なぜカラフル?「佐賀のママチャリ」

なぜカラフル?「佐賀のママチャリ」

 

カラフルなママチャリがズラリ!水色、白、ピンク、銀、赤…なぜこんなにカラフル?ある日、佐賀市の街を行き交う高校生たちの自転車は他の街よりもカラフルなことに気づきました。佐賀弁で「けったくり」と呼ばれる自転車のカラフルさと、そのワケは?

 

 

佐賀では当たり前?の自転車風景

 

通学ラッシュの午前8時、市中心部、JR佐賀駅から歩いて約5分の天神橋交差点に立ち、高校生をターゲットに調査スタート。鮮やかな色の自転車が行き交う様子は、毎年秋に開かれるインターナショナルバルーンフェスタで佐賀の空を彩る熱気球をほうふつとさせます。30分間で213台が通り、単色だけで12色が確認できました。

単色で1位は黒で26台(12%)。2位は水色で25台。3位は白とピンクがいずれも22台でした。以下順に、銀、赤、紫、黄、紺、オレンジ、黄緑、青。ただ実は一番多かったのが「ツートンカラー」。水色×黒、黄緑×黒などがみられます。
水色、白、ピンクは女子に人気。特にピンクは髪を染めていたり、ソックスが短かったりするおしゃれ好きそうな女子が選んでいる感じ。男子は黄緑や黄、オレンジと傾向が分かれました。

 

 

特注してカラバリ増やしてます

 

 

ウエルビーサイクル九州事業本部の江辺明さんは、「佐賀は軽快車(ママチャリ)だったらダントツでカラフル」と話します。同社は佐賀市内の店の注文に応じて様々な色の自転車を納入しているそうです。

戦前から続く佐賀市内の自転車店「セキモトサイクル」の3代目店主、関本憲二さんによると、佐賀の高校生の自転車がカラフルになってきたのは「15年ほど前」だそうで、「『明るいピンクとかありませんか』と高校生くらいのお客さんがリクエストしてきました。はじめは『そんな色ないな』って断ってたんですけど・・・」カラフルさを求める声が大きくなったことから関本さんは取り扱う色を増やし始め、今では50色ほどをそろえているとのことでした。いわゆる「ママチャリ」。セキモトサイクルでは入学期前には1日100台売れることもあるそうです。

ほかの人が乗ってない、というのが大事なようです。

 

 

理由は佐賀平野の平らな地形?

 

 

ウエルビーサイクルの江辺さんは、佐賀の自転車がカラフルな理由として、佐賀平野の平らな地形を挙げています。

国土地理院のデータでは、佐賀市の中心部は標高2~5メートルほどの範囲で収まり、フラット。だから通勤や通学に自転車を使う人が多く、佐賀の1世帯あたりの自転車の保有台数は1.22台(自転車産業振興協会の2012年調査)。変速機もいらないのでシンプルで安いママチャリが売れ筋となり、カラバリがないと「みんなと同じ」になってしまう、という理屈だそうです。

高校生の気持ちを聞いてみました。ショッキングピンクに乗っている佐賀商業1年の女子(16)は、ピンクに乗る理由を「好きな色で、かわいいから」と一言。「銀色じゃいや?」と尋ねると、黙ってコクリとうなずきました。

銀色に乗る佐賀清和3年の女子(18)は、中学時代に校則が厳しいと思いその色を買ったそうですが、紫とかかわいいのが良かったとため息をついていました。

佐賀工業2年の男子(17)は、佐賀市から列車で15分ほどの佐賀県江北町在住。家から近くの駅までは銀の自転車なのに、佐賀駅から学校までで使う自転車はオレンジ×黒のツートンカラー。「銀は普通、こっち(佐賀市)は人多いんで、遊び心、みたいな。」

学校側はどう見ているのか?「特に、色について指定すべきことはないし、なにかに影響があるなら(規制も)検討するけど、いまのところ安全であれば、悪影響はありません。変形、特殊自転車はダメですが。」県学校教育課の担当者は「私が学生だった40年前は特に色は富んでなかったですね。」としつつ、状況について問題なく見ているようでした。

高校生のおしゃれ心を乗せ、カラフル自転車は今日も佐賀平野を走ります。

引用元 Yahoo!ニュース

 

 

 


確かに、自転車置き場って、その時空いている場所に停めることが多いので、帰りに自分の自転車を探すのもひと仕事ですね。目印にと目立つ個性的な色が好まれるわけです。 以前、ネットの質問サイトに 「佐賀の学生はカラフルなママチャリに乗ってますが、何故でしょう?」 という質問がありました。その答えが何とも(笑)。「佐賀人の性(さが)です。」 座布団1枚!

(キュレーター:SILVIA)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
SILVIA

SILVIA

夫と2男子の4人家族。昼は会社でワーキングレディ、夜は学びを求めてネットの住人。好きな作家は池波正太郎。好きな作品は「鬼平犯科帳」。勧善懲悪で今日もスッキリ!

おもしろカテゴリの最新記事