生活習慣とお金の関係

生活習慣とお金の関係
トイレが汚いと破産する?!

 

2016年に自己破産した人が13年ぶりに増加したと最高裁速報値の結果で出たとの事ですが、意外にも「生活習慣」と「お金」は密接な繋がりがあるようです。家計赤字となる原因は「住宅ローン」「安月給」「食費」「教育費」「保険や年金」「通信費」「医療費」「車関係」「借金」「夫の小遣い」「妻の小遣い」等。

 

収入が減少したなどの問題もありますが、赤字や破産する人の生活習慣は、部屋が汚かったりきれいに管理することができない人に多いようです。それはお金の管理にもつながり収入支出の把握ができなかったりまた遅刻が多い等、時間にルーズな人はお金にもルーズです。

 

破産する人に多いタイプは「見栄っ張り型」「心の隙間型」「多忙型」「その場しのぎ型」「ゆるゆる型」「自己流カルト型」があります。家に帰ったらなんとなくテレビをつける人、用もないけどコンビニによってみる人、賞味期限切れの調味料が冷蔵庫にある人は要注意です。早いうちに自覚をし、破産という状態になる前に手を打ちましょう。

 

引用元:https://goo.gl/j2WuN7

 

 

アラフォー貧困になるキッカケとは?

 

色んな意味で30代では取り返しがつくことでも、40代になると厳しい状況になってくることが多いようです。体を壊したり、転職も思うようにいかなかったり、40歳過ぎて7~8人に1人は生活苦とも言われています。生活苦になってしまう人の共通点の多くは「臨時出費用の貯金をしていない」ということです。

 

30代で「いつか金持ちの旦那を捕まえるから大丈夫」と考えている人。「給料めいっぱのローンを組んでいる」という人がいたら注意です。転職も繰り返すことで年収が下がっていくなんて場合も無きにしもあらず。年齢が上がれば条件は悪くなる可能性もあるということも頭に入れておきましょう。

 

他にも共通するのが「プチ浪費癖」もチリも積もれば…あの時浪費しなきゃよかったと7割の人が思うようです。また突然降りかかるのが「病気」や「リストラ」「離別」等も自分だけでなく夫にも可能性のある話。教育費もかかるものではなく、親がかけてまうという親の問題なんだそうです。家を買うときはローンを年収の2割以下にしてボーナス払いも設定しないなど、今後収入が上がらない前提で買うことが重要のようです。

 

引用元:https://goo.gl/aO2ptc

 

 

 

「今の私を見せたくない」孤立する貧困女性たち

 

単身女性の中では3人に1人が貧困状態という調査結果もある今の日本。友人には見られたくないと自らが孤立してしまい人間関係を切ってしまう人もいるのだとか。そうなってはますます支援からも遠のいてしまいます。

 

母子支援が優先され単身女性だと支援策が少ないという現状もあり、生活保護や体を売る貧困女性が多い事にも繋がっているように思われます。日本の大問題である「女性の貧困」ですが、生活が苦しくなったときは一人で悩まずに、自治体やNPOなどに相談してみる事をお勧めします。

 

引用元:https://goo.gl/SWc07j

 

 

 


同じ日本で20年も違うとこうも時代が違うのかと驚いてしまいます。景気は回復してきているかに思いますが、まだまだ庶民の生活は厳しい状態です。そうはいっても時代のせいだけにせず、自分自身正しい経済観念をもちしっかり自己管理していくことが重要です。良いといわれることはやってみましょう!まずはトイレをピカピカにすることからかな(笑)
(キュレーター:rikako)

 

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
RIKAKO

RIKAKO

父母と弟2人の5人家族の長女として育つ。素はおっとりのんびりのマイペースだが、父親譲りの短気さと、母親譲りのサバサバした性格と、長女ゆえの真面目さ正義感の強さが混ざった複雑な性格。だってAB型だしね(^_^;)周りからは「天然」と言われていたが、保険会社に勤めてから天然が治った?と言われるようになる。しっかり者で、できる女とみられがちだが果たしてどうだか。

ガールズカテゴリの最新記事