バスタオルの“雑菌臭”を撃退!!

バスタオルの“雑菌臭”を撃退!!

バスタオルを洗濯したのに臭いがする! 原因はナニ? 一日の癒しのお風呂でせっかく綺麗になったのに、湯上りに手に取ったバスタオルから悪臭が、なんてご経験の人も多いのでは・・・先日も「あさイチ」で特集をしていました。今回は、原因と対策をご紹介します。

 

 

悪臭の原因は雑菌が増殖すること

 

 

 

バスタオルは、洗濯しても臭いが残るやっかいなものに常にランクインしています。他に一緒に洗った肌着やハンドタオルは感じないのにバスタオルだけに残る悪臭とは、生臭い・カビ臭い・雑巾・・・なんだかテンションの下がる臭いばかりです。そもそも、バスタオルが悪臭を放つ原因は何でしょうか。

 

 

衛生微生物研究センターによると、使用直後のバスタオルには1枚あたり数十~数百個の雑菌が付着していますが、これを3日間洗濯せずに使い続けると、数万~数億個に激増してしまうそうです。この雑菌が悪臭の原因となるため、使用後は速やかに乾かすか、洗濯するのが重要なポイントだそうです。

 

 

お風呂上がりの身体を気持ちよく拭いたバスタオルをそのままポイと放置することは避けましょう。また、バスタオルを洗う前に洗濯機の中に濡れたまま入れておくのは厳禁だそうです。それでは、すでに臭いバスタオルをどのように洗濯すればよいのでしょうか。

 

 

洗濯の方法

 

 

 

【粉末洗剤を使う】

液体洗剤ではなく、粉末洗剤を使います。ただし、粉末洗剤は絹・毛など動物性繊維の製品には使用できないため注意が必要です。バスタオルが動物性繊維の場合、液体洗剤をボトルの指示に従って使用しましょう。

 

【粉末洗剤と粉末漂白剤を合わせて使う】

洗剤だけで臭いが落ちない場合は、酸素系の漂白剤を使うと有効で、液体タイプより粉末タイプのほうが強力だそうです。漂白剤には、臭いの元になっている菌を、除菌・殺菌する効果があるとされています。粉末タイプを使うのは、アルカリ性であることが除菌・消臭効果を高めてくれるようです。

 

 

ただし、シルクやウール(弱酸性の物)などの場合、素材を劣化させたり、溶かしたりする恐れがあるため注意が必要です。

 

【粉末漂白剤をぬるま湯に溶かしてつけ置く】

お湯に粉末漂白剤を溶かして、バスタオルを2時間ほどつけ置き、洗濯機で普通に洗濯します。皮脂もタンパクもアルカリで分解され易いので、この際に、バスタオルの素材が綿であれば、洗浄力の高い粉末洗剤を使うほうがいいそうです。

 

ポイントはお湯の温度

40度から50度のお湯に漂白剤を入れた状態でつけ置きします。これが熱すぎても殺菌は殺せないし、低すぎてもNGだそうです。お湯に浸けることでグーンと効果が上がるそうです。

 

 

柔軟剤はさらなる悪臭の元?

 

 

いずれの場合も柔軟剤は使用しないのが無難です。香りが強い柔軟剤の場合、バスタオルの悪臭と混じり合って変な臭いになることがあるためだそうです。

 

 

意外に知られていませんが、タオルを洗濯する時に、柔軟剤を使用すると吸水力が低下してしまいます。柔軟剤は洗い上がりを柔らかく感じさせることに優れている反面、タオル本来の吸水性を損なってしまったり、パイルが抜けやすくなるなることがあるようです。

 

 

バスタオルの臭いの原因が、雑菌や微生物であることを考えると、残り湯を使うことは避けたほうがよいそうです。また、早く乾燥させるためには、部屋干しよりも風通しのよい天日干しをオススメします。

引用元Yahooニュース

 

 


 

 

洗濯した綺麗なバスタオルでお風呂上りに体を拭いた時「うっ!臭い。これってなに?」なんてことがありました。調べてみたところなんと雑菌臭でした。このニオイは5段階で評価されるそうですが、顔を背けたくなるレベルは3~だそうです。このニオイが体に纏わりつく恐怖感・・・「あさイチ」というテレビ番組でもお湯の中に漂白剤を入れての浸け置き洗いが一番の方法だと説明していました。雑菌臭に気づいたら洗濯方法を見直してみませんか・・・

(キュレーター:remon)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

アイディアカテゴリの最新記事