稼ぐだけではだめ?お金持ちになるのに一番影響していること

多くの人がお金に関する思いや悩みを持っていますよね。でも私たちはお金のことについて知らない事も多いのではないでしょうか?お金と上手に付き合っていくには、まずは「お金の教育」が必要なのかもしれません。まずはお金持ちに学んでみましょう。

 

お金の流れを知ろう!

 

お金を増やすには「たくさん稼ぐ」という考え方に多くの人がはまると思いますが、実際には『どれだけ稼ぐかではなく、どれだけ持ち続けるか』が大事なんだそうです。そのためには、まずお金の流れを知ることです。会社でも使われる「損益計算書(収入と支出)」と「貸借対照表(資産と負債)」で流れを知ることができます。

 

収入と支出は分かるとしても、資産と負債って少し難しいし分かりずらいですよね。たとえば「家」はどちらなのかというと実は「負債」なんです。ひとつづを当てはめ、これは資産なのか負債なのか、支出より収入が上回っている状態にすればいいのです。お金は使ったら減るという考えではなく、お金に仕事をしてもらうというのがお金持ちの考えのようです。

 

引用元:https://goo.gl/3JKd09

 

 

お金持ちになれる顔3つのパターンって?

 

<お金を稼げる人の顔の特徴>

 

・肉付きが良くて大きな鼻は、バイタリティがあって仕事が好きな人。

・目と眉が吊り上がっている人は野心で貪欲で金運が良い。

・口が横に大きくて、口角が上がっている人はお金を稼ぐ努力を惜しまない人。

・額が広いびが好奇心旺盛で精力的な人。

 

 

<投資で成功できる人の顔の特徴>

 

・投資に強いのは面長で「額が縦長、鼻が長い、鼻と口の間が長い、顎が長い」の人。

・目と目の間が狭い人は分析力がある人。

 

 

<出世できる人の顔の特徴>

 

・目はまっすぐ前を見据え、口が閉まっているけれど半笑い状態で口角が上がっている人は、仕事を楽しみながらできる人。

 

・耳たぶが前に向いてる人はなんでもポジティブに考えたり行動ができる人。

 

引用元:https://goo.gl/A5NQRl

 

 

お金持ちの人は実践している、お金の本当の話

 

<経済的豊かさに影響を与えるもの6つ>

 

1:稼ぎが多いか少ないか

 

2:支出や貯蓄の習慣

 

3:不動産や住居

 

4:保険

 

5:自動車

 

6:資産運用が上手か下手か

 

1から影響度が高い順になっていますが、3番の不動産は、持ち家か賃貸のどちらが得か?ということではなく、将来的に考えて20年後でも価値あるものであるかどうか?といった「投資の対象」としてみることで、それを考えたうえで安ければ買う、高ければ買わないという風に考えるとよいそうです。そしてなんでも「株」や「投資」にというわけではなく、効率が良い『場所』に置くのが良いそうです。

 

お金の運用にあまり期待しすぎず、上手に合理的に運用しましょう。金融マーケットの動きを観察したり、金融ビジネスへの余計な手数料は払わないようにする等、工夫をしてお金との上手な付き合い方を知っていきましょう。

引用元:https://goo.gl/NyBkir

 

 

 


確かにお金の事って誰に教わったのかと考えれば、詳しいことは全く知らず、両親のお金の価値観や考え方がそのまま受け継がれるという感じでしょうか。こういう大事なことこそ学校で教えるべきですよね。お金と上手に付き合っていくには周りに流されてではなく、個人が知識を得て賢くなり自分できちんと判断ができるようになることが大切ですよね。
(キュレーター:rikako)

最新情報をチェック!