年金受給資格が変わります。

受給資格を10年に短縮=改正年金機能強化法が成立

%e5%b9%b4%e9%87%91%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9

年金を受け取れない人を減らすため、年金の受給に必要な期間を25年から10年に短縮する改正年金機能強化法が16日可決、成立した。これにより、約64万人が新たに支給対象となる。

 

基礎年金受給額は、納付期間25年間で月額約4万円。10年間では約1万6000円となる。新たな対象者には来年10月に同9月分を支給し、それ以降は偶数月に2カ月分支給する。

 

厚生労働省は短縮に伴う事業費として年間650億円を見込んでいるが、それでも受給条件を満たさない無年金者は約26万人残るという。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161116-00000054-jij-pol

_________________

加入期間10年に短縮“無年金対策法”成立

%e5%b9%b4%e9%87%91%e6%89%8b%e5%b8%b3

現在、年金を受け取るには保険料を25年以上納める必要があり、年金のない高齢者の貧困が問題になっている。今回の法改正は来年10月支給分から適用。

 

一方、年金支給額の上昇を抑えるための年金制度改革法案が審議入りした。この法案は物価が上がったとしても賃金が下がれば年金額を削減する事などを可能にするもので、民進党などの野党は「年金カット法案だ」などと批判している。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20161116-00000028-nnn-pol

_________________

年金破たんは都市伝説。現在21歳の会社員なら支払った金額の倍はもらえる。そのワケは…

年金の運用は、2003年から100年先まで計画を立てて運用していますがあくまでも100年先は「予想」。実際には、5年に一度、経済状況や人口の変化を検証しています。(財政検証)

 

case1: 人口が減って、経済はあまり今と変わらなく、65歳から年金を受け取る場合、受け取れる年金は?

%e5%b9%b4%e9%87%91%e8%a1%a8%ef%bc%92

 

case2:人口が減って、経済がマイナスになった場合は?

%e5%b9%b4%e9%87%91%e8%a1%a8%ef%bc%93

それでも、もらえる年金は支払った保険料元以上に受け取れると試算されています。それはなぜか?それは国民年金の1/2は国が負担し、厚生年金は勤務先が負担しているからです。このため、経済がマイナスになったとしても、支払った年金保険料より多く給付される仕組になっているのです。

 

しかし、年金はなにも人口だけの問題でなく、経済の実質的な価値が、給付額に連動しています。日本経済が活性化して景気が上昇すると年金の給付水準がアップすることも考えられます。

 

今の年金制度は少子高齢化に弱いかもしれませんが今のところ元本が割れることはなく、会社員であれば支払った保険料の2倍以上、受け取ることができます。

引用元:http://manetatsu.com/2016/10/75596/

_________________

今の60代で25年の納付期間を満たすのは女性ではまだまだ少なかったのではないでしょうか。新たな支給対象者が増えると言われても、これから消費税の増税や、今回受け取れなかった人もいるという結果、これから国民の負担が増えることには変わりなく、なんだか一時しのぎの対応でしかないように思えてしまいます。先が見えない不安もありますが、今できる事をして、どんな状況になっても健康で動ける爺ちゃん婆ちゃんになっていたいです。(キュレーター:rikako)

最新情報をチェック!