【いいね!】駅の混雑、アプリで確認 車内の混み具合は5段階だって!

電車の運行情報や駅の混雑状況などがスマートフォン(スマホ)で手軽に見られるサービスが広がってきた。
鉄道会社が提供しているアプリを使えば、駅構内の画像や電車が走っている位置を把握できる。
駅構内にあるロッカーの空き状況など利用者に便利な情報が充実しており、通勤や旅行などの際に活用されている。

路線ごと位置表示

「台風の影響で電車が止まって駅が混雑している」――。東京急行電鉄のアプリ「東急線アプリ」が話題を呼んでいる。
自宅にいながら駅の構内の様子が分かるサービスだ。
「駅視-Vision(ビジョン)」は、駅構内に設置してある防犯カメラの画像を5分間隔でアプリに配信している。

画像は個人が特定できないよう自動的に加工し、プライバシーには配慮した。
今年3月から三軒茶屋駅や武蔵小杉駅など6駅で試験的に実施し、今後は対象の駅を広げていくという。

人身事故や電車のトラブルなどで運行が止まったとき、駅構内が混雑して入れなくなる場合がある。
鉄道事業本部の田島慎太郎さんは「駅に行かなくても混雑状況が分かるため、違う路線やバスに切り替える判断がしやすくなる」と話す。

電車の運行情報も従来よりきめ細かく提供している。たとえば、アプリの「列車在線位置」の機能だ。
路線ごとに電車の位置を表示しており、自分が乗りたい電車が駅の近くにいるか分かる。
遅れている電車の横には「+1」や「+2」と表示されて、実際の時刻表と何分間の差があるか視覚的に見られる。

駅の掲示板で遅れの案内は出ていてもアプリほどは細かく表示されていない。
スマホを使うことで鉄道会社と同じような情報を共有することができる。
「遅れの程度を具体的な数字で示すことで乗客は待ち時間を把握しやすくなる」(田島さん)

 車内の混雑具合や温度がリアルタイムで分かるユニークなサービスを提供しているのが東日本旅客鉄道(JR東日本)の「JR東日本アプリ」だ。

山手線を対象にした機能で、電車の車両ごとに設置した音波を発信する装置が車内状況をチェックする。
混雑具合は5段階で表示。運行中の電車の位置も表示しており、電車を選んで車内の状況を詳しくみられるようにした。

ICTビジネス推進グループの松本貴之さんは「ホームなどで電車を待っている乗客がすいている車両を選んで乗ることができる」と語る。
アプリでは車両ごとの温度の様子も表示している。
混雑しているときは他の車両より1度高かったりするという。

これから、益々便利になりそうな感じがする。

引用元http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160918-00010002-nikkeisty-bus_all&p=1

_____________________

ロッカーの空きも

JR東日本では駅構内の情報も積極的に発信している。その一つがコインロッカーの空き情報だ。
大きな荷物を持った旅行者にとって駅のロッカーは欠かせない設備だが、広い駅構内のどのロッカーが空いているのかが分かればさらに便利になる。

アプリでは電子マネー「スイカ」に対応したロッカーの空き状況が分かる。
東京駅や新宿駅、品川駅など5カ所で利用が可能だ。

画面で駅の構内図からロッカーの位置を選んでサイズから絞り込んで確認する。
このほかに駅構内や駅ビルの商業施設のお得な情報も充実している。

京王電鉄のアプリ「京王アプリ」は京王線や井の頭線の運行情報をプッシュ通知でスマホの画面に表示してくれる。
人身事故や電車トラブルなどによる運転見合わせの情報、運転再開のお知らせなどを知らせる。

電車の運行情報を早めに入手できれば余裕を持って対策を打てる。
自分が利用する電車に合わせて各社のアプリを使うことで、移動がもっと便利になりそうだ。

助かるよね
こんなサービス!

引用元http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160918-00010002-nikkeisty-bus_all&p=2

____________________

電車内の携帯マナー、なぜ「電源オフ」を緩和?

10月1日からJR東日本や関東、甲信越、東北の私鉄、地下鉄など計37事業者が列車内の優先席付近で携帯電話の電源を切るように求めていたマナーを緩和し、「混雑時」だけに限定するようになったのをご存じだろうか?

