救急車の賢い呼び方知ってる?

救急車の賢い呼び方知ってる?

 東京消防庁管内の2015年中の救急出動件数は75万9802件。救急業務がスタートした1936年以来、過去最高を記録した。全国では605万1168件で、こちらも過去最高だった。だが、実はこの数字には救急車の出動が必要ないケースが数多く含まれている。 医師の診断で軽症と判断されたのは52%にも及び、重症以上は8%に過ぎなかった。中には「眠れず誰かに話を聞いてほしい」や、「病院に行くタクシー代を節約」するために救急車を要請した例もあった。

 

%e6%95%91%e6%80%a5%e8%bb%8a

 

 こうした非常識な行為は言語道断だが、「救急車を呼ぶべきか、自力で病院に行くべきか、判断できない時は各自治体の関係機関が用意したシステムを積極的に活用するようにしてほしい」。東京消防庁の場合は、ウェブ上で「救急受診ガイド」を設置。パソコン、スマートフォン、携帯電話からつなぐことができる。案内に従いながら進めていくと、救急車を呼ぶべきかどうかの判断が示される。

 

 

看護師が対応する救急相談センター

 電話で#7119(ダイヤル回線からは23区03-3212-2323、多摩地区042-521-2323)にかければ、救急相談センターにつながり、救急相談看護師が対応。緊急性があると判断されれば、救急車を呼んでくれる。また、相談内容に適した医療機関の案内もしている。「問題は、こうしたシステムの存在が一般の人たちの間に浸透していない点です。

 

 

救急で迷った時の心得

(1)緊急性が高いと思ったら119番
(2)#7119では薬のことは聞けない
(3)トリアージに協力すべし
トリアージとは搬送の優先順位をつけること。救急隊員が緊急性はないと判断し自力受診を提案されたら、速やかに同意して、隊員の次の緊急出動に協力する意識を持とう。

引用元http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161108-00003667-besttimes-soci&p=1

________________________

全国主要自治体の救急救命システム

 救急車の出動件数が増え続け、各自治体は対策に追われている。#7119をいち早く導入したのは東京や大阪などの大都市圏だった。

東京都の場合「4段階のトリアージ」

(1)ウェブで自己診断
「救急受信ガイド」を開き、症状に関する質問に答えていく。

(2)迷ったら電話「#7119」へ
救急相談看護師が24時間体制で対応し、救急車が必要か判断。

(3)救急隊員による現場判断
隊員が見て明らかに緊急性が認められない場合、自力受診を促す。

(4)トリアージナースによる判断
患者を病院の看護師がトリアージ(選別)して優先順位を決める。

 

大阪市の場合「救急車出動を抑えるのに効果」
#7119(ダイヤル回線からは06-6582-7119)による急病時の相談窓口「救急安心センターおおさか」の2014年の利用状況を見ると、全着信件数は25万2530件。うち救急車を出動させたのは3798件(1.5%)に過ぎず、設置によって無駄な出動を抑える効果があったことがうかがわれる。

引用元http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161108-00003667-besttimes-soci&p=2

_______________________

ためらわず救急車を呼んでほしい症状 : 大人

%e6%95%91%e6%80%a5%e8%bb%8a%ef%bc%91

%e6%95%91%e6%80%a5%e8%bb%8a%ef%bc%92

 

ためらわず救急車を呼んでほしい症状 : 小児 (15歳未満)

%e6%95%91%e6%80%a5%e8%bb%8a%ef%bc%93

%e6%95%91%e6%80%a5%e8%bb%8a%ef%bc%94

 症状に緊急性がなくても、「交通手段がない」 「どこの病院に行けばよいかわからない」 「便利だから」 「困っているから 」 と 救急車を呼ぶ人がいます。 救急車や救急医療は限りある資源です。 いざというときの皆さん自身の安心のために、救急医療の受診について考えてみませんか。

引用元http://www.fdma.go.jp/html/life/kyuukyuusya_manual/pdf/2011/japanese.pdf#page=4

__________________________

  近年、救急車の出動件数・搬送人員数はともに増えている。また、救急車で搬送された人の約半数が入院を必要としない軽症という現状もある。クリニックで医師が判断した場合は緊急性があり、場合によっては医師や看護師が同乗したりする。でも症状に緊急性がなくても、「交通手段がない」 「どこの病院に行けばよいかわからない」 「便利だから」「困っているから 」 と 救急車を呼ぶ人がいるそうだ。救急車は限りある資源なのできちんと学ぶ機会が必要だと感じた。
 
(キュレーター:remon) 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

暮らしカテゴリの最新記事