「ありがとう」の言葉の回数で奇跡は起こるのか?

「ありがとう」の言葉の回数で奇跡は起こるのか?

「ありがとう」といるシンプルな言葉の奥には、どんな魅了が隠されているのでしょう。あなたは何をイメージしますか?

 

 

「ありがとうの回数と奇跡」

 

 

 

「ありがとう」を1万回言うと幸せになれるってほんと?「ありがとう」を5万回唱えると奇跡が起こる、という話を聞いたことはありませんか?感情を込めなくてもいい、口に出さなくてもいい、頭の中でだけでもいいから、ただ「ありがとう」を言い続けるそうです。

 

 

2万5千回を過ぎると涙があふれ出し、5万回を超えると奇跡が起きる。ただし不平、不満、愚痴を言うとその回数分はリセットされるという・・・これは小林正観氏の「ありがとうの奇跡」の書籍で紹介された有名な話だそうです。今、自分がどんな状況にあっても「ありがとう」と唱え続けること。それによって、奇跡が起こるかもしれないといいます。

 

 

ある人は「ありがとう」と唱えると同時に、悪口、不平不満などを一切言わないことにしました。自分を卑下する言葉を、謙遜と思って言ってしまっていたのですが、それもやめたそうです。「ありがとう」という言葉を、5回ずつを2セットで10回続けて、一日1000回唱えることにしたそうです。「ありがとう」という言葉を言い続けると、「ありがとう」と言いたくなるような出来事が次々に起こるようになってきたそうです。

 

 

それは「ありがとう」を数多く言って、ある一定数(まずは、二万五千回レベルです)に達した人は、およそ人を傷つけるような言葉は口から出てこなくなるようです。

 

 

奇跡が「起こる/起こらない」

 

 

(「ありがとう」を年齢×1万回言うと奇跡が起こるという説もあります)正直なところ、この話を聞いて、ほとんどの人は「そのような奇跡は起こらない」と思うようです。

 

 

「奇跡は起こらない派」の人は、「そんなうまい話があるか」「非合理的」「もしそんなことで奇跡が起こるのなら誰だってやる」と考えるのではないでしょうか。反対に「奇跡は起こる派」の人は、すぐ人の話を信じてしまう「被暗示性」の高い人である可能性があるようです。これは迷信や、占いをただひたすらに信じる人のことだそうです。

 

 

奇跡なんて起こらないという思いの方が強いですが、心のどこかで奇跡を願う部分も存在するのは確かなようです。ありがとうという言葉を中心に生活することで雑な思いやよこしまな思いなどが減ることも十分に考えられるのではないでしょうか。

 

 

奇跡が「起こる/起こらない」の話ではなく、1万回とか5万回とか「ありがとう」を言い続けたら、「奇跡が起こる可能性が高まる」と思われます。もともとの奇跡が起こる確率1%だったのが、10%に高まるとか、そういう発想のようです。

 

 

1万回・5万回の「ありがとう」

 

 

 

意志力がかなり強くないとできないことだと思います。だいたい1万回も5万回も「ありがとう」を言い続けるなんて、尋常ではないと思います。5万回「ありがとう」を言うために、才能もスキルも資産も必要ありませんが、もし可能であれば、そのこと事態が奇跡的な出来事だそうです。

 

 

例えば、5万回「ありがとう」を言い終って、家の外に出たら100万円の札束が置いてあるとか、1億円の宝くじが当たる、生涯の素晴らしい伴侶に出会えるなど、わかりやすくて俗っぽい奇跡が起こるとは思えませんが、過去にできなかったことをチャレンジしたいという意欲が湧いてくるようです。

 

 

後ろ向きな考えしかできなかった自分が前を向いて歩いていこうと決意できたりとか、そういった奇跡は起こる可能性は高いのではないかと思われます。何が自分にとって「奇跡的なこと」なのかは、自分で決めることのようです。

 

 

いずれにしても、奇跡が起こらないと思う人たちは、おそらくこういうことをやったことがない人だと思われます。ありがとうを1万回とか5万回とか言う以前に、何もやらない人に奇跡が起こらないことだけは事実のようです。

引用元Yahooニュース

 

 

 


 

 

「愛すれば愛される。愛さなければ愛されない。嫌えば嫌われる。嫌わなければ嫌われない」という言葉から全ては自分の投げかけたものが自分に返ってきているという考え方ですが、つまり、自分が「ありがとう」と言えば、人からも「ありがとう」と言われる状況に必ずなるという気持ちの行動が引き寄せる奇跡を生むように感じます。ありがとうという言葉が必ずあなたに奇跡をもたらし、ありがとうの奇跡を実感することができれればそれは本物かも知れません。

(キュレーター:remon)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

こころカテゴリの最新記事