「iPhoneの画面を割る人」ってだあれ?

iPhone人気は凄いですね。知り合いはiPhoneを使ったらAndroidは使えないといいます。操作性からしてiPhoneは真ん中のボタンで操作できるのに、Androidは機種ごとにボタンの配置が違うようです。そんなiPhoneユーザーおなじみのお悩みである画面割れですが、どんなときに画面が割れてしまうのでしょうか。「当たり前」を見直すことで、事故を防げるかもしれません。ポイントはどこに・・・

 

 

「iPhoneの画面を割る人」

 

 

①:カバーを付けていない

「カバーなしでの使用」理由は「気に入るカバーがない」・「画面を保護するガラスフィルムがない」・「カバーをしていたけど、打ち所が悪くて隅が割れてしまった」なると、落としたときのリスクは高めです。

 

 

②:「歩きスマホ」をよくする

画面割れの大きな原因の1つです。駅のホームなど人混みで事故が起こりやすいのがながら歩きです。ながら歩きスマホは、注意が散漫の典型的。端末を落として画面がバキバキに。

 

 

③:服のポケットにしまう

上着やズボンのポケットに端末を入れて、前にかがんだときにポロリと落下するなど、トイレの床に落とすことも少なくありません。欠点は取り出しやすいがしかし、飛び出しやすいことです。ズボンの後ろポケットは要注意です。お尻の下に!

 

 

④:バッグの外ポケットにしまう

急いでいる時など、カバンでも「外ポケットに入れている」とちょっとした拍子に落としてしまうことがあります。これもカバンの中にiPhoneを入れるだけで十分防げますよ。

 

 

⑤:iPhoneを雑に扱う

大事に扱う意識が大切です。誰でも最初は大事に扱おうと思っていますが、だんだんと雑に扱いがちです。そんな時うっかり端末を落とす機会も増えてしまいます。

 

 

歩きながらカバンの中から端末を取り出したり、歩きスマホをしてしまったりと、なんと不思議なことに、1度画面を割った人は何度も同じ経験をしてしまうそうです。

 

 

知りたい! iPhoneの強度!

 

 

 

強度が高いアルミ素材

 

アルミ素材「7000シリーズアルミニウム」のお陰で、iPhone 6/6s Plusの強度は格段とUPしたそうです。液晶ガラスも特殊な製法の強化ガラスが使用されているので、かなり強度がUPしているそうです。公式ページにも、「スマートフォン業界の中で最も丈夫なガラスが生まれた」と記載してあるそうです。

 

 

保護フィルムやガラスフィルムも、日々進化して強度をUPしていますが、ガラスフィルムにも欠点はありますので、普通の保護フィルムを貼ってるだけでも、強度はUPしますので、ぜひ貼るようにしましょうホームボタンやカメラの部分も忘れず保護シールを貼りましょう。

 

 

カバーやケースも、強度の高いものが増えています。落下した時のクッション効果が期待できそうです。うっかり手が滑って液晶画面の方が地面を向いてしまったとしても、頑丈なケースで守られていれば、被害はある程度防げると思います。通常は1年間しか保証期間がありません。

 

 

iPhone本体の保証期間

 

 

通常:1年
延長保証プランAppleCare+ for iphone 加入の場合:2年

 

 

Apple Care+に加入しているかどうか定かでない場合は、Appleのサポートページでシリアルナンバーを入力すれば加入状態が確認できます。iPhoneのシリアルナンバーは、「設定」アプリから「一般」→「情報」を開くと確認できます。

引用元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170304-00000003-zdn_m-sci

 

 

 


 

 

私は、水の中へ水没させたことがあります。メチャクチャ焦りました。その時本体から電池を抜いて暫く乾燥させましたがガラスが曇ってしまい、写真も撮れません。その時ネットで検索したらまる一昼夜お風呂場乾燥機の中で乾燥させると正常に戻るとのコメントがあり、藁にもすがる思いで実行しました。翌日写真もどうにか撮れるようになり安心して、使っておりましたら、数年後水没が原因で急に使用できなくなった経緯があります。落下&水没には要注意でね(涙)

(キュレーター:remon)

 

最新情報をチェック!