松下幸之助、人の心をつかんで離さない魅力とは?

松下幸之助、人の心をつかんで離さない魅力とは?

お金ではない。松下幸之助を素人から経営のカリスマにした「志」とは

成功する創業についての考察

%e6%9d%be%e4%b8%8b%e5%b9%b8%e4%b9%8b%e5%8a%a91

事業の本道は「儲かるからやってみよう。」ではなくて顧客が求めていて喜んでもらえるものをやることであり、それがさらにやらねばならないという使命感(ミッション)を持つに至れば強いものとなります。

お金を払ってでもそれが欲しいというお客様の要望、さらに言えば渇望に沿うことが「生活の糧」を得られて「やり甲斐」となり得る仕事の「前提」です。

仕事の「前提」であると述べましたが、成功を継続させる多くの事業は最初から「使命感」を持っていたのか、ハタと気付き持つに至ったのかは別としてここから力強い経営を始めています。

ただし事業とは「生もの」で、やり抜くには徹夜も厭わぬ情熱や時として微笑んでくれる「運命の女神」の助けがなくてはやり遂げられません。

話は変わりますが、ノーベル賞の受賞者の多くがノーベル賞を受賞できるのは、コツコツ研究したらからできるのではなくて最初からノーベル賞級の研究をしたかこそ受賞できるのだそうです。

大きく成長できる事業についても同じことが言え、時代の流れの中にあるノーベル賞級の欲求を先んじて適える企業が興隆を掴みます。パナソニックの創始者の松下幸之助さんが電器事業に強く引かれたのは、使いの途中に電車を見て新時代の到来を予感したからとのことです。

創業は大正6年のことで、自身が開発した改良ソケットが上司に認められなかったこと、肺尖カタルがこうじてきて会社勤めが儘ならなくなってきたこと、「実業で身を立てよ」という父の言葉を思い出したことなどによります。

なぜ松下幸之助は「透明性のある経営スタイル」にこだわったのか?

まったく商売経験のないなか生活の糧を得んがための開業でしたが、松下さんには改良ソケットがお客様に役立ち、喜んでもらえるとの自信がありました。

まったくの素人なので買ってくれそうな問屋を巡って押しかけて行き、売れそうか、また価格はいくらぐらいがよいのか聞くことから始めています。しかし当然のこととして、素人ではまったく相手にもされませんでした。

まったくの伝手のないところから事業を始めたので、創業当時は困難の連続で、そんななかでも思わぬ幸運もあり、事業を少しずつ軌道に乗せて行きます。

ここでは、知恵の話をしようとしているので松下さんのその軌跡を辿って行きますが、最初の知恵は自覚なく行えたもので、電気に将来を見て、お客様に喜んでもらえる先んじた効用のある商品を開発したことです。

松下さんは「本気になって志を立てれば、事は半ば達せられたといってよいかもしれない」ということを言っています。最初の事業初めからソケットの素材のベークライトの製法をオープンにしたり、事業業績についても公私を分け隠し立てしなかったり、ちょっと信じられないほどの一味違った透明性のある経営スタイルをとっていました。

経営とは「人間学の実践」でもある

経営は、心理学という小さな枠を超えた人間学の実践と言ってよさそうです。「儲けたい」に凝り固まれば「秘密していれば」となりがちですが、松下さんの取った経営の透明性は従業員の心に微光を灯したでしょう。

最先端で企業競争を行うとき1円の原価低減でも勝敗の決め手になり得て、経営者の志から出た微光こそが上質な経営と言えそうです。

志の経営」が松下さんの特徴だと言えそうですが、ご本人は「若い頃、正直なところ大きな志を抱いて仕事についたとは言えない」「一つ一つの仕事をまじめに積み重ねてきたように思うのです」と言われています。

いつも成功者の事例から奥義を読み取ろうとするのですが、ここでは「まじめに積みかさねる」が秘訣のようです。

引用元:http://spotlight-media.jp/article/327012684585275532?utm_source=spotlight&utm_medium=referral&utm_campaign=top_page

__________________

<松下幸之助の格言>

・失敗したところでやめてしまうから失敗になる。
成功するところまで続ければそれは成功になる。

・失敗とは成功する前に止める事。成功するまで続ければ
必ず成功する。

・感謝の心が高まれば高まるほど、そこに比例して
幸福感が高まっていく。

・企業は人なり。

・人より一時間余計に働くことは尊い。努力である。
勤勉である。だが、今までよりも一時間少なく働いて
今まで以上の成果を上げることもまた尊い。
そこに人間の働き方のッ進歩があるのではないイだろうか。

・一流の人材ばかり集めると会社はおかしくなる。
世の中、賢い人がそろっておれば万事うまくいく
というものではありません。
賢いひとっは一人か二人いればたくさんです。

