飼い犬が乳児を噛んで・・・なぜ?防げる?

飼い犬が乳児を噛んで・・・なぜ?防げる?

 

先日のニュースで、祖父母の飼っていたゴールデンレトリバーが、生後10カ月の孫娘を噛んで亡くしてしまったという悲劇の事故は記憶に新しいですね。人間と家族同様に接してきた性格の優しい犬でも、人に噛みついたりすることがあるのでしょうか。どうすれば防げたのでしょうか。

 

 

飼い犬が乳児を噛んで・・・

 


3月9日、東京都内の住宅街にある民家で、祖父母と生後10カ月の孫娘が床で遊んでいたところ、飼い犬のゴールデンレトリバー(4歳オス、体重約37キロ)が突然女児の頭に噛みつきました。室内にケージはあったものの、普段から放し飼いでした。女児は何度も祖父母宅に来ており、飼い犬と初めて接したわけではなかったそうです。

この犬を生後3カ月から飼っていた祖父母は警察にこう説明しました。「吠えたり噛んだりすることのなかった、臆病でおとなしい犬」。近所の人も「しっかりしつけられ、トラブルはなかった。」と口をそろえて言われました。

そんな、おおむね評判のいいゴールデンレトリバーは英国原産。性格は温和で、古くは狩りで撃ち落とした鳥類をくわえて運ぶ「鳥猟犬」でした。利口で人と行動することを好むため、警察犬や介助犬、災害救助犬として活躍することが多い犬種です。

 

 

犬の口元に「口輪」を
 
 
 

犬はなぜ、いきなり女児を噛んだのでしょうか。犬が噛みつくのは、主に怖い時、不快感がある時、何かを制止したい時だといわれます。亡くなった女児は最近、ハイハイを始めたばかりだったそうで、「ゴールデンレトリバーが赤ちゃんをかんだというのはほとんど聞いたことがないが、人が何とも思わない行動でも犬がどう受けとめるのかはわかりません。予期しないこともあると理解して、乳児と一緒のときは目を離さないようにしてほしいですね。

この他にも別の理由も考えられます。赤ちゃんのミルクの匂いを食べ物と勘違いした可能性もあるかもしれません。小さな体は獲物と認識しやすく、しつけられていても犬の本能が働くことがあります。たとえ小型犬であっても、部屋の中で赤ちゃんと犬のみにするのは危険だと専門家は指摘します。

室内で放し飼いされている犬は多いですが、小さな子どもがいる場合は、口元を覆う「バスケットマズル」という犬用の口輪をお薦めします。口輪には、ほえないよう強く固定するものもありますが、バスケットマズルは籠(かご)状で、比較的空間が確保されています。見た目がかわいそうという飼い主もいますが、犬に特別ストレスはないようです。ほえることもでき、慣れれば首輪と同じです。

 

 

小型犬でもリスクはあります
 
 
 

2015年度の環境省による報告では、犬のかみつき事故は全国で4373件ありました。野犬による被害が減る一方で、飼い犬による事故が95%以上を占めています。被害者の状況別で最も多いのは「通行中」。それに「配達、訪問などの際」が続きます。同省動物愛護管理室は「大型犬でも小型犬でも、どんな種類であろうと噛みつきのリスクはあります。『うちの犬は大丈夫』と過信しないでほしい」と呼びかけています。

引用元 Yahoo!ニュース

 

 

 


環境省によると、2015年度の犬による咬傷事故4373件の内、人が咬まれて死亡したケースは2件。発生件数そのものは減少傾向にあるものの、咬傷事故は08年以降、毎年4000件以上起きているそうです。癒しを与えてくれる大切な “家族” の犬であっても、この現実の数字を理解してぜひ、対策をとりましょう。万一としても事故が起きた場合、噛んだ方の犬もかわいそうなことにならないように。
(キュレーター:SILVIA)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
SILVIA

SILVIA

夫と2男子の4人家族。昼は会社でワーキングレディ、夜は学びを求めてネットの住人。好きな作家は池波正太郎。好きな作品は「鬼平犯科帳」。勧善懲悪で今日もスッキリ!

こころカテゴリの最新記事