“意識高い系女子”のリア充ライフ?

“意識高い系女子”のリア充ライフ?

 

SNSで毎日の満ち足りた生活ぶりを「発信」して楽しんでいる女性のみなさん。今日はちょっとご自分を外から眺めてみませんか?もしかしたら、知らないうちに貴女もこんな風に男性諸氏から見られているかもしれませんよ。充実した生活を追求する女性は、「意識高い系女子」「キラキラ女子」と呼ばれているそうです。

 

 

まずは独身OLの SNS から

 

 

ヨガの帰りに、カフェに寄るのが定番。ラテアートの写真をフェイスブックに載せるんです。(29歳・保険会社勤務OL)
・・・とニッコリ。勤め帰りのオジサンなら、居酒屋のウマい肴に感激してパチリとやる感覚でしょうか。キラキラのエフェクトまで入れてあったりします。

休日の朝はカフェでアサイーボウルとか。一時期はガラス瓶に野菜や果物を入れて 『今日のメイソンジャーサラダ』 を毎日SNSに載せてました。(31歳・メーカー勤務OL)
・・・と、おしゃれでヘルシーな野菜生活に力を入れています。

 

ナイスな朝食で体にビタミンやミネラルをチャージしたら、
朝活やいろいろなセミナーに通って『自分を高めてくれる出会いに感謝』っていつも書いてます。(27歳・看護師)
・・・と自分を磨く。二日酔いなんて無縁のようですね~。

 

 

奥さま編はこんな感じ

 

 

コーヒー好きの『ダンナさま』のためにオーガニックコーヒーを遠くまで買いに行ったり、フレンチの料理教室やお花の教室に行ったりしてます。(30歳・販売員)
・・・なのだそうですが、毎日の食卓に豪華な花が飾られ、三度の食事がフレンチではちょっと落ち着きませんね。

そこまで気合を入れるのは、明らかに周りへの「自慢」でしょう。意識高い系に共通するのは、「生活ぶりをSNSで拡散」しているというところです。女性心理に詳しい編集・ライターの島影真奈美さんは、こう分析します。

「彼女たちは基本、頑張り屋さんなんです。承認欲求が強く、自己肯定感が低いのが特徴。それでも『充実した私』をつくろうと日々努力して、前向きな私を見せる。SNSにアップするのは充実感を実感すると同時に、『みんなと同じ』であるためには、これぐらいやっておかなきゃという心理が働くケースも少なくないようです。」

意識高い系女子は、他人の評価で自分を評価する傾向が強いからこそ、周りに承認してもらうべくSNSなどで生活ぶりをアピールします。あくまで基準は自分なのです。ラテアートもアサイーボウルも、自分を慰めるモノでしかないらしく、周りではなく自分に意識を向ける女性が、意識高い系女子なのです。

 

 

そんな女性に対してはどう接する?

 

 

くだらないと思っていても、余計なツッコミは禁物です。場の空気を凍らせ、男性の場合は周りの女性からの評価も下げてしまいます。『なんか、いいね』くらいの軽い乗りでいいので、とりあえず褒めるのが無難です。褒め過ぎると、“常に高レベルを求める面倒な男”と思われかねません。女性の場合も、うまく空気を読んで当たらずさわらず本人を傷つけないよう配慮しましょう。
ほどよく肯定して流すのが難しければ、見ざる、聞かざる、言わざるでしょうか?

引用元 Yahoo!ニュース

 

 

 


楽しかったこと、嬉しかったこと、美味しかったこと、感動したことなどって、誰かに 「ねえねえ、見てみて!」 と、聞いてもらいたくなりますよね。今はスマホで写真に撮ったら、その場からすぐにでも Instagram や Facebook などの SNS で、世界中の “友だち” に見てもらえる時代です。「発信」する方は楽しくて仕方なくても、毎日のようにそれが届いたら受け取る側はどうでしょう?だんだんとハナについてくるかもしれません。日記代わりにしているのなら、プライバシー設定で自分だけに送る機能を使われるのはいかがでしょうか。

(キュレーター:SILVIA)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
SILVIA

SILVIA

夫と2男子の4人家族。昼は会社でワーキングレディ、夜は学びを求めてネットの住人。好きな作家は池波正太郎。好きな作品は「鬼平犯科帳」。勧善懲悪で今日もスッキリ!

こころカテゴリの最新記事