・わからなければ、人に聞く事である。

・人の言に耳を傾けない態度は、自ら求めて心を貧困に
するようなものである。

・逆境もよし、順境もよし。要はその与えられた境遇を
素直に生き抜く事である。

・迷うということは一種の欲望から来ているように思う。
ああもなりたい。こうもなりたい、こういうふうに出世したい
という欲望から迷いが出てくる。それを捨て去れば問題はなくなる。

・誰でもそうやけど、反省する人はきっと成功するな。
本当に正しく反省する。そうすると次に何をすべきか
何をしたらいかんかと言いうことがきちんとわかるからな。
それで成長していくわけや、人間として。

・背ういや真心から出た言葉や行動は、それ自体が尊く
相手の心を打つものです。

・私には3つの財産がある。それは学校へ行かなかったこと
健康にすぐれなかったこと。そしてけつっだんに弱かったことだ。
だから人が教えてくれたり、助けてくれたりして成功した。

・自らも楽しみ人々にも喜びを与える。
大切な人生をこうした心構えで送りたい。

・人と比較して劣っているといっても、決して恥ずることではない。
けれども去年の自分と今年の自分とを比較して、
もしも今年が劣っているとしたら、逸れこそ恥ずべきことである。

・無理に売るな。客の好むものも売るな。客のためになるものを売れ。

・世間には大志を抱きながら大使に溺れて、何一つできない人がいる。
いうことは立派だが実行が伴わない。世の中の失敗者には
とにかくこういう人が多い。

・何事にも行き詰まれば、まず、自分のものの見方を帰る事である。
案外、人は無意識の中の一つの見方のあることを忘れがちである。

・山は西からも東からも登れる。自分が方向を変えれば、
新しい道はいくらでも開ける。

引用元:http://meigen.keiziban-jp.com/%E6%9D%BE%E4%B8%8B%E5%B9%B8%E4%B9%8B%E5%8A%A9

__________________

松下幸之助のPHPにかける思い

松下幸之助のPHPにかける思い

PHPについて

PHPとは、“Peace and Happiness through Prosperity”という英語の頭文字をとったもので、“繁栄によって平和と幸福を”という意味のことばです。これは、物心ともに豊かな真の繁栄を実現していくことによって、人々の上に真の平和と幸福をもたらそうという願いを表したものです。

私たち人類は、原始の昔から今日まで、この繁栄、平和、幸福の実現を願って努力してきているといえるのではないでしょうか。PHPという名称はつけていませんでしたが、人々の営みのすべてはことごとくPHPの実現を目指すものであったといっても過言ではないでしょう。その結果、人類は時代とともに大きな進歩発展を遂げてきたわけです。

しかし、人類がこれまでの歴史において大きな進歩を遂げてきたことは事実であるとしても、その内容なり程度は、必ずしも最善ではなかったとも考えられます。本来、もっとスムーズに、もっと物心両面の調和のとれた形で進歩発展することが可能でありながら、いわば不必要な損失、犠牲を繰り返してきている一面があるのではないでしょうか。

PHP研究所経営理念研究本部では、そのことを根本から反省し、人間には本来、繁栄、平和、幸福を実現できる本質が与えられているという人間観に立脚して、これからの人類の歩みの上に真のPHPを、より好ましい姿で実現していくための理念と方策を、多くの方々の衆知に教えを請いつつ研究していきたいと考えています。

松下幸之助の経歴

プロフィール

パナソニック(旧松下電器産業)グループ創業者、PHP研究所創設者。

明治27(1894)年、和歌山県に生まれる。

9歳で単身大阪に出、火鉢店、自転車店に奉公ののち、大阪電灯(現関西電力)に勤務。

大正7(1918)年、23歳で松下電気器具製作所(昭和10年、株式会社組織に改め松下電器産業に改称)を創業。

昭和21(1946)年には、「Peace and Happiness through Prosperity=繁栄によって平和と幸福を」のスローガンを掲げてPHP研究所を創設。

昭和54(1979)年、21世紀を担う指導者の育成を目的に、松下政経塾を設立。

平成元(1989)年に94歳で没。

引用元:http://konosuke-matsushita.com/biography/

__________________

PHP研究所は松下幸之助さんが設立したとは

今回初めて知り驚きました。

ここの本は母親が読んでいた事をきっかけに

私も知り本屋でも手にしていました。

とてもいいことが書かれていて勉強になるし

心が温かくなる。それは松下幸之助さんの

愛情の深さそのものなのだと思いました。

知らない間に私の中にも存在していた「松下幸之助さん」

この人こそ、日本人の心そのものなのでしょう。

(キュレーター:rikako)

 

 

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
RIKAKO

RIKAKO

父母と弟2人の5人家族の長女として育つ。素はおっとりのんびりのマイペースだが、父親譲りの短気さと、母親譲りのサバサバした性格と、長女ゆえの真面目さ正義感の強さが混ざった複雑な性格。だってAB型だしね(^_^;)周りからは「天然」と言われていたが、保険会社に勤めてから天然が治った?と言われるようになる。しっかり者で、できる女とみられがちだが果たしてどうだか。

ビジネスカテゴリの最新記事