素敵なワインの飲み方

素敵なワインの飲み方

 

最近 ワインを嗜まれる女性が増えているそうです。フルーティーで美味しくて見た目も優雅・・・そんなイメージのあるワイン。皆さんはどのように飲んでいますか?今回はワインの飲み方について少しご紹介させて頂きますね。

 
 

飲み方と注意すること

 
 
 
 

大人の女性として美しくワインを飲んでいても悪酔いしてはめを外してしまってはとても素敵な飲み方とは言えませんね。ワインはアルコールの度数が意外と高いので気をつけねければ逆にワインに支配されてしまいます。

 

ワインに支配されないためにもワインは空腹では飲まない様にしましょう。ワインは食事をしながら飲むと美味しく頂けるそうです。そしてワインは軽めの白ワインから赤ワインと進んでいくと悪酔いしない様です。なので初めは白ワインから飲み始めてみてみてはいかがでしょうか?

 

qeN90jmnqSYTDGw1485880897_1485880908

 

グラスにワインを注ぐのは男性がするものなのでお男性に任せましょう。また グラスにワインを注いでもらう時はグラスを持ち上げないのがマナーです。テーブルの上に置いたままグラス注いでもらいましょう。グラスが空になっても決して自分でつがない様にしましょう。

 

それから ワインを飲み始める時 グラスとグラスを合わせて「カンパーイ」とするのは「マナー違反」になりますので気をつけましょう。正しい乾杯のやり方は「グラスを目線の高さに持ち上げて何か一言!」「今日はありがとう」または「楽しい夜に」など優しい言葉を添えると素敵な女性に見えますね。その時 相手(男性)を見つめて言うのがコツだそうですよ。

 

優雅に美しく

 

 

ワイングラスを持つ時

ワイングラスは「脚の部分を親指・人差し指・中指の3本」で持ちましょう。そうするとグラスの中のワインが温まらず美味しく頂けるからです。ワイングラスを持つ時は優雅に指先をそろえてキレイに持つように練習しておくのも良いかのしれませんね。

 

テイスティングをする時

テイスティングは「色を目で・香りを鼻で・味を舌で」楽しむことを言います。グラスを前に45度傾け「ワインの色や濃さを見たり・ グラスを鼻に近づけて香りを嗜んだり・グラスをくるっと左回りに一回転させて香りの違いを楽しんだり・そしてワインを一口飲み口の中で味を楽しみます。

 

oKXJBqV3O8MpVMY1485880820_1485880833

 

常に姿勢は注意して

ワインを飲んでいる女性は優雅でセクシーに見えるものですね。背中が丸まっていたりしては台無しですね。ひじなどをテーブルに乗せたまま飲んだり脚を組むのもやめましょう。相手の方から少し斜めになる角度でグラスを傾けるとキレイに見えるものです。また ネイルなど指先もキレイ整えておくとよりエレガントに見えます。

 

こんな時はどうするの?

 

 

グラスについた口紅がついた時

よく グラスに口紅がついてしまった時 指で拭ってナプキンで拭きとるという方が多いと思いますがワインを頂いている時は拭き取らなくてもOKなのだそうです。でも 気になるようでしたら食事の前などに口紅を軽くオフにしておくと宜しいと思います。また 口をつける場所を決めておくと口紅の汚れも最小限ですみますね。

 

FLXIh_p5yTtNNGH1485880860_1485880868

 

ワインの一気飲みは控えましょう

たとえ 喉が渇いていてもワインを一気飲みするのは控えましょう。女性らしさを大切に優雅に頂くワインです。さらに何年も熟成されたワインに対しても失礼になります。ワインは静かにじっくりテイスティングをしながら味わって飲むもの。優雅に飲むようにしましょう。

 


 

ワインの嗜み方などいかがでしたか?ワインはおしゃれで優雅なイメージあったので私もマナーを知り素敵に頂いてみたいといつも思っていました。皆さんはご存知でしたか?男性の人がワインを注ぐまで待っているとか テイスティングをする時はグラスに入っているワインを左に一回まわしす事とか・・・ 伝統あるワインにマナーはありましたね。私も少しはマナーを覚えましたので以前よりは素敵に頂けるかと思います。皆さんも良かったら参考にしてみて下さいね。

( キュレーター : Rose )

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
Rose

Rose

幼い頃から楽しいことが大好き! 活発な性格でやんちゃな事もしていた私 結婚をして子供を2人産んで ぐうたら主婦になりました(笑) こんな私が何故か子供が通っていた幼稚園の保護者会会長になり それから短大の保護者会会長まで長きに渡り教育の現場に関わらせて頂きました武闘派の主婦です。

お出かけカテゴリの最新記事