さが混ざった複雑な性格。だってAB型だしね(^_^;)周りからは「天然」と言われていたが、保険会社に勤めてから天然が治った?と言われるようになる。しっかり者で、できる女とみられがちだが果たしてどうだか。

ニュースカテゴリの最新記事