大変!乗っ取られちゃった

スマートフォンを持ってる人なら、ほぼほぼみんなLINEを使っていますよね。 最近、LINEのアカウントを乗っ取られたって話、目に、耳にしたことはありませんか?そんなの人ごとだと思っていたら、あらら??? もしかして自分も!? そんな時には、どうすればいいのでしょう。いろんな手口での乗っ取り事件が続いているそうですので、万一乗っ取られたときの対処法を知っておきましょう。

 

 

LINEアカウントを乗っ取られるとどんな感じに?

 

多発しているLINEのアカウント乗っ取りとは、どのようになるのでしょうか。多くの場合、乗っ取り犯はアナタになりすまして、友人たちに虚偽のメッセージを送ります。「プリペイドカードやウェブマネーを買ってほしい」などと依頼し、最終的には、そのお金を盗もうと誘導するのです。

多くの場合は、LINE友だちからの連絡により、自分が乗っ取られていることを知ることになります。人気のLINEは特に狙われやすく、いつ誰がターゲットになってもおかしくはありませんので、まずは、乗っ取られた場合の対策を知っておきましょう。

 

 

再ログインできるなら、ただちにパスワード変更!

 

まず、ログイン画面からメールアドレスとパスワードを入力して、ログインできるかどうか確認しましょう。もし乗っ取り犯にパスワードが変えられていなければ、すぐにパスワードの変更をします。すると、犯人はログインできなくなります。

 


 
パスワードの変更方法は、「その他」→「設定」→「アカウント」をタップ。「メールアドレス変更」→「パスワード変更」をタップ。
iPhoneの場合、「“LINE”でTouch IDを使用」となるので、ホームボタンに登録した指を当てよう。Touch IDを使用していない人の場合は、メールアドレスとパスワード入力画面となります。
パスワード変更画面となったら。6~20文字以内で新しいパスワードを入力して、パスワードを変更します。
 

 

ログインできなければ問題報告フォームを活用!

 

ログインできない場合は、乗っ取り犯にパスワードを変更されています。その場合、残念ですけどアカウントは諦めて、被害が拡大する前にアカウント削除手続きを取る必要があります。

 


 
まず、問題報告フォームにアクセス。サービス欄では「LINE」を選び、カテゴリ欄では「アカウント・登録情報」を選びます。詳細欄では、「自分のアカウントが盗まれた」を選択。返信用メールアドレス、利用国の選択欄で「日本」を選び、LINEに登録している電話番号とメールアドレスを入力。
 
続いて、アカウントが乗っ取られたと判断した理由や経緯を選んでチェックを入れます。「その他」を選んで書き込むこともできます。続いて、問題が起きたLINEアカウントの電話番号、登録メールアドレス、機種名を入力し、電話番号の契約状況を選び、問題が発生した日時を記入しましょう。
 
証拠となるキャプチャなどがあれば添付しておくといいでしょう。JPEG、GIF、PNG、PDG形式で2MBまでのファイルを、合計3点まで添付できます。最後に「送信」をタップ。
 
すると、運営会社が調査の上、アカウント削除などの措置を取ってくれるはずです。そのままにしていては周囲にも迷惑がかかるので、素早い対応が重要。調査後、有料スタンプの購入履歴の移行などもしてもらえるようです。
 
なお、乗っ取られないためには、パスワードを推測されづらいものに変えるなどして対策をとりましょう。

引用元 Yahoo!ニュース

 

 

 


アカウント乗っ取りの多くは、複数のサービスでパスワードを使い回すのを避けるだけで、大部分を防ぐことができるそうです。また、「設定」→「プライバシー管理」→「IDの検索を許可」を前もってオフにしておくことで、見知らぬ人からのコンタクトを減らすこともできます。あらかじめ予防しておくことも大切ですね。

(キュレーター:SILVIA)

 

最新情報をチェック!