巨大災害のデマ・うわさ拡散~SNSの情報は正しく、誠実に~

宮城・福島の津波警報でデマ 東日本大震災の写真使い「津波やべええええええ」

11-23-01

11月22日5時59分、福島県沖を震源とする地震があった。TwitterなどのSNSで共有される情報には、今回もデマが紛れている。

たとえば、7時41分、「津波やべええええええ!!!!」という文言とともに投稿された写真。

実際には、東日本大震災時に撮影された福島第2原発1号機南側の様子だ。東京電力の提供写真として、過去に毎日新聞や日経新聞などに掲載されている。

災害時には、こうした過去の写真を使ったデマや、情報源の示されていない「憶測」「うわさ」が多く出回る。

4月に発生した熊本地震の際には、「動物園からライオンが放たれた」というデマが流れた。この情報を流した男性は、後に熊本県警に偽計業務妨害の疑いで逮捕されている。「冗談だった」では済まされないのだ。

情報の正確性を確かめるために

SNSで目にした情報が正しいかどうかを判断するには、どうすべきか。

まずは、それが信頼できる情報源(行政、公共機関、報道機関など)に基づいたものかを確かめるとよい。

またTwitterであれば、情報を発信したアカウントが、普段どのような投稿をしているかを確かめることも判断の助けになる。

根拠のない情報は鵜呑みにせず、拡散しないことが大切だ。

引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161122-00010003-bfj-sci

 


 

熊本地震でツイッター発信を続けた市長 その目的は災害時の「デマ潰し」だった

発生から半年を迎えた熊本地震。発災時、ツイッターで自ら情報発信をし続けた首長がいる。大西一史・熊本市長だ。

 

普段からツイッターをよく利用していた大西市長。震災当日から連日、水道の漏水状況などのライフライン情報、ボランティアの募集情報など、幅広い内容を伝えてきた。

 

この連日のツイートは話題を呼び、フォロワーは1カ月の間で一気に3万人以上増加した。

11-23-02

 

では、災害が起きたときに「行政情報」の発信を始めた目的は何か。

「一人でも多くの人に正確な情報を伝えるためにどういうやり方があるかと考えた結果です。一人ひとりがスマホやパソコンで情報を入手される時代になったなかで、ツイッターは非常に拡散力がある」

正確な情報をスピーディーに、市民の手元に届けるため。そして、もう一つの目的が、災害時にネットで拡散する「デマ」の防止だ。

「匿名のSNSでは、正しい情報とそうではない情報が交錯します。そこで行政のトップが責任ある発言するのは大切なことだと考えています」

「地震などの災害時にはデマが広まりやすい。いちいちそれぞれに対応するのではなく、『熊本市として公式な、正確な情報はここに載っていますよ』と呼びかけることが目的でした」

ちなみに、「おいふざけんな、地震のせいで うちの近くの動物園からライオン放たれたんだが 熊本」というデマをつぶやいた男性は、その後熊本県警に偽計業務妨害の疑いで逮捕された。

「市民の方たちが復興に向けて前向きに頑張る気持ちになっていけるよう、行政として一丸となって取り組んでいきたい」

熊本の復興は、これから始まる。

引用元 https://www.buzzfeed.com/kotahatachi/how-to-use-twitter?utm_term=.rr9Y51Plz#.gc0Eo3Yq1

 


 

巨大災害のデマ・うわさ拡散 93年前の教訓に、今こそ学ぶ

1度は「過去のもの」となった関東大震災

11-23-03

関東大震災直後の銀座 (東京)

 

 

災害時、うわさをゼロにできるのか?

そもそも、災害時に出回る「うわさ」をゼロにすることはできるのか。

「うわさというのは、インフルエンザのようなもので、どこからともなく広がり、いつの間にか収束していくところに特徴があります。そして、災害後に出回るうわさは、すでにパターン化されています」

「例えば、先ほど事例にあげた窃盗団がでるといったもの、何月何日にまた地震がやってくるといったもの、マスメディアが報じていないけど物資が足りていない、有害物質を含んだ雨が降る……」

 

「うわさの特徴は否定できないことにある」

「パターン化できるのに、なぜ防げないのか。うわさの特徴は完全に否定できないことにあるからです。あやふやなものでも、もしかしたら……、万が一……、と思わせる」

「例えば、窃盗にしても、被災地でもゼロにはならない。平時にだって一定の頻度で発生するからです。問題は窃盗団なるものが本当にできて、本当に街中で活動しているのか、という点です。阪神・淡路大震災でも、東日本大震災でも、窃盗団が跋扈して、窃盗が増えたというデータはありません」

「否定の仕方も一歩間違えると、逆効果になります。国や公的機関に正しい情報発信を期待して、うわさを収めてもらおうというのは間違った見方です」

 

『うわさ』の裏側にある心理を学ぶ

11-23-04

「本当に有効なのは、過去の事例を分析して、『うわさ』の裏側にある人間の心理を学んでおくことです」

 

うわさを広げる「不安」「怒り」「善意」

うわさは「感情」の共有

「災害時のうわさは、不安が広がっているところに、情報が不足していると流れやすいとされてきました。しかし、情報不足ってマスコミが報道するとか、国が正確な情報を流せば解消するようなものではありません。その人にとって、欲しい情報があるかどうかが大事で、しかも、それが正確か不正確かは関係ないのです」

正確性よりも優先されてしまうものは、何なのか。

「うわさを広げる人は、そこに書かれた情報を信じてほしいというわけではなく、不安などの様々な感情を共有してほしいのです。さらに強く共有してほしいと思うようになるのが『怒り』です」

 

良かれと思ってやってしまう、「善意」の落とし穴

「善意」にも落とし穴がある。

「元々、インターネットというメディアの特徴として、善意と相性がいいということがあげられます。良かれと思って、シェアをする。人に伝えるということがやりやすいんですね」

「でも、本当にいいのか。東日本大震災でも、熊本の地震でも、『メディアは報じていない……』という枕詞をつけて、避難所に食料が行き届いていないという話が出回りましたよね。しかし、それを読んだ民間人が善意で駆けつけたところで、かえって混乱の原因になるというケースが続いています」

「事実かどうかわからない、結果的に間違っていても、万が一を考えて、ネットで出回った情報をシェアする。あまりにも多くの事例を見てきませんでしたか?災害時に浮き足立っていると、良かれと思って、シェアをしやすい、と自覚しておくこともまた大事だとおもうのです」

11-23-05

「不安」「怒り」「善意」……。私たちは感情に踊らされやすい。それは93年前の歴史からも、5年前の経験からも学べる教訓だ。

 

引用元 https://www.buzzfeed.com/satoruishido/bousai-0901-sekiya?utm_term=.lmrJk3Xmb#.keMm97rAV

 


 

東日本大震災の時、「放射能を含んだ黒い雨が降るから濡れないように」という連絡が回って来た。広島出身の友人から伝わってきたものだから余計に真実味があり、すぐに拡散させてしまった。災害時のSNSには有用で大切な情報も共有されるが、デマや風評も紛れている。それが善意によって更に拡散されてしまうのが避けられないのは本当に残念でならない。

≪キュレーター:SILVIA≫

 

最新情報をチェック!