災害時いざというときに備えてる?防災ポーチで「0次対策」をしておこう!

災害時いざというときに備えてる?防災ポーチで「0次対策」をしておこう!

最近国内の様々なところで地震が発生していて心配ですよね。ところであなたはいざというときのために防災グッズなどを準備していますか?家には防災リュックがあるというお家でも、外出先だったりした時の対応は考えてしまいますよね。そこで「0次災害」と言う言葉も含めて、準備しておくべきものなどを確認しておきましょう。

 

「0次対策」ってなに?

 

0次対策とは常に持っているもの(備え)ということですが、人と防災未来センターでは、次のような防災用品の分類がされているんだそうです。

 

0次の備え・・・外出先で被災した時用の備えとしていつも持っているもの

 

1次の備え・・・防災リュックなど家庭や職場においてある備えで、まずは被災した1日分の備え

 

2次の備え・・・生活のライフラインが止まってしまった時の場合に備えて数日間しのげるように準備したもの

 

0次の備えとして知られているのが「防災ポーチ」または「サバイバルポーチ」と呼ばれていてテレビなどでも紹介されているようです。認知度は少しずつ広まっていて防災ガールもいるんだとか。防災ガールとは「もっと防災をオシャレで分かりやすく」というコンセプトで、女子ならではの視点で役立つものを最小限に持ち歩けるものを推奨しているんだそうです。

 

 

「防災ポーチ」には何を入れる?

 

 

*食べ物・・・キャンディ・チョコレート・飲料水

 

*携帯電話充電器

 

*携帯ラジオ

 

*笛

 

*懐中電灯(小型LEDライト)

 

*マスク

 

*ポケットティッシュ

 

*簡易トイレ

 

*免許証や保険証のコピー

 

*手ぬぐい

 

*ポンチョなどの雨具

 

これらすべてを持ち歩く必要はありません。この中から自分の生活に合わせたものを自分でアレンジすることがおススメされています。優先順位をつけ自分だけの防災ポーチを準備しておきましょう。自分で考えるのが面倒だなと思う方は、非常時の一人用の防災セットも売っていますのでそちらで備えるのもよいかもしれません。

 

 

女性ならではの視点「防災豆知識」

 

小さな赤ちゃんがいる人は被災時おむつに困ったという声も聴きますよね。そんな時は「手ぬぐい」が最適です。手ぬぐいは赤ちゃんのおむつ以外にも、マスクや三角巾、包帯代わりにもなります。災害時に持ち出せるのはわずかな荷物です。そんな時に軽くて乾きやすくて、多様な使い方ができる「てぬぐい」は必須ですのでぜひ常備しておいてくださいね。

 

また小さいお子さんやお年寄りがいるご家庭では、お薬手帳や処方箋のコピーなどもあると安心です。そして家族写真を持っていると家族とはぐれたときに確認もできますので普段持ち歩くカバンの中に入れておきましょう。他にも災害時に活躍するのが「ビニール袋活用術」です。けがをした時の応急手当や、45Ⅼのゴミ袋であれば逆さまにして上と左右に穴をあけて、雨具や防寒着代わりにもなります。

 

最後に、災害に備えた備蓄食料は玄関や物置などに置いてる人も少なくありませんが、「車の中」に保管するのも一つのアイディアです。また水害が起こりやすい場所では高い場所に置いておくなどの工夫も必要かもしれません。

 

引用元:https://goo.gl/8MUNG3

 

 

 


地震があったり他の地域でも災害があったときに、人は意識が一瞬高まり準備をしたりしますが、何事もなければ忘れてしまう人も多いと思います。でも災害は思いがけずやってくることが多いので、常に備える「防災ポーチ」はとても大切だと思います。これを機に私も防災ポーチを持ち歩くようにします!皆さんもぜひ備えておいてくださいね。
(キュレーター:rikako)

 

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
RIKAKO

RIKAKO

父母と弟2人の5人家族の長女として育つ。素はおっとりのんびりのマイペースだが、父親譲りの短気さと、母親譲りのサバサバした性格と、長女ゆえの真面目さ正義感の強さが混ざった複雑な性格。だってAB型だしね(^_^;)周りからは「天然」と言われていたが、保険会社に勤めてから天然が治った?と言われるようになる。しっかり者で、できる女とみられがちだが果たしてどうだか。

お出かけカテゴリの最新記事