となりの駅まで徒歩1分以内の駅ってあり?

となりの駅まで徒歩1分以内の駅ってあり?

となり駅はすぐそこにある

 

駅間距離は路線によってさまざま。都市部では駅の数が多く、たとえばJR山手線では0.5~2.2kmごとに駅があります。路面電車ではもっとこまめに駅が設けられており、たとえば東京都内を走る都電荒川線では0.2~0.6kmごとです。最も短い区間運転は王子駅前停留場 – 荒川車庫前停留場間(所要4分)で、夜間に存在します。

 

 

高知県内を走る路面電車のとさでん交通後免線には、日本一短い駅(停留場)間が存在します。それは高知市内の一条橋~清和学園前間です。とさでん交通によると、その距離はわずか63m。となりの停留場が目ではっきりと確認できるほどです。「80m=徒歩1分」とする不動産業界の基準に従うと、1分以内でとなりの駅まで歩けてしまうことになります。

 

 

清和学園前停留場は1985(昭和60)年、清和女子中学・高等学校が現在地へ移転してきた際に開設されました。そのとき、明治時代からあった一条橋停留場は、地元住民の要望もあり廃止しなかったため、ふたつの停留場が非常に短い間隔で並ぶことになったのだといいます。

引用元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161203-00010000-norimono-bus_all

 

 

都電荒川線

 

荒川線(あらかわせん)は、東京都荒川区南千住一丁目の三ノ輪橋停留場から同新宿区西早稲田一丁目の早稲田停留場までを結ぶ、東京都交通局を事業主体とする東京都電車(都電)の軌道路線である。1960年代の交通渋滞解消政策ならびに赤字公共事業整理政策の推進にともなう都電廃止の流れの中、1974年路線名も三河島線・荒川線・滝野川線・早稲田線を統合して「荒川線」と改称した。

 

 

朝夕はおおむね2分から5分、日中でも6分間隔程度の運転間隔で、早朝・深夜など時間帯でも最大で10数分以内に次の列車が運行される。各停留場ホームに掲出されている時刻表には、日中時間帯の表示欄に平日は「6 – 7分間隔」、土曜日と休日は「6分間隔」と表記されている。全線の所要時間は日中標準53分。

 

 

ICカード、都電一日乗車券、都営まるごときっぷ(1日乗車券)等が使える。ICカード「PASMO」「Suica」が使用可能である(ただしバス扱いのためSuicaの一部旧カードは利用できない)。ICカード10種のにより「Kitaca」「TOICA」「ICOCA」「SUGOCA」「manaca」「PiTaPa」「nimoca」「はやかけん」にも対応している。

 

 

停留場名

三ノ輪橋・荒川一中前・荒川区役所前・荒川二丁目・荒川七丁目 ・町屋駅前・町屋二丁目・東尾久三丁目・熊野前・宮ノ前・小台・ 荒川遊園地前・荒川車庫前・梶原・栄町・王子駅前・飛鳥山・滝野川一丁目・西ヶ原四丁目・新庚申塚・庚申塚・巣鴨新田・大塚駅前・向原・東池袋四丁目・都電雑司ヶ谷・鬼子母神前・学習院下・面影橋・早稲田

引用元http://bit.ly/2giWdxl

 

 

とさでん交通後免線

 

後免線(ごめんせん)は、高知県南国市の後免町と同県高知市のはりまや橋を結ぶ、とさでん交通の軌道路線である。2014年9月30日までは土佐電気鉄道により運行されていたが、翌10月1日より同日付で設立された新会社とさでん交通による運行に移行した。

 

 

日中ははりまや橋付近では4 – 5分間隔の運転で、そのうち3割程度が後免町まで直通、3割程度が領石通まで、残り4割程度が文珠通までの区間運転である。朝夕は後免町発着の電車が増えるほか、田辺島通・知寄町発着の区間運転便、桟橋線桟橋車庫前方面の出入庫便がある。後免線内のみの運用は現在は無い。

 

%e3%81%94%e3%82%81%e3%82%93%e7%b7%9a

 

現金でご利用の場合: 電光掲示板の整理券番号で運賃をご確認の上、出口付近にあります運賃箱に整理券と一緒にお入れ下さい。運賃箱からおつりは出ませんので、あらかじめ両替をお済ませのうえ、運賃をお入れる。

ICカードでご利用の場合: 出口付近にあります、ICカードリーダーにタッチしする。

一日乗車券でご利用の場合: 運賃箱に整理券を入れて、運転士に一日乗車券の日付の欄を見せる。

引用元http://www.tosaden.co.jp/train/rosen/

 

 


 

電車には、鎌倉に行くと江ノ電に乗りますが、都電の荒川線には数回乗った記憶しかないです。以前は都電の走っている近所に住んでいましたが、隣の駅まで歩いて行ける距離だったのであえて電車に乗る気持ちにはなれませんでした。電車の旅番組を見ていると乗って楽しめば良かったと後悔しています。地下鉄と違って四季を感じながら愛でる世界は、普段感じることの無い自然の温もりを感じられそうな気がします。江ノ電は大好きな電車ので、また出掛けようと思います。

(キュレーター:remon)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

暮らしカテゴリの最新記事