【いいね!】日本酒に魅せられて日本酒を知る

【いいね!】日本酒に魅せられて日本酒を知る

 日本酒は、長い間、親しまれてきた日本酒の級別制度(特級・一級・二級)は平成四年(1992年)3月31日で廃止されました。今はその製造方法や原材料によって分類する「清酒の製造品質表示基準」による特定名称酒と、広く一般に愛飲されている日本酒があります。特定名称酒には三種類あり、また、製造上の特徴からも分類できます。日本酒(清酒)は酒税法という法律で製法を定められています。酒税法では「米、米麹と水とを原料として発酵させて、こしたもの」と定義されています。

特定名称酒による三種類の分類

吟醸酒

精米歩合60%以下の白米と米こうじ及び水、またはこれらと醸造アルコールを原料として吟味して造ったお酒で、固有の香味及び色沢が良好なものです。低温でゆっくり発酵させ、ていねいに造ります。(吟醸造り)フルーティーな吟醸香と淡麗な味わいが特徴です。

純米酒

精米歩合70%以下の白米と米こうじ及び水だけを原料として造ったお酒で、香味及び色沢が良好なものです。文字通り、お米だけで造られたお酒です。米のうまみを生かした風味が特徴です。

本醸造酒

精米歩合70%以下の白米と米こうじ、醸造アルコール及び水を原料として造ったお酒で、香味及び色沢が良好なものです。すっきりとした味わいが特徴です。 

生酒

 清酒の製造工程では、貯蔵前と瓶詰め前のそれぞれ一回づつ計二回、加熱殺菌(火入れ)を行いますが、生酒は一切、火入れをしません。酵母や酵素が生きていて、しぼりたてのフレッシュな味と華やかな香りが特徴です。
 

生貯蔵酒

製製成後火入れをせずに低温で貯蔵熟成をして、出荷時に一度だけ熱処理したお酒。

しぼりたて・新酒

しぼったばかりのお酒をすぐ出荷する商品。フレッシュでフルーティな香味が楽しめ、旬の日本酒を味わえます。その年の1号もろみは「初しぼり」と呼ばれています。

冷卸(ひやおろし)

秋に一夏熟成させた新酒を貯蔵桶からそのまま樽詰めしたもの。現在では出荷の時に加熱処理をせずにビン詰めしたものを言います。 

樽酒

木製の樽で貯蔵し、杉の樽に貯蔵することによって、杉の香りが移った特有の風味を持ったお酒をビンに詰め替えたもの。

原酒

できあがった酒に加水せず、アルコール度数を落とさないもの。貯蔵中の酒のほとんどがこの状態です。

にごり酒

もろみの中の蒸し米や麹の粒をい細かく砕き、目の荒い布などでこしたにごった状態の酒。加熱殺菌していない生酒が多く、発酵過程の炭酸が残っているため、活性化した酵母菌のみずみずしい味がします。

古酒・長期熟成酒

広義には酒造期に新酒ができた時点で、その前年度の酒はすべて古酒となるが、一般的には長期間、貯蔵させていたものをいいます。熟成させることによって香りが落ち着き、風味にもまろやかさが増します。三年以上貯蔵したものを「長期間貯蔵酒」、五年以上のものを「秘蔵酒」といいます。

引用元http://sake.kokaratu.com/nihonsyu-01siru/01siru-02syurui01.html

_________________________

日本酒の知識

日本酒の賞味期限を知っていますか?
賞味期限と聞けば、この期間までに飲みきらなければいけない日付と誤解しがちですね。そういった視点でみれば、日本酒に賞味期限はないそうです。たとえ数年経過しても飲めるそうです。まったく問題はないそうです。ただ、美味しく飲めるか?と聞かれればその保存方法によってまったく変わってきます。通常、日本酒の場合、1年が目安になります。ただし、生酒や生貯蔵酒などの場合はその期間はもっと短くなって、3ヶ月から半年が目安になるのではないでしょうか。生酒や絞りたてのお酒などは冷蔵庫で保管することをおすすめします。
 

ひやおろしとは

ひやおろしとは寒さも厳しい真冬に仕込まれたお酒を春先にしぼり寝かせたお酒で、外気の温度が蔵に貯蔵されたお酒の温度と同じになる秋に出荷されるものをいいます。 秋の旬のお酒として江戸時代より楽しまれてきました。

寒造りとは

寒造りとは酒造りに最も適した寒い季節の11月頃から2月頃までに酒造りをすることをいいます。その時期に造られたお酒は「寒酒」と呼ばれていました。 

生一本とは

生酒かと勘違いしてしまいますが、実は自家醸造した純米酒のことをいいます。蔵元における「単一工場」でのみ造られた純米酒にだけ与えられる名称です。

日本酒の味について

日本酒度とは

プラスの数値は辛口、マイナスの数値は甘口を表します。日本酒の甘口・辛口の違いは、酒の中のアルコール分とエキス分(主に糖類)の比率にあります。

引用元http://sake.kokaratu.com/nihonsyu-01siru/01siru-02syurui02.html

_________________________

日本酒の美味しい飲み方

日本酒を燗して味わう。

 お燗するときの温度は徳利内で50℃前後が良いとされています。口の中でふわっと膨らんだ旨味が味わえるのがこの飲み方の醍醐味です。

 

000525_m

 

冷酒で楽しむ

きめの細やかな味わいと心地よい香りが明確になります。
温度は雪冷えと花冷えの中間くらいで、 7~10℃くらいがオススメですね。

 

sake-013

 

ひや(常温)で味わう。

銘柄やタイプにかかわらず、ありのままの香りや味わいが楽しめますので通がよく好む飲み方です。

 

000770

 

オンザロックで楽しむ

ウイスキーグラスに大きめの氷を入れ、よ~く冷やした日本酒を注ぎます。
氷があまり溶けないうちに飲める量を注ぐことが大切です。

 

yjimage-3

 

引用元http://sake.kokaratu.com/nihonsyu-02tanosimu/index.html

_________________________

日本酒は子供の頃から生活の中に溶け込んでいる風景です。慶事には欠かす事のできない飲み物です。日本の文化の一つとして最近では海外からも「さけ」で脚光を浴びています。日本酒はフランス料理によく合うということも、日本酒ブームの理由のひとつのようです。
アメリカやアジアへの輸出増加はもちろん、ヨーロッパ諸国でも日本酒が買えるオンラインショップが開設されています。日本酒人気はまだまだ高まりそうです。

(キュレーター:remon)

 

 

 

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

暮らしカテゴリの最新記事