マタハラで退社の危機!私を救ったのは、だれ?

マタハラで退社の危機!私を救ったのは、だれ?

マタニティハラスメントという言葉、最近よく耳にしますよね。一体どのようなことを指すのでしょうか?近年少子高齢化が深刻化しているというのに、現実に、マタハラのために泣く泣く退職した人がいます。そして、マタハラを恐れて無理を重ね、流産した女性もいるそうです。最近のマタニティハラスメントにふれてみたいと思います。

 

 

びっくり!32歳で女性は最年長

 

 

 

時短勤務が、子供が3歳までだったのが、小学生までに延期されたのはご存じですか?最近はその制度で女性管理職が増えてきたとの声が聞こえてきます。ところがそんな時流に反し、まだまだ、女性が働きづらいブラック企業があるようです。そんな一人の女性の職場の変化を追ってみたいと思います。

 

 

Aさんは、知的で行動力のある女性でした。でも時代は就職氷河期。マスコミ志望のAさんは、大手マスコミを目指すも、内定は決まらず、地方のとある企業に就職をしました。仕事ができるAさんには、次々と新規の仕事や徹夜で土日出勤とサービス残業とで、今では珍しい、女性が働きづらいブラック企業だったそうです。

 

 

女性の先輩達は、そんな職場を早く辞めてしまうので、Aさんは32歳で役職が付いてますが女性の中では最年長だそうです。他から見たらAさんの名刺には肩書きがいくつもあるので出世した感じに思えたそうです。

 

 

Aさんがいうには「違うの。最初は広報で採用されたはずが、やることが増えて、広報・企画・営業・事務・・・って、肩書きが増えただけ。役職もお飾りだよ」と・・・それでも、仕事が好きのAさんは学生時代からお付き合いしていた彼氏と、結婚をしても、不規則な生活の中頑張ったそうです。

 

 

後輩の女性達は、Aさん以外の辞めていく先輩から、職場の働きづらさに気づいていた様子で、連日、合コンを開催していたそうです。

 

 

出産後復帰した前例はない

 

 

結婚生活よりも仕事を優先して、頑張ってきたAさんは、浮ついた後輩達と度々衝突したそうです。「Aさんみたいに仕事にしがみつきたくない、残業も休日出勤もしたくないです!」と厳しいことを言われたそうです。そんな中、Aさんが第一子を妊娠・・・

 

 

女性社員が、結婚や出産を機に、仕事を辞めてしまうので、産休育休や時短勤務の制度は前例がなく、それでもAさんは、妊娠が分かった直後から会社に働きかけ、産休育休を取得したそうです。Aさんの子供の保育園が決まった時、思いがけない言葉が待っていたそうです。

 

 

「いっそ仕事を辞めてしまおうか」
 

「出産前と同じポジションで、仕事ができるとは思わないでくれ」と上司の厳しい一言に、Aさんは冷や水を浴びせられた気持ちに耐えながら、それでも時短勤務を申請したそうです。昇級試験を受けたいと言っても「資格がない」といわれ「仕事復帰したとしても、戦力外。かわりに新人を補給して欲しい」と!

 

 

Aさんの心も、さすがに折れてしまい、「なんのために働くのだろう。我が子を預けてまで、こんな思いをするのなら、いっそ仕事を辞めてしまおうか」と思いかけた時に・・・

 

 

後輩達数名の思いもしない行動

 

 

「私みたいになりたくないって、言っていたのに・・・。」なぜ?

 

「女性達が働きやすい!職場環境を改善して欲しい!」と会社に訴えたそうです。いままで機能していなかった労働組合が、上司のマタハラ発言を問題視したそうです。驚いたAさんは、一番反りが合わなかった後輩に尋ねたそうです。

 

 

「私の下では働きたくない。私みたいになりたくないって、言っていたのに・・・。今になってどうして?」後輩は「Aさんが産休でいない間、どれだけAさんに助けられていたか、実感しました。これは、私だけではなく、後輩みんなの意見です。」

 

 

「もしAさんが、この会社で働くママのパイオニアとして頑張ってくれたら、私達も仕事を続けられる。応援します!」 春から、Aさんの職場では、労働環境の大幅な見直しが行われるそうです。後輩達とAさんの気持ちが一つになって勝ち得た権利の証をみたような気がします。

引用元Yahooニュース

 

 

 


 

 

日本は未だに妊娠を機に、約6割の女性が仕事を辞めているそうです。女性は誰でも妊娠する可能性を秘めています。一人の女性がマタハラ被害に遭っているのを目にした時、それを見ている女性達にも感染し、いずれ自分にもふりかかってくる可能性があると黙って辞めてしまうようです。以前の職場では出産しても皆さん復職して頑張って働いていたので、マタハラには無縁のような職場でした。少子化が叫ばれている今、働くママさんを応援しています。

(キュレーター:remon)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

こころカテゴリの最新記事