平熱が35度台は良くないの?

平熱が35度台は良くないの?

 平熱が35度台の「低体温」の子どもが増えている。体力や集中力の低下などの悪影響も指摘される。多くは生活習慣を見直すことで改善できるという。「低体温」とは、1日を通じて体温がおおむね35度台と低めにとどまっている状態のこと。最近はそうした子どもが珍しくないという。全国の小児科医107人を対象に2012年、飲料販売のキリンMCダノンウォーターズ(東京)が行ったアンケート調査では「低体温の子どもが増えている」との回答が8割近くを占めた。

 

yjimage-18

 

  「低体温は代謝が低下している状態でもあるため、疲れがたまったり風邪をひきやすくなったりします」と話す。人間の平熱は、生まれた直後は37度以上で、生後100日で37度ほど、2歳頃で36度台に落ち着く。夜眠っている時は低く、日中活動している時は高く、という規則的な体温リズムで生活するようになる=イメージ図=。「自律神経の働きが乱れ、体温調節がうまくいかなくなると、低体温になる」と話す。日中の運動不足で体温を上げる機会が少ないことも原因になるという。「低体温になると、登校・登園してげた箱の所でぼんやりと座り込んでいたり、午前中の授業が頭に入らなかったりといったことが起こってきます」と話す。

 

自律神経のバランス回復を

 

yjimage-19

 

 まずは遅寝遅起きの改善から。小学生ぐらいなら、午後8時、遅くとも9時には寝るようにする。メラトニンというホルモンが分泌のピークを迎える午前3~4時に体温は最も低くなる。明け方にはコルチゾールなどのホルモンが出て体温が上がり、朝食時には体温がある程度上がっている状態になる。ところが、寝るのが午後11時になると、体温の低い時間帯が午前5~6時にずれ、朝食の時間に体温が上がっておらず、食欲がわかない。朝食を抜けば、熱量摂取がないため、さらに体温は上がりにくいという悪循環に陥る。

 

 運動も大切だ。3歳児までは午前中に思い切り体を動かす。ある程度体力がついた4~6歳なら、午後も汗をかく運動をすれば、夕食をしっかり食べられ午後8時頃には眠くなる。午後にテレビゲームなどで遊んで体力を使わずにいると体が疲れず、夕食時に小食になったりする。活動的な時間帯が午後8時過ぎにずれ、眠くなるのは午後10時を過ぎてしまう。日中にしっかり活動して体力を使うことが大事だ。

引用元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161102-00010002-yomidr-sctch

________________________

低体温症に気をつけろ<上>万病につながる危険因子

◆体の深部と皮膚の温度は違う

 体のどの部分を測るかで、温度が違うということもあります。体の中の温度と皮膚の温度は違います。「風邪をひいて熱が出た」という時の体温は、皮膚の温度を指して言っているわけですが、病気と関連してくる体温とは、体の芯の部分の温度なのです。これを、「深部体温」と呼びます。

 

◆深部体温低下で臓器の機能不全

 低体温は、免疫機能の観点からも問題です。体の中で一番大切なのは、毒物を解毒して代謝することです。そのためには酵素の働きが重要ですが、低体温によって酵素の働きが低下してしまうのです。ばい菌が入ってきても、それをやっつける力、分解してなくしてしまう力が衰えてしまいますので、免疫力が落ちて、病気にかかりやすくなります。

 

 便秘も、低体温が原因だと疑われます。腸の動きが滞ると便秘になります。もちろん、逆にお なか が緩くなってしまう方もいるのですが、多くはお腹の動きが悪くなって便秘気味になるのです。体温と睡眠は実は極めて密接な関係があります。小さな赤ちゃんが眠そうな様子を見ていると、手がぽかぽかしてきて、ほっぺたが赤くなって、体温が上がっているはずです。体温の上昇で睡眠が促され、その後、寝た時に、体温はすっと下がる仕組みです。体温が下がれば下がるほど、眠りは深くなっていきます。

 

◆冷え性と低体温の違いとは?

