【危険】犬が食べたらどうなる?

【危険】犬が食べたらどうなる?

私たちが普段何気なく食べているものでも、犬が口にすると毒になるものがあります。よく犬にネギ類(長ネギ・タマネギなど)は絶対に与えてはいけない食べ物の一つとして言われています。それ以外にも愛犬の命を脅かす、危険な食材はたくさん存在しています。時に命を落とすこともある、致死性の高い食べ物や、中毒を起こす原因や症状などについて調べてみました。

 

 

犬に最も危険な食べ物

 

f8HNOmfLQZZb0c71485999193_1485999202

 

ブドウ、レーズン

ブドウと犬の中毒による因果関係はまだはっきりと解明していませんが、ブドウを乾燥させたレーズンを食べた犬が腎不全を起こしたことから発覚しました。また、下痢の原因にもなるそうです。特に子犬や体の小さな犬によって個体差があるのですが場合によっては嘔吐や、腎不全を起こすケースがあります。与え無い方が良いでしょう。

 

銀杏

人間にとっても栄養価の高い銀杏は、古来から滋養強壮の薬としても珍重されてきました。銀杏に含まれるメチルビリドキシンという毒素によって、犬が中毒を起こすとされています。人間が銀杏中毒を起こした場合と似た症状を起こし、特に症状として目立つのが、嘔吐や痙攣です。

 

コーヒー、緑茶などのお茶類

コーヒーやお茶に含まれる「カフェイン」は、犬の神経を異常に興奮させたり、痙攣を引き起こす要因になりるそうです。砂糖やミルクが入っていても危険だそうです。

 

マカダミアナッツ

マカダミアナッツはナッツ類の中でも特に中毒を起こしやすいとされています。他のナッツ類との違いは明確にされていませんが、犬が誤食することで数々の中毒症状を引き起こすそうです。高カロリーで油分が多く、マグネシウムも多く結石を起こすとも言われています。

 

チョコレート、ココア

チョコレートなどの原料になる「カカオ」に含まれる、香り成分の一つである「テオブロミン」が中枢神経を刺激することで、嘔吐や下痢、痙攣、呼吸困難を引き起こし、命を落とすこともありますので最も注意が必要です。小型犬だと小さな板チョコ1枚で致死量に達するため、チョコレート類の取扱いには充分気を付けましょう。

 

キシリトール

意外と知らない人も多いのが、「キシリトール」です。犬の血糖値を急激に下げてしまいます。痙攣を起こす原因につながったりするそうです。

 

タマネギ、ニンニク、ニラ

「玉ねぎは犬に与えてはダメ!」と言われる理由は、犬にとって猛毒になる成分がタマネギに含まれているからなんです。代表的なものがアリルプロピルジスルファイド(ネギ特有のにおいがします)という成分で、これが犬の体内に入ると、血液に含まれる赤血球を破壊が起こり、溶血性貧血やハインツ小体性貧血を引き起こします。

 

魚介類(タコ・イカ・スルメ・蟹・貝類など)

タコやイカ、蟹は消化に悪いので下痢や嘔吐を引き起こします。チアミナーゼと言う成分が犬にとっては悪くビタミンB1を破壊する恐れがあります。スルメは噛み砕くのに時間がかかる他、胃で膨張する傾向にあるので胃や腸に詰まる恐れがあり危険です。タコ・イカ・スルメは猫や犬に与えると、「腰が抜ける」と言われる理由は消化が悪いからです。

 

アルコール

アルコールが犬の体内に入ると、嘔吐、下痢、中枢神経障害など人間よりも起こしやすいそうです。人間と同じく酔っぱらう状態になります。そのまま昏睡状態に陥り、死んでしまうケースもあるそうです。愛犬が欲しがったとしても、絶対に与えないようにして下さい。

 

 

与えていい食べ物

 

GaUIZc3wVc7zyeK1485999352_1485999366

 

「ビタミンC」が豊富に含まれていて、利尿作用があるため、尿石症によい食品だそうです。

 

リンゴ

腸内環境を整えてくれる作用があり、食物繊維や酵素もたっぷりな食材です。 下痢や便秘対策にも使え抗酸化作用も高いです。 歯垢の蓄積を最小限に抑えてくれるそうです。

 

スイカ

ほとんどが水分です。利尿作用があり高血圧の予防になります。おやつとして与えるには最適のようです。

 

大根

酵素たっぷりですが、熱に弱いので生でおろしなどにします。葉のほうも細かく刻んであれば与えても大丈夫だそうです。

 

キャベツ

ビタミンを多く含み、その中でもビタミンUが傷ついた胃粘膜を修復する作用があります。細かく刻みます。芯の部分は食後に生のままスティック状にしたものをかじらせれば歯垢の蓄積を最小限にしてくれるそうです。

 

きゅうり

およそ95%が水分でできており、主な栄養素はビタミンC、カリウム、βカロテンなどを含んでいます。生食・加熱ともに問題ありません。

 

小松菜

ほうれん草に比べるとシュウ酸がとても少ないので生で与えてもよいそうです。

 

白菜

繊維質たっぷりですが繊維がやわらかいのでお腹に優しい食材です。ビタミンCも豊富。加熱はもちろん生で食べれば酵素も補給できるそうです。

 

パセリ

「不溶性食物繊維」が豊富に含まれているため、排便を促進しますが与えすぎると、下痢や腹痛の原因につながります。

 

れんこん

ビタミンCやミネラルもたくさんで食物繊維豊富な食材です。免疫力をあげてくれるそうです。病気の予防につながります。

 

 

犬の予防接種

 

SDt2UvAi2f6ghcK1485998778_1485998795

 

接種すべきワクチンはどれ?

法律で予防接種をするように決められているもの(義務)・・・狂犬病の予防接種
病気を予防するために打ってあげるもの(任意)・・・「〇種混合ワクチン」と呼ばれているものは、飼い主さんの判断で受けるかどうかを選べます。2016年時点で11種混合ワクチンまでが発売されています。

 

混合ワクチンの接種料金

混合ワクチンの費用も、動物病院によって料金が変わってきます。(価格の平均)

5種混合ワクチン・・・5,000~6,000円

6種混合ワクチン・・・6,500~7,000円

8種混合ワクチン・・・8,000~9,000円

9種混合ワクチン・・・8,000~9,500円

11種混合ワクチン・・・9,000~10,000円

あくまでも参考金額です。動物病院に電話で問い合わせてみましょう。

引用元http://wando.xyz/archives/1262.html

 

 

 


 

 

子供の頃我家でも、外で飼っていながら食事も人間と同じ物を与えていたように記憶しています。今はドッグフードがありそれを食べさせている分には、安心です。でも時々ワンちゃんは人が食べていると欲しがります。私の知り合いは鳥のささ身とキャベツを湯がいて夕食に食べさせています。キャベツは胃の粘膜を修復してくれると言われていますがドッグフードだけではなく害のない果物や野菜なども食べさせて上げたいと思っています。

(キュレーター:remon)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

暮らしカテゴリの最新記事