子どもの自立心はどうやって育つ?

子どもの自立心はどうやって育つ?

自立の第1歩。お手伝いをする子ほど、大人になってから社会貢献意欲が高くなる

お手伝いは、子どもが初めてする仕事。お手伝いを通して子どもが学ぶのは、自分に与えられたことを最後までやり抜く責任感と達成感、そして誰かの役に立てたという貢献心です。お手伝いをする子ほど、大人になってから社会貢献意欲が高くなるとも言われています。どんどんやらせてあげたいものですね。とはいえ、毎日が忙しいお母さんにとっては、子どものペースに合わせる余裕はなかなかないのですよね。

 

初めてのお手伝いは自立の第1歩。ちょっと手間がかかるけどやらせてあげよう

4歳の女の子と8か月の男の子がいるママも、理想の子育てを実践しようと日々頑張っています。食育のためにと、4歳の子と一緒にごはんを作ることもあるそう。ただ、子どもに手伝わせると、どうしても時間がかかります。途中で下の子がぐずり始めて、「ごめんね、もういいわ」と、中断することもしばしば。「まだやりたい!」と泣きだす子どもに、「やらせてあげたい」けど・・・「もう、やめて!」。そんな気持ちに板ばさみになっていらだってしまうこともあるそう。

 

お手伝いでは「ありがとう。助かったわ」と優しさを受けとめ感謝の言葉で返す

一緒にごはんを作りたがったら、「にんじんを洗ってね」「玉ねぎの皮をむいてくれる?」と、短時間で子どもが最後までやり通せる作業をさせましょう。テーブルを拭いたり、炊飯器のスイッチを入れたりお母さんの負担が少ないお手伝いで代替させてもOKです。
そして、子どもがきちんとやり遂げたら、「ありがとう。助かったわ!」と、感謝の気持ちを必ず伝えてあげてください。優しさは感謝に変わるのだと学びます。

 

幸せな子にしたければ「幸せを感じる心」を育てよう

「あれもこれもしてあげたい」と、お母さんが子育てに理想を持てるのは、子どもが健康で大きな問題もなく育っている証拠。普段は当たり前に感じていますが、子どもと元気に過ごせる毎日って、実はとても幸せなことですよね。出来ないことはいさぎよく諦めて、できることの幸せを子どもに伝えてあげましょう。“いま”に感謝し、幸せを感じられる子どもに育ちます。子どもの貢献心も1成長、ママの対応力も1成長。「ありがとう。助かったわ」と優しさを受けとめ感謝の言葉で返してあげましょう。

引用元:http://spotlight-media.jp/article/327479437012681064?utm_source=spotlight&utm_medium=referral&utm_campaign=top_page

_________________

子どもの自立心も育てる!「手づかみ食べ」は赤ちゃんにとって大事な行為だった

 

%e5%ad%90%e3%81%a9%e3%82%82%e3%81%ae%e6%89%8b%e3%81%a5%e3%81%8b%e3%81%bf

生後5~6ヶ月の頃から始めた離乳食も、9ヶ月を過ぎた頃になると少しずつ固形物も慣れ始め、自分でも食べてみたいと言う気持ちが現れ始め、手で食べ物を掴み、食べるしぐさを見せます。この頃から「手づかみ食べ」が始まります。親にとっては、少し大変な時期かもしれませんが、この「手づかみ食べ」は子供の成長の中で非常に大切なことなのです。そこで今回は、赤ちゃんの「手づかみ食べ」に焦点を当て、考えていきたいと思います。

 

手づかみ食べの大切さ

目で食物を見て、その固さを確かめる。手で固さや温度を知り、どのくらいの力を入れればそれがつぶれるのか考える。そして、食べこぼしたり、口の中に入れすぎたり、失敗を繰り返しながら自分が一口で食べられる量を考え、調整することを覚えます。これは、人間が生きていくうえで基本となる行為です。そして、「手づかみ食べ」を通して、口と手を協調できるようになり、食器・食具が上手になっていくのです。また、この時期は「自分でやりたい」と言う欲求が出てくる時でもあります。「自分で食べる」機能を即す観点だけでなく、「自立心を育てる」ためにも、「手づかみ食べ」はとても重要なことだと言えるでしょう。

 
 
 
 

1歳から1歳半くらいになると「遊び食べ」を始めるお子さんもいます。
しかし、遊び食べというのは、赤ちゃんが食べる意欲を見せ始めてきた証でもあります。なるべく好きに遊ばせてあげるようにしましょう。ただし、徐々に躾も大切になる頃です。
ある程度遊ばせたら、「りんごさん、かわいそうだよ。お口でアーンしてみようか」などと、声をかけてあげると良いでしょう。ここでは、赤ちゃんが食事を嫌いにならないよう、頭ごなしに叱らないことが重要です。