冷え性の人は、それを自覚しています。手足が冷えるとか、お腹が冷えるとか、はっきりと自分で分かっている時には冷え性だと言えます。低体温は自分で分からない。そこが、冷え性と低体温の差です。深部体温が低くなっていると、いろいろな病気が発生してきますので、これは病気だと考えられるのです。

 

◆運動不足は低体温の原因に

 子どものころは、走り回ったり、知らないうちに汗をかいたりすることをいっぱいしませんでしたか。汗をかくということは、体の中から水分が出て、それが空気中に揮発することです。これによって体温は下がります。つまり、運動することによって、それだけ、体温が上がっていることを意味しています。 大人になって、事務や家事などをして、子どものように外を飛び回らなくなると、なかなか汗はかきません。そうなると、体の中で温度が下がり始めてくると考えていいでしょう。

 

 例えば、空調です。部屋の温度が下がってくると体も冷えやすくなります。夏場でもクーラーのかけすぎで体が冷えると、風邪をひきます。温度だけでなく、湿度も重要です。乾燥している中で温度も低くなると、体が冷えやすくなるからです。室内にいても、体を動かさずに楽をしていると、体の熱は発生しにくくなり、低体温の原因になります。

引用元https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160323-OYTET50030/?from=yh

________________________

低体温症に気をつけろ<下>体の保温にはこれが大事

◆人間の体は“魔法瓶”

人間の体はまず、皮膚という“防御服”で守られています。その中で、体温を保つ必要があります。そのためには、魔法瓶の層をしっかり作ることがポイントになります 筋肉の層が少なくて脂の層が厚いと、温まることは温まりますが、熱を発生する装置である筋肉が薄いため、温かくなっても、すぐに冷めてしまいます。従って、太っているから低体温にならないかといえば、そんなことはありません。魔法瓶の層がバランスよく配置されている状態を整えていくことが大切です。

 

 衣服の役割も重要です。低体温対策では、衣食住の中では衣服の重要性が高いのです。服を着ることで、空気の層ができます。つまり、魔法瓶の層が一つ増えます。衣服を重ね着することで、層が増えていくことになるわけです。また、衣服によって体を締め付けることも感心しません。体を締め付けると循環が悪くなり、体温を下げてしまうのです。重ね着の場合は軽くて緩めのものを、適度に重ねることが好ましいと思います。

 

◆胃の不調は低体温のサイン

 低体温になっている状態は、魔法瓶の真ん中が冷えている状態と同じで、人間の体の真ん中の胃が冷えている状態です。従って、食事が進まない、胃がもたれる、消化不良が起きているといった症状が出てきます。風邪をひきやすくなったとか、体調を崩しやすくなった時は、どこかで低体温がある可能性があると考えるのがいいでしょう。深部体温を測れなくても、毎日同じ時間に同じ状態で体温を測ることで、変化に気付くことはできます。

 

◆朝一番に温かい飲み物を

 1日のうちで一番体温が下がっているのが朝ですから、まず、朝に魔法瓶の真ん中、つまり消化器官を温めましょう。健康のため、起きてすぐに冷たい水を飲む人がいらっしゃると思いますが、これは腸を刺激し、自律神経を整える作用があります。そうであれば、低体温のことを考え、温かい飲み物を朝一番に飲めば、一石二鳥ではないでしょうか。

 

 食事で低体温対策として効果的なのは、ショウガ、ネギ、ニラ、ニンニクの4つです。食材の中の成分が、体を温めてくれます。温かいショウガは、より体を温めやすくなりますから、低い温度でショウガをとるよりも、少しお湯の中に入れるなどするといいでしょう。

 

 トウガラシは口の中が辛くなって、発汗してしまいますので、逆に体温を下げてしまいます。冬場はトウガラシを食べると、逆に風邪を引いてしまうこともあるので注意しましょう。お酒は血液の循環をよくするので、温まります。けれども、循環が良くなる際に、抹消の血管が開いて放熱してしまいます。、飲み過ぎには注意が必要です。入浴は、「43度で10分間」が基本と言われますが、、42度で5分間くらいが適当ではないかと思います。

引用元https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160402-OYTET50000/?from=yh

________________________

  平熱が35度台の「低体温」の子どもが増えているそうだ。自律神経の働きが乱れ、体温調節がうまくいかなくなると、低体温になるので子供の就寝時間の乱れは大きいようだ。此れは大人にも当てはまることで、低体温は、免疫機能を低下させる。自分の平熱を普段から知っておくことが大切だという。毎日同じ時間に同じ状態で体温を測ることで、体の変化に気付くことはできるので、朝一番の最も体温が低いときに測定するといいそうだ。
夏場のクーラーのかけすぎは、温度だけでなく湿度も重要で室内にいても、体を動かさずに楽をしていると、体の熱は発生しにくくなり、低体温の原因になるそうだ。夏場の冷房には注意したい。 

(キュレーター:remon)

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

暮らしカテゴリの最新記事