知らないうちに犯罪者になる危険

指定日前のゴミ出しも犯罪に?!

 

先日、芸能人が線路内に入って書類送検されたというニュースがありましたが、「え!そんなことが?!」と思った人もいたのではないでしょうか。知らぬうちにやっていた、なんてことがないように、まずはどんなことが犯罪になるのか知っておきましょう。

 

スーパーなどに置いてある無料のモノ(氷・割りばし・ビニール袋)を大量に持ち帰ると【窃盗罪】になります。また会計後おつりを多くもらったことに気づいたけど、そのまま受け取ってしまったとなれば【窃盗罪】になります。夕方になって割引シールを貼られた商品がでてきますが、それを他のモノに張り替えるのも【詐欺罪】にあたります。

 

他にも、腹が立つことがあっても店員さんに「土下座して謝れ」なんてことは言ってはいけません。「危害を加えるぞ」とか「皆にバラしてやる」なんて言えば【強要罪】になり、3年以下の懲役となるそうです。そして日常でも、指定の曜日以外でごみを出すと【廃棄物処理法違反】という重い罪で、5年以下の懲役または1000万以下の罰金となります。

 

だからといって、コンビニやスーパーに捨てさせてもらおう、なんていうのもダメ。廃棄物処理法違反で【不法投棄】の可能性、もしくは【偽計業務妨害】になる可能性があり、3年以下の懲役、50万円以下の罰金になります。

 

引用元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170304-00000001-pseven-soci

 

 

日常に潜む違法行為とは

 

日常生活で自転車に乗ることが多い人もいるかと思いますが、自転車の知らないうちにやっていた犯罪も意外と多いんです。自転車に乗っているとき、歩行者に向けてベルを鳴らすのは、危険を回避するため以外ではやたらとベルを鳴らしてはいけません。例えば、道を譲る目的だった場合は【警報機使用制限違反】となるそうです。

 

自転車も車と同じ扱いになるので飲酒運転、酒気帯び運転もダメです。薬を服用したり過労だったり正常な状態ではないときに運転した場合も3年以下の懲役または50万以下の罰金、飲酒は5年以下の懲役または100万円以下の罰金です。歩道を走るのも違法です。歩行者の安全を確保する義務があるので、近くに歩行者がいる場合はゆっくり走るか安全な距離を保つかが必要になります。歩行者の横をかっ飛ばすなんてもってのほかです。

 

引用元:https://goo.gl/Wx8bq5

 

 

うっかりでは済まされない行動

 

例えばよくある「割り込み」これも軽犯罪にあたるらしいんです。(そしたら大阪のおばちゃんどうなっちゃうんでしょうね~(汗))それから「立ちション」や「嘔吐(酔って吐く)」のも軽犯罪になり、立ちションに関してはヘタをすると「公然わいせつ罪」になり逮捕なんてことも過去にあったようです。

 

そしてお酒の席で見かける行為で、無理やり飲酒をさせることも「強要罪」に該当し、周りも同調して進めたりすると「傷害罪現場助成罪」になります。万が一、被害者がアルコール中毒になってしまった場合には、強要罪から障害罪、傷害致死になる可能性がありますので本当に注意が必要です。またダフ屋さんから格安のチケットを買う事も「物価統制令9条」となるので気を付けましょう。

 

引用元:https://goo.gl/W50vDQ

 

 

 

 


意外と身近には犯罪といわれるような行動があるんですね。「名誉毀損」や「詐欺罪」等ニュースでよく聞く言葉ですが、逆に聞きなれないからこそ知らないで行っている場合があるのではないかと感じました。知らなかったでは済まされない事もありますので、しっかり覚えておくことが必要ですね。
(キュレーター:rikako)

 

 

 

 

最新情報をチェック!