子どもの闇を作り出した親の責任は?

子どもの闇を作り出した親の責任は?

16歳少年を殺害した東松山「カラーギャング」 活動は“烈戦塾”と“モグリ狩り”

「嘘をついたり、電話やメールを無視した。」パシリをやらされていた16歳の少年は、それだけの理由で暴力の対象となり、ついには殺害された。犯人の少年達は如何なる生い立ちを経て「カラーギャング」に属し、どのような掟の元で無軌道な日常を送っていたのか。

 

埼玉県東松山市内を流れる都幾(とき)川の河川敷で井上翼くん(16)の遺体が発見されたのは、8月23日午前8時頃のことだった。殺害容疑で逮捕されたのは、翼くんの遊び仲間だった少年A(16)、少年B(17)、少年C(15)、少年D(14)、少年E(15)の5名。そのうちAとBは、カラーギャング「パズル」のメンバーだった。事件で主導的な役割を果たしたBは東松山市立南中学校を卒業した後、定時制高校に進むも中退している。

 

カラーギャング「パズル」のメンバー:「Bが本格的にグレだしたのは、中2の終わりか中3の初め頃で、バイクに乗ったり、万引きをしたりしていた。ただし、弟のDの面倒はよく見ていた」と語るのは、中学時代のサッカー部仲間である。

「グレたことと、彼の家庭環境は関係があるかもしれない。彼とDには、小学生の弟がいるのですが、お父さんが違うと言っていた。あと、Bはなかなか家に帰りたがらない。お母さんの男から“あんまり早く帰ってくるな”と言われていたみたいです」

Bの母親の知人によると、「確かに彼女は何度か離婚している。薬物関係の事件で捕まったこともあると聞いています」

 

 

 

東松山市立南中学3年のCは一人っ子。「Cくんのお父さんとお母さんは職を転々としていて、Cくんは小学生の頃から問題児として有名だった。最初は理科室のマッチをくすねてきて帰り道で火をつける、という程度だったのが、どんどん悪童ぶりに拍車がかかり、Cくんの子分以外は彼に近寄らないという感じでした。中学ではバスケ部に入ったけど、すぐに登校しなくなりました」(同級生の父兄)

5人の中でただ一人川越市在住なのがE。ただし、「中学2年の時に数カ月だけ東松山に住んでいたことがあり、その時にBやCと知り合った」(友人)Eは祖母と兄の3人暮らし。父親が女を作って出奔したため一時期、兄とともに施設に入れられていたが、不憫に思った祖母が引き取ったのだという。「川越では暴走族のような組織に入っていたが、猫を殺して解剖していることがメンバーにばれて辞めさせられた」(別の友人)

AはBの中学の同級生で、同じくサッカー部に所属。Bとは別の高校に進んだが、やはり中退している。「AもBと同様、母親とうまくいっていない、と言っていました。僕が聞いていたのは、一緒に住んでいるのが実の母親ではなく、妹はその連れ子だということ。母親と妹とはほとんど口をきかない、と言っていましたが、お父さんとは仲が良かったみたいです」(先のサッカー部仲間)

そしてAとBが所属していたのが「パズル」。今年春頃、少年院から出てきたばかりのBがまず入り、Bに誘われてAも入ることになったという「パズル」とは、如何なる組織なのか。

 

■烈戦塾とモグリ狩り「パズル」の現役メンバーはAとBを含めて十数人だ。

「パズルがやることと言えば、まず、夏祭りなどのイベントで揃いの赤い服を着て練り歩く。それから毎週土曜日は“集会”と称して東松山駅に夜9時から2時間、タムロします」と、現役メンバーが言う。

「毎週月曜日には、“烈戦塾”がある。夜7時から2時間、市民体育館を借りて格闘技の練習を行うのです。グローブやミットは使いますが、ヘッドギアやプロテクターはなし。先輩と後輩が試合をする場合、後輩は手出ししてはいけないルールになっている」こうしたこと以外に「パズル」が常に行っている活動に「モグリ狩り」がある。

「パズルのメンバーではないのに東松山で改造バイクに乗っている奴、つまりモグリを見つけて狩るのです。具体的には、追いかけて前後を挟み、バイクを止めさせる。その後は3つのパターンがあって、①バイクを奪うか数千円で買い取る、②抵抗した人間は半殺しにする、③骨がありそうな奴だったらチームに引き込んでしまう。奪ったバイクは自分たちで乗るか、転売します」(パズルの関係者)

