スーパーのセルフレジ、使っていますか?

 
貴女は利用することありますか?最近セルフレジが導入されているスーパーをよく見かけるようになりましたね。セルフレジは、レジ係の代わりに購入者自身が端末を使って商品のバーコードを読み込み、料金を投入して会計を行って商品を持ち帰るというシステムです。使ったことのない方ももう少なくないでしょう。ところがこのセルフレジ、あまり人気がないようなのです。掲示板サイトに、「セルフレジに並ぶ人は少ないのに、あえて通常レジに並ぶのはなぜ?」という投稿が寄せられていました。
 
 
 
 
セルフレジ登場!ところが?
 
 
 
ハンドルネーム「小麦」さんは、スーパーでレジチェッカーのパートをしています。セルフレジが導入されたことで夕方の混雑が解消されると思っていました。しかし、蓋を開けてみると、相変わらず通常レジには長蛇の列が並んでいるのに対しセルフレジには5~6人ずつ。
トピ主さんの、「急いでいる人はセルフレジへ、並ぶ時間のある主婦や高齢者は通常のレジへと“すみ分け”ができる。」 との予想ははずれてしまいました。そこで、「早く済むのにセルフレジをさけてわざわざ時間のかかる通常レジに並ぶ方々の心理が知りたい」と尋ねていました。
 
 
 
 
セルフレジは好きではない派

 

 

レスの多くは「有人レジ」派のようです。「セルフレジはあんまり使いたくありません」 と言う 「くものす」 さんの理由は、「プロのほうが手早い」 などで、少し行列が出来ていても 「手作業のレジの方へ行って」 しまうそうです。「にん」 さんは 「急いでいる時こそ、いつものレジを使います」。プロの手際の良さから、結局、早く買い物ができると感じているのでしょうね。
セルフレジが好きではない人のうち、「よるくま」 さんは 「小さな子どもにスキャンさせてる人があまりにも多い」 と言い、だからセルフレジを使わないときっぱり。お店ごとにセルフレジのシステムが違うので、敬遠してしまうとの意見も見られました。

 
 
 
私はセルフレジ派!

 

 

一方、 「セルフレジがあれば、そちらを使います。」 と言うのは 「トマトラーメン」 さん。人によっては、操作が面倒に思っている人がまだ沢山いる、と分析しています。中には、セルフレジが大好き!と主張している人も。「ごま饅頭」 さんは、「支払いが終わるのと同時に袋詰めも終わっているのでさっさと帰ることが出来ます」 という積極的な意見でした。中には、セルフレジと通常レジを購入する品数に応じて使い分けている、という柔軟対応派も見られました。

引用元 Yahoo!ニュース
 
 
 
 
 

 
近所のスーパー、マルエツでは、セミセルフレジが導入されています。商品をスキャンして会計用のカゴへ移すのは店員さんで、お会計のみセルフで行います。よく考えられたもので清算機はひとつのレジに2ヶ所あります。このシステムが浸透した頃にセルフレジに移行すれば問題も少なくなるのではと思いました。あなたはセルフレジを使いますか?

(キュレーター:SILVIA)

 

最新情報をチェック!