■10月1日から関東・甲信越・東北で、優先席での電源オフは「混雑時」のみに

携帯電話や心臓ペースメーカーなどの技術進歩で電波による医療機器への悪影響が出にくいようになってきたことに加えて、スマートフォンの普及で通話だけでなくてインターネットの利用が増えてきている実情にも対応するのが狙いだという。

JR西日本など関西の25事業者については昨年7月1日からすでに先行して同じマナー変更を実施しており、関東、甲信越、東北の37事業者が1年3カ月遅れて追随した格好。
ただ、それ以外の地域の北海道、中京、四国、九州などでは「検討事項だが、様子を見極めている」(JR東海)という状態。全国レベルでの足並みはまだそろっていない。

今回の携帯電話マナーの変更の背景には何があるのかを探ってみた。

■後を絶たない優先席付近でのトラブル、スマホ・タブレット使用で

●今年6月――「優先席でタブレットをいじるな!」。
JR京浜東北線を走行中の電車内の優先席で男性(70歳代)が隣に座ってタブレット端末を使っていた男性会社役員の肩を殴って怒鳴り、刃渡り約17センチの包丁を突き付ける事件が発生した。
70歳代の男性は非番でたまたま列車に乗り合わせていた警官に銃刀法違反容疑で現行犯逮捕された。

●昨年12月――「電車を降りろ!」。
相鉄線を走行中の電車内で男性(60歳代)が優先席でスマートフォンを操作していた若い女性に突然、罵声を浴びせかけ、列車の運行を妨害する事件が発生した。
この男性は同様のトラブルを昨年4月から計39回繰り返しており、威力業務妨害容疑で逮捕された。

電車内の優先席付近での携帯電話の使用を巡るトラブルが後を絶たない。
列車が緊急停止し、乗客が逃げ惑うような大きな騒ぎはもちろん、「客同士の小競り合いも少なくない」(鉄道関係者)という。

トラブルの発端になっているのは「優先席付近では、携帯電話の電源をお切りください」と定めた統一ルール。
そもそも「携帯電話が発する電波がペースメーカーなどに干渉して脈を乱す可能性がある」として2003年に首都圏の17社がこの統一ルールを採用。翌年には関西にも広がり、全国に普及した。
先に挙げた2つのトラブルは、この統一ルールが原因で起きたものだ。

■状況を変えた2G終了、シールド性能向上も背景

だが、携帯電話の使用環境は大きく変わった。

まず2012年7月に第2世代(2G)の携帯電話サービスが完全に終了し、第3世代(3G)の携帯電話サービスに移行した。
電波法の技術基準によると、最大出力は2Gが800ミリワット、3Gが250ミリワット。
「3Gの方が2Gよりも電波の出力が3分の1以下でかなり弱い」(総務省電波部)という。

さらに(1)ペースメーカーなどの医療機器も技術進化で電波の影響を減じるシールド性能が向上、(2)ペースメーカーなど医療機器の素材や回路が耐干渉電波仕様に移行――などの理由から、誤動作を起こす恐れが大きく軽減したと考えられている。
またスマートフォンの普及で通話やメールだけでなく、インターネット検索に時間を費やす利用者も大幅に増えてきた。

このため「従来の統一ルールは利用実態に合っていないのではないか」と是正を求める声が徐々に強まってきたのだ。

■総務省が指針改正、京阪電鉄→関西→関東・甲信越・東北とマナー変更

こうした情勢を踏まえ、総務省は2013年1月に携帯電話とペースメーカーの離すべき距離の指針を「22センチ程度以上」から「15センチ程度以上」へと緩和した。
実測調査では「携帯電話がペースメーカーから3センチ以上離れていれば、誤動作は認められなかった」という。

マナー緩和について、ペースメーカーの利用者団体や医療関係者の間では「これまでのような厳しすぎるルールは実情に合っていない。
ペースメーカー利用者の不安もあおりかねないので緩和するのは望ましいこと」と歓迎するムードが強い。

JR東日本などによると「優先席でもスマートフォンでメールやニュースなどインターネットを通じて必要情報はチェックしたい」という乗客の意見が多く、「電源オフ」を呼び掛けてもあまり守られていないのが現実だという。
「マナーを実態に合わせて緩和すれば、暴力がらみのトラブルの発生も軽減できる」とプラス効果を期待している。

■北海道、中京、四国、九州ではまちまち、全国の対応はまだら模様

ただ北海道、中京、四国、九州など残った地域の鉄道会社の反応はまちまち。

以前のステッカー(JR東日本提供)

 

 

新しいステッカー(JR東日本提供)

影響調査の「極めて厳しい条件」を社会に改めて周知し、ペースメーカーの利用者に過度の不安を抱かせないように配慮したためだ。

■「混雑時」の定義が曖昧? トラブルを起こす恐れも……

携帯電話の技術・サービスの進化、利用形態などのライフスタイルは我々の予想以上に速いペースで変化している。
「電車内での携帯電話マナー」は大きな過渡期に差し掛かっているといえそうだ。

「ペースメーカーが完全に誤動作を起こさないわけではないだろう」として不安を抱くペースメーカー使用者もいることが現状だと思う・・・

引用元https://goo.gl/c1jFHH

___________________

助かるよね。
こんなサービス!

電車の運行情報を早めに入手できれば余裕を
持って対策を打てる。

自分が利用する電車に合わせて各社のアプリを
使うことで、移動がもっと便利になりそうだ。

自宅にいながら駅の構内の様子が分かる
サービスがあるなんて願ったり叶ったり
のサービスだと思った。

(remon)

 

 

 

最新情報をチェック!