“半殺し”の方法には、今回の事件との類似性を感じさせるものもある。バイクを数千円で売ることを渋った人間をその場で殴りつけず、川に連れていくことがあるというのだ。「パズルのメンバーに川に連れていかれ、彼らが口々に“こいつら、泳がせてみようか”と言うのを聞いて、やばい、殺されると思ってちょっと死を覚悟した」そう振り返るのは、「モグリ狩り」の被害者だ。

「しかしなぜかその話は流れて、近くの公園に移ることになった。公園への坂道を“お前ら、でんぐり返りで降りろ”と命令され、僕らはでんぐり返りで坂を転げ落ちた。彼らはその様子を見て爆笑し、最終的にはバイクも4000円で売るハメになりました」

また、彼らが牙を剥くのは「外部」に対してだけではなく、「理由もなくメンバーに制裁を加えることもある。以前、あるメンバーは先輩たちに呼び出されて沼に連れていかれ、“泳げ”と命令された。彼は泳げなかったので溺れ死にそうになり、さすがにヤバイと思った先輩が助けに入った」(先のパズルの関係者)

パズルの「次期リーダー」になることが決まっていたというBは、翼くんをメンバーに入れようとしていたという。

特集「パシリ16歳少年を殺害した東松山『カラーギャング』の掟」より

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/12013552/

_________________

少年院で非行少年は「反省」できるのか? 矯正教育のプロが語る問題点

前回の記事では、少年院の「24時間、私語禁止」という厳しいルールとその弊害についてお伝えした。さて、そうは言っても、厳しい環境下で矯正教育をしている以上、一定の効果はあるのでは、と思う方もいるだろう。

しかし、長年、刑務所での矯正教育に携わってきた岡本茂樹氏は、新著『いい子に育てると犯罪者になります』の中で、少年院での教育にはいくつも問題がある、と指摘している。

岡本氏がもっとも大きな問題点として挙げているのが、「非行少年が自身の内面と向き合うような教育をしていない点」である。以下、同書をもとに解説してみよう。

■偽りの作文

少年院に入所した少年は、矯正教育の一環として作文を書くように指導される。

岡本氏が紹介しているのは、ある少年の「なぜ非行に走ったか……」という作文だ。

この少年は、「なぜ自分が非行に走ったのか、今振り返っても答えが見つかりませんでした」という。父親によく殴られたりもしたが、決してそういう家庭環境などのせいではなく「自己中心的で、短気。目立ちたがり屋」な自らの性格に原因を求めたうえで、「こんな私でも思ってくれる家族のために、もう二度と心配をかけることはしない。もう絶対に迷惑はかけない」という誓いの言葉で作文を結んでいる。

この「反省文」を読んだ指導教官は、少年のかっとなりやすい性格を直し、「思いやり」や「規律ある生活態度」を身に付けさせたい、とコメントしている。少年が「親に絶対に迷惑をかけない」と誓い、教官はその彼に「思いやり」などを教えようとする……一見、矯正教育は順調に進みつつあるようにも見えるだろう。

ところが、岡本氏は、「この少年は自らの内面にまったく向き合っていないし、再犯の可能性すらある」と断じる。まず、彼が結局「なぜ非行に走ったのか」について、きちんと分析ができていない点が問題だという。父親に殴られていたこと、言い換えれば「自分自身が傷つけられていたこと」が、彼の性格形成に影響を与えていたはずなのだが、少年はそうした点からは目を背けている。これでは非行の根本の原因に向き合っていないため、彼の問題は解決されない、というのだ。

■迷惑はかけるもの

さらに問題なのが「絶対に迷惑をかけない」という誓いの言葉だという。「実際のところ、日々の生活で私たちは人に『小さな迷惑をかけながら生きている』のです。誰にも迷惑をかけないで生きることは不可能です。むしろ『小さな迷惑』は人が誰かとつながるためには必要なのです」(同書より)

もちろん、「人に迷惑をかけまい」と思うことは大切だろう。しかし、その気持ちが強すぎると、結局は感情を抑制し、フラストレーションをためこんだり、また他人と上手につきあえなくなったりする可能性がある、ということである。あまりに「いい子」を目指すように教育するとかえって反動がある、というのが長年、矯正教育に携わってきた岡本氏の実感なのだ。

ちなみに、最近、釈放された清原和博容疑者の謝罪文には、「必ず人の役に立つ人間になることを心に誓っております」という誓いの言葉があった。誰もがそうなることを願っているだろうが、この一文、どこか「絶対に迷惑をかけない」といった誓いと似た臭いがしないだろうか。

引用元:http://www.dailyshincho.jp/article/2016/03290515/?all=1

_________________

どういうヒトがヤクザになるのか?(1) 家庭の問題を考える

■更生する人とグレ続ける人の差は?

古くは高倉健や菅原文太の主演作品、最近では北野武監督作品などを見て、「カッコいいなあ」と思う男性は少なくないだろう。しかし、その気持ちをそのまま育んで、本当にその筋の人になるかといえば、滅多にそういう人はいない。また、若い頃にグレている人は少なくないが、ずっとグレ続けてヤクザになる人はそのうちのごく一部である。

グレる人、グレても更生する人、グレ続けてしまう人にはどのような違いがあるのか。この問題に取り組んで研究を続けているのが、犯罪社会学者の廣末登氏である。廣末氏は、元組員らへの丹念な聞き取りから、彼らがヤクザになった背景を探ってきた。その成果をまとめたのが、新著『ヤクザになる理由』。

元組員らの生々しい証言が多く収録された同書では、その「理由」について、「家庭」「学校」「仲間」「地域」「個人的資質」における共通項を示している。そして、これらの証言を読むと、単純に「出来の悪いヤツがグレて、その成れの果てがヤクザだ」といった簡単な話ではないことがわかってくるのだ。

今回は、この本から「家庭は彼らに何をしたのか」を見てみよう。以下は、同書で紹介されている元組員らの述懐の一部である。

■門限なんか無い

家庭は彼らに何をしたのか…

「(中学生の時にはもう門限は)なかったな。夜店行くんが楽しゅうてしょうがなかったわ。中学校の頃にも(夜の)11、12時には帰れよ言うんが親父の口癖やった」

「(父親は)いつも家におらんかった。仕事もやけど、芸能人の追っかけが激しかった(苦笑しながら)」

「わし、ほったらかされとったがな、金だけは貰いよった……そうやな、1日300円位か」

「(夫婦喧嘩は激しく)出刃(包丁)持ってしよったわ」

同書で多くの元組員が「門限なんか無かった」と口々に証言している点は印象的である。

廣末氏の調査によると、暴力団加入経験者には、「単親家庭」(離婚などに起因する一人親家庭)、共働き家庭や長期出稼ぎ(出張)家庭のように機能的観点からみた「疑似単親家庭」、家庭内暴力が絶えない「葛藤家庭」、学童期に門限がないなど親が躾や勉強の面倒を見ない「放置家庭」、親と子の会話が極めて少ない「意思疎通上の機能不全家庭」等々の出身が多いことが分かったという。しかも、これらの要素が複数見られる家庭の出身者が多く見られた。

■単親家庭のリスク

単親家庭のリスクを強調すると、「シングルマザーへの偏見ではないか」といった反発もあるかもしれない。この点について廣末氏は、こう述べている。「誤解なきように申し上げておきますが、私も必ずしも単親家庭で生育した子どもが、非行にはしり、グレ続けるなどという主張をするつもりはありません。筆者の知人の中にも、単親家庭でグレなかった者もいます。

ただ、学問的に見た場合には、そうした傾向があるということは指摘したいと思いますし、できれば、親となった方たちには、シングルマザー(またはファーザー)家庭を作らないようにしてほしいとも思うのです。危険なのは、安易にシングルマザーの擁護や賛美をすることは、かえって彼女たちへの支援を緩めることにつながりかねないということです。シングルマザーでも問題ないのならば、支援の必要なんて無いじゃないか、というリクツを補強しかねません。子どもがグレるリスクを高めるような環境は、できるだけ無くすべきです」

引用元:http://www.dailyshincho.jp/article/2016/07210600/?all=1

_________________

このような事件を起こした子供たちの親は

どんな風に思っているのでしょうか。

本当に子供が大事だと思っているのでしょうか?

この事件は親(大人)に大きな責任があります。

多くは思春期の子供たちが心に大きな傷を負い

何が正しく何が悪いのか愛というものを教えられず

育ってしまった結果。

自分が助けてほしい立場なのだから、

相手の事など理解しようとするわけがない。

加害者である少年たちはある意味、

大人の欲望の被害者です。

家庭環境からの影響はいつの時代も

同じような気がします。親が無理なら

少しでも環境を変えてあげることが

子ども達を救う方法なのではないでしょうか。

(キュレーター:rikako)

 

 

 

 

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
RIKAKO

RIKAKO

父母と弟2人の5人家族の長女として育つ。素はおっとりのんびりのマイペースだが、父親譲りの短気さと、母親譲りのサバサバした性格と、長女ゆえの真面目さ正義感の強さが混ざった複雑な性格。だってAB型だしね(^_^;)周りからは「天然」と言われていたが、保険会社に勤めてから天然が治った?と言われるようになる。しっかり者で、できる女とみられがちだが果たしてどうだか。

ニュースカテゴリの最新記事