ご用心 “お試し詐欺”?

「初回お試し価格500円」という広告をネットやスマホで見たことはありませんか?タレントの山口もえさんが朝のテレビ番組で、“お試し詐欺”に引っ掛かったことを告白されていました。「初回お試し価格500円」などとうたった商品を購入すると、翌月も商品が送られてきて、数か月間定期購入価格を請求され、お試しのつもりが高額請求ということが増えているそうです。

 

 

「初回お試し価格500円」のカラクリ

 

実は初めに見た広告には「お試し500円は定期購入が条件」と小さな記載があり、結局、途中解約することができずに数か月間定期購入させられるというもの。番組では「“お試し”で高額請求?!」という話題を取り上げ、「美容・健康食品の通信販売トラブルが増えている」と注意を呼びかけていました。

もえさんは番組で取り上げたトラブルとまったく同じケースだったそうで、「まさか自分のことをやるとはね」と頭をかき、「結局、半年、買わなきゃいけなくなって。“体に合わないんですけど”って言ったんですけど、“ちゃんと書いてあります”って言われて」と“泣き寝入り”することに。

商品は健康に関するもので、お試し購入の条件が半年間の定期購入であるという記載があったといい、毎月届く商品は「夫と2人で半年ぐらい、飲み続けながら数を減らしました」と苦笑い。新婚の爆笑問題・田中裕二さんとともに“お試し”続けたそうです。

引用元 Yahoo!ニュース

 

 

契約の内容をきちんと確認しましょう

 

国民生活センターへは、定期購入をめぐるトラブルでは、消費者が自主的に停止手続きをしないと自動で定期購入へ切り替わってしまうという相談のほか、消費者の認識が「お試し」「1回だけ」でありながら実際には定期購入契約になっているという相談が多く寄せられているそうです。

 

 

こんなイメージの広告を見た人は、たいていこのように考えて購入しています。

 「これよさそう!初回お試しがついてるから安心。まずはお試しだけしてみましょう。」と、軽い気持ちで購入してしまいました。

 「お試しして気に入らなければ、2回目以降は注文しなければいいものね。」って思ったのに。

ところが、実際には「初回お試し価格〇〇円」の購入条件には、数か月間の定期購入が前提という場合もあるのです。小さく記載されていたりすることもありますので、お試しのつもりで購入ボタンを押す前には、契約内容をよく読んで確認をしましょう。

 

 

こんな悪質なケースも

 

 

本来はきちんとした事業者ばかりだと思いたいのですが、最近ではこんな悪質な詐欺まがいの業者が見受けられるのも事実です。国民生活センターには次のような相談も寄せられているそうです。

・ 定期購入である旨の表示が分かりにくい
・ 解約はできない旨の表示が分かりにくい
・ 解約を申し出たところ、通常価格を請求される
・ 事業者への解約の申し出が困難

 

 

 


通信販売って、便利ですよね~。パソコンやスマホでポチッっとクリックするだけで商品が手元に届けられるのですから。でも、そのお手軽さゆえに、購入条件を飛ばし読みしたり、見落としたりしがちです。購入ボタンを押すということは、売買契約が成立するということですから、よくよく条件を確認してからクリックしましょう。

(キュレーター:SILVIA)

 

最新情報をチェック!