つけててよかった!「弁護士費用特約」

つけててよかった!「弁護士費用特約」

 

どんなに自分が気を付けていても、ある日突然降りかかってくるのが「事故」です。安全運転を心掛けていても相手がぶつかってくる、防ぎようもない 「もらい事故」 というのも起こるのです。これは自分が被害者なので自分の保険は使いません。通常は相手側の保険会社がすべて対応処理してくれます。ですが、もし相手が保険に入っていなかったとしたら、自分が受けた損害はどうなってしまうのでしょうか?

 

 

相手が保険に入ってなかったらどうなるの?

 

 

自動車の保険は2種類あります。

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険

自賠責保険は全てのドライバーが加入しなければならない強制保険です。車購入時や車検時に加入が義務付けられている保険で、人身事故にだけ適用されます。支払われる金額の限度額は、傷害で120万円、死亡に対しては3000万円、重度後遺障害に対しては4000万円と決まっています。

 

任意保険

任意保険の加入は義務ではありませんが、自賠責で補いきれない事故に備えて、手厚い補償が準備されますので、是非入っておくべき保険です。

 

もらい事故の相手が任意保険に入っていない場合もあり、相手が不誠実な態度で賠償する様子がなかったりしたらどうするでしょうか?こちらは、保険会社に加入していますが、まったく過失がないので保険会社で示談交渉など行えないため、自分で相手と交渉しなくてはなりません。そんな場合につけていると役に立つのが弁護士費用特約です。

 
 
 
役に立つ弁護士費用特約

 

自動車事故によって、身体や自動車などに被害を受けて、相手の方に損害賠償請求を行う場合や、自動車事故によって、こちらに法律上の賠償責任がないのにもかかわらず、相手から損害賠償請求された場合に有効です。

弁護士などに委任する場合は、保険会社の事前承認が必要となりますが、対象となる費用は・・・

 弁護士費用等:保険会社により限度額は200万円、300万円

 法律相談費:10万円限度

保証対象者:保険加入者本人やその配偶者、同居の親族、別居の未婚の子、その自動車に乗車中の方など。

特約保険料:年払いで2000円から2500円ほど。(保険会社による)

1つの契約にセットしていれば同居の家族や別居の未婚の子までがカバーできます。

 

 

こんな場合にも助かりました

 

 

 

赤信号で停止中に追突されて病院に搬送されたという事故がありました。幸い命に別条はありませんでしたが後遺障害の認定を受け、相手の保険会社の賠償額の提示には納得がいきませんでした。そこで弁護士費用特約で対応。相手保険会社との交渉に弁護士を入れたところ、スムーズに示談に至り、賠償額も上積みして満足いく賠償額をいただきました。

弁護士費用特約は、自分が被害事故の際に煩わしい交渉などを弁護士に任せておけるので、とても便利です。交渉は得意な専門家に任せるのが一番。つけておいてよかったと安心できる特約のひとつでしょう。

 
引用元 Yahoo!ニュース
 

 

 


数年前、私も信号待ちで停車しているところを後続車に追突されケガをしました。相手方の保険会社もきちんと対応してくださいましたが、もらい事故にもかかわらず自分の保険会社からも大変よくしていただきました。弁護士を立てるまでもない案件でしたが、相手が無保険だったらと思うとぞっとしました。特約部分も保険会社とよく相談し、自分に合わせてできるだけ付けることをお勧めします。

(キュレーター:SILVIA)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
SILVIA

SILVIA

夫と2男子の4人家族。昼は会社でワーキングレディ、夜は学びを求めてネットの住人。好きな作家は池波正太郎。好きな作品は「鬼平犯科帳」。勧善懲悪で今日もスッキリ!

暮らしカテゴリの最新記事