離乳食の時期でアレルギーが出るってホント?

離乳食の時期でアレルギーが出るってホント?

初めてママ必見、離乳食を遅らせるのは逆効果?離乳食開始時期の目安はココだった!

離乳食の開始時期によって食べ物アレルギーに対する予防ができるのかどうか真相を探ります。

離乳食を早めたり遅らせることによる影響

【早めた場合】
西原式などでは、離乳食を早く始めすぎることがアレルギーやアトピーの原因になるといわれ、1歳になってからの離乳食の開始がすすめられているようですね。

【遅らせた場合】
一部、学会発表などで離乳食の開始時期があまり遅いのも2歳時点での喘息やアトピーの罹患率を高めるという報告があるそうです。

また、離乳食の開始時期を遅くしても、アレルギーの予防にはならないという説もあるようです。

食物アレルギーを引き起こす「アレルゲン」

・卵

アレルゲンとして最も多く、成長とともに治っていく場合も多いアレルギーの1つです。

・牛乳
乳児において特に深刻なアレルゲンで、牛乳に含まれるβラクトグロブリンなどに反応することがあるようです。

・大豆
卵・牛乳とこの大豆を合わせて3大アレルゲンと呼んでいます。

・米
米に含まれるたんぱく質がアレルゲンとなります。米からアワ・キビなどへの変更が必要になります。

・ピーナッツ
アナフィラキシーショックを起こしやすいアレルギーの1つです。

・小麦
子供に多いことで知られ、3大アレルゲンに次いで頻度が高いアレルギーとも言われています。

・果物
口腔アレルギー症候群ともいわれ、桃やリンゴ、サクランボなどが主な原因となります。

・検査方法
食物アレルギーの検査方法には、問診、血液検査(IgE抗体やヒスタミン遊離試験など)、皮膚反応の検査、食物除去試験、食物負荷試験などが行われます。

アレルゲンを生後3~5カ月で食べ始めると予防に?

アレルギーの発症については、まだ研究段階であることが多いです。

離乳食で早く、あるいは遅く食べ始めることがