気温も? スマホのバッテリーを長持ちさせる裏技

「スマホの電池の減りが早くて外出先で困った!」「残量が少なくてカメラが起動できない!」そんな経験はありませんか?スマホを長く使っていると、気になるのが内蔵バッテリーの消耗です。交換するとお金がかかるし、何より面倒です。ならば、なるべくバッテリーを消費しないことが肝心です。イザという時に電池切れということも減ると思います。では、具体的にどうすればよいのでしょう・・・

 

 

液晶画面とWi-Fi

 

 

 

最もバッテリーの消費が激しいのは、液晶画面とWi-Fi。この2つの設定を見直すことで、大幅に電力消費を減らすことができるそうです。

 

 

「液晶画面」の設定でやること

 

「自動輝度調節のオフ」輝度とは液晶画面の明るさのことです。環境に合わせて自動的に明るくしたり暗くしたりする機能をオフにして、常に“ギリギリ見える”程度の明るさにしておくといいそうです。「スリープ中の通知のオフ」メールやSNSメッセージが来たことを画面に通知する機能も、不要なら切る方がいいそうです。

 

 

グループラインで自分に関係ないメッセージがじゃんじゃん届くのはウザ人も通知オフなら、そのたびに確認する煩わしさからも解放されます。アプリごとに通知の有無を設定ができます。LINEのポップアップなど画面に表示される通知はオフにします。またサイレントマナーにするとすべての受信のバイブが鳴らなくなるので、節電になるそうです。

 

 

「Wi―Fi」について

 

これをオンにしたままだと、常に電波を探そうとしてバッテリーが消耗します。“家を出たら切る”ということを習慣づけた方がいいそうです。イヤホンなどの周辺機器と無線接続をするBluetoothはオンにしていると接続先を探すため、微量ですが電力を使います。使うときだけオンにすると節電になるそうです。

 

 

最適温度は16~22度

 

 

位置情報も同様です。アプリのバックグラウンド通信をオフにしたり、低電力(または省電力)モードにしたりするのも効果的で、アプリに伴う電力消費を抑えられるそうです。山の中など明らかに電波が弱いエリアは、機内モードがお勧めだそうです。電源オフより、起動時の電力消費がかからないそうです。

 

 

もし十分な残量があったのに、突然激減していたり、起動しなくなったりしたら、気温のせいかもしれません。スマホバッテリーの最適温度は16~22度。それより低くても高くても性能が落ちるそうです。冬は、体温やモバイルバッテリーの熱で温めると、復活しやすいそうです。これからの季節は、炎天下の車のダッシュボードの上や密閉ケースの中など高熱になる場所での放置は厳禁です。

 

 

スマホを長期保管する時は、フル充電や使い切った状態はNGです。バッテリーの性能が極端に落ちる可能性があるそうで、50%充電で電源オフがベターだといいます。

 

 

充電はバッテリーの残量をゼロにしてから

 

 

 

継ぎ足しの細かい充電がくり返されています。これを長時間くり返すと、充電と放電の回数が増え、電池を劣化させてしまいます。充電が100%になったら、充電コードを抜きましょう。充電したまま寝る、少し使うたびに充電するのも避けましょう。帰宅後すぐ充電をはじめ、就寝前までにコードを抜く・または残量10~20%になってから充電するのがおすすめだそうです。

 

 

以前であれば端末を充電しっぱなしにしていると、「過充電」でバッテリーがダメになることがあったそうです。長い時間電源につないでおくと、旧型のリチウムイオン電池は過熱し、まれですが爆発する危険もあるそうです。熱を逃がすように作られていないケースを使っている場合は、今でもこの現象が起きる可能性はあるようです。最近では、充電器やスマホも研究されこうした現象が起きないように対策がされているそうです。

引用元https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170402-00000015-nkgendai-life

 

 

 


 

 

スマホを使い始めた最初のころ物珍しさもあり待ち受け画面を動く壁紙にしていていたら、docomoのスタッフに、動きがある分静止画の壁紙よりもバッテリーを使いますと言われて初めてバッテリーに良くないことを知りました。説明書にはそこまで詳しくは記載されていないので、人の口から情報が入ってきます。細かいことが多いですが、チリも積もれば省電力にもつながるでしょう・・・皆さんもいま一度見直してみられることをお勧めします。

(キュレーター:remon)

 

最新情報をチェック!