夜間の運転には気をつけましょう!

夜間の運転には気をつけましょう!

車のライト、夜間の自動点灯を義務化へ 20年4月から

国土交通省は、暗くなると車のヘッドライトが自動で点灯する「オートライト」の搭載を、2020年4月以降に売り出される新型車からメーカーに義務づけることを決めた。日没前後の「薄暮」の時間帯に多発する高齢の歩行者らの事故を減らす狙い。10月に、道路運送車両法に基づく車の保安基準を改正する方針だ。

オートライトは、車に搭載されたセンサーが明るさを感知し、自動で点灯、消灯をするもの。日本自動車連盟(JAF)の調査によると、国内ではすでに約3割(14年8月時点)の車にオートライトが搭載されている。ただこれらはドライバーが手動で点灯・消灯を選択もできる。新基準では、昼間や停車中は手動で点灯・消灯できるが、夜間走行中は強制的に自動点灯され、自分で消すことはできなくなる。これにより、暗くて視界が悪くなっているのに、ドライバーが「まだよく見える」と思い込み、点灯が遅れて事故につながるのを防ぐ狙いがある。

国交省は、晴天の日の日没15分ほど前の明るさにあたる1千ルクス未満になると、2秒以内に点灯するように義務づける方針。国際的にも安全運転に十分な明るさとされる7千ルクスを超えたら、5分以内に消灯する。1千~7千ルクスで点灯するかどうかはメーカー各社の判断に任せるという。詳細は10月に改正する車の保安基準で規定する方針だ。

20年4月より前に発売された型式の車には適用されない。

 

引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160922-00000065-asahi-soci

 


 

ハイビーム使用を…横断死亡96%が「下向き」

歩行者が夜間に道路を横断中、車にはねられた昨年1年間の全国の死亡事故625件のうち、96%の車のライトがロービームだったことが警察庁の調査でわかった。

同庁はハイビームを使っていれば防げた事故もあるとみており、21日から始まる秋の全国交通安全運動の重点項目としてハイビーム使用を呼びかける。

近年、交通事故による死者は減少傾向にあり、昨年の交通事故の死者は4117人。このうち、自動車や自転車などに乗っていた死者は2571人で、過去10年で46%減少した。一方、歩行中の死亡者は1534人で28%減にとどまるため、同庁が歩行者の横断中の事故に絞って初めて集計、分析した。

夜間の死亡事故625件では、ロービームが597件を占め、残りはハイビーム9件、補助灯6件、無灯火13件だった。

ロービームは40メートル先までしか照らせないため、歩行者に接近するまで気付かないことが多い。日本自動車連盟(JAF)の実験では、5人のドライバーが夜間に障害物のあるコースを時速80キロで走行したところ、障害物に気付いて停止できた場所は、100メートル先まで照らせるハイビームが平均82メートル手前だったのに対し、ロービームは平均5メートル手前だった。

昨年の死亡事故が213件と、都道府県別で最多だった愛知県では、夜間の歩行中の死亡事故50件のうち、ハイビームは1件だけで、残りはロービームや消灯だった。同県警の検証では、このうち26件でハイビームを使っていれば、ドライバーも歩行者も互いに早く気付き、命が助かった可能性が高いという。

警察庁の担当者は「ハイビームが目に入るとまぶしいため、ロービームで走行する人が多いとみられる。その遠慮が死亡事故につながってしまっている」と分析する。

ヘッドライトの使い分け方について、道交法52条は、対向車や前を走る車があり、そのドライバーにハイビームの光がまぶしく安全な交通を妨げる恐れのある時は、ロービームを義務づけているが、同庁の担当者は「歩行者を早く発見するために原則ハイビームで運転し、明るく対向車が多い市街地では、状況に応じて切り替えてほしい」と話す。

普段はハイビームを使い、歩行者に気付いた瞬間にロービームにすることで、歩行者の目に入る光量が変わり、車の接近を早めに知らせる効果も期待できるという。

 

引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-00050003-yom-soci

 


 

知ってた?車の夜間走行時はハイビームが基本らしい

 

実は夜間のハイビームは基本らしい

意外と知らない人が多い

意外と知らない人が多い

むしろ対向車や前方車がほとんどいないシチュエーションというのはかなり限られるので、ハイビームを使用するシーンがほとんど存在しないというのが実情かもしれません。

夜間にハイビームが推奨される理由

 %e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%a0

見えない!止まれない!ロービームの限界を知る

もちろん、対向直前になればマナーとしてローライトに落としますが。 自分の命と安全運転が第一なので、対向車の目を気遣ってハイビームを使わないとかはないです。遠くまで(光が)見えたほうが歩行者や対向車にとっても結果的に安全ですしね。

一方でハイビームの危険性も指摘されている

Senior woman having trouble learning to drive as man in pass (c)Carl Smith/fstop

ライトの強い光で目が眩む

相手に強い光を浴びせ何も見えない状態にすればかえって危険な状況を引き起こすリスクが高まる

状況に応じて使い分けが必要みたい

運転席でハンドルをにぎるビジネスマン (c)UFO RF/a.collectionRF

夜間の運転には気をつけましょう!

引用元 http://matome.naver.jp/odai/2140197694319745201


 最近増えている自動点灯車。自動点灯になった車に乗った時は感動したものだが、この頃は慣れてきて、スイッチを切っていることを忘れていることもあった。帰りの通勤時、ラジオのDJが「早めの点灯をお願いします」と呼びかけているのを聞いて、改めて気づいた。便利になっても安全を意識することは忘れずにいたい。

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
SILVIA

SILVIA

夫と2男子の4人家族。昼は会社でワーキングレディ、夜は学びを求めてネットの住人。好きな作家は池波正太郎。好きな作品は「鬼平犯科帳」。勧善懲悪で今日もスッキリ!

お出かけカテゴリの最新記事