引用元:http://spotlight-media.jp/article/240694052004350217?utm_source=spotlight&utm_medium=referral&utm_campaign=search_result_page

__________________

 

子供とのスキンシップを増やした方がいい理由5つ!スキンシップが子供の将来を変える

スキンシップで、子どもの自立が早くなります。

ママに愛されているから少し離れても大丈夫だと安心できるんです。スキンシップが十分の子供は、愛されているから大丈夫だと思います。スキンシップで十分な愛情を与えられることで心が満たされ安心感を得られたこどもは、親から離れて一歩踏み出す勇気を持てるんだそうです。もし、なかなか子供が自立しようとしないのであれば、スキンシップが不足しているのかもしれません。スキンシップ不足により、外に足を踏み出す勇気を持てないのです。

コミュニケーション能力が上がる

スキンシップで、子供のコミュニケーション能力が上がります。

他人と親しくなるのはたやすく、他人に頼ったり他人に頼られたりするのが好き。自分に自信を持ち、他人のことを信頼して親しくなることが容易になる子供は友達を作ることが得意になります。そして、友達とはギブアンドテイクの関係を楽しむことができます。オープンマインドの子供に成長します。一方、スキンシップが足りないと、自分に自信が持てず、他人に対しても疑り深くなります。「こんな自分を愛してくれるなんて、おかしいのではないか?」とさえ思ってしまいます。警戒心が強く、他人に心を閉ざし、内にこもりがちになってしまいます。

 
「絆ホルモン」が分泌される

スキンシップで、オキシトシンがたくさん分泌されます。

スキンシップは『絆ホルモン』とも呼ばれるオキシトシンの分泌を増やします。このホルモンは、子供の情緒の安定に欠かせないものです。子どもの情緒の安定や社会生活には欠かせないものだということが分かっています。したがって、スキンシップが多ければ、情緒の安定した子供になります。スキンシップが多いほど、癇癪を起さない、落ち着いているオキシトシンは、ママにとっても良いホルモンです。子供とスキンシップをとったとき、温かい気持ちになったことはありませんか?それは、オキシトシンの効果です。ママのストレス解消にもなるのです。

 

将来の年収に差が出る

スキンシップの多寡は、子供の将来の年収に影響を与えます。

対人関係の第一歩は母親との関係と言います研究ではなんと、年収ベースで890万円の差が出たそうです。

幼少期に母親と暖かい関係を築けていた男性は、そうでない男性と比べ、なんと年収が平均8万7千ドル(約890万円)も高いそうです。これは、人間関係を築くスキル、コミュニケーション能力と関係がありそうです。スキンシップが十分だった子供は、コミュニケーション能力が高く、友達が多くなります。その結果、人脈が豊富になるという傾向があります。人脈は成功のための鍵(無形の財産)ですので、人脈が豊富であれば、成功する可能性も高くなります。その結果、年収に大きな差が出るのだと思います。

 

女の子は「男を見る目」が養われる

女の子は、父親とのスキンシップが大事です。

女の子の場合は、父親との関係が恋愛に影響を与えます。父親とのスキンシップで、男性を見る目が養われるのです。女の子の場合、乳幼児期から父親が愛情を持ってスキンシップをすることで男性を見る目が養われるという説があります。父親とのスキンシップの経験から、「愛情があって触れてくる男性と、そうではない男性とを区別できるようになる」そうです。ダメ男とばかり付き合ってしまう…という女性がいますね。もしかすると、その女性は、父親とのスキンシップが足りなかったのかもしれません。娘の(将来の)男性関係が心配だというパパは、今のうちに娘とスキンシップをしっかりとりましょう。将来に禍根を残さないようにしてくださいね。

引用元:http://spotlight-media.jp/article/221863539626888119?utm_source=spotlight&utm_medium=referral&utm_campaign=search_result_page

__________________

 子どもの自立って親の愛情をたっぷり受けていれば

自然に身についていくものなんですね。

「自分は愛されてる」「自分は大丈夫」という

自信や安心感、この気持ちが必要なんですね。

これを教えなきゃ、あれをやらせなきゃと焦ることもなく

親が愛をもって接していれば子供はちゃんと受け止めてる。

確かに日本ではスキンシップが乏しいように思いますが

子どものためにもママのためにもたくさん抱きしめて

あげてくださいね。(キュレーター:rikako)

 
 
 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
RIKAKO

RIKAKO

父母と弟2人の5人家族の長女として育つ。素はおっとりのんびりのマイペースだが、父親譲りの短気さと、母親譲りのサバサバした性格と、長女ゆえの真面目さ正義感の強さが混ざった複雑な性格。だってAB型だしね(^_^;)周りからは「天然」と言われていたが、保険会社に勤めてから天然が治った?と言われるようになる。しっかり者で、できる女とみられがちだが果たしてどうだか。

こころカテゴリの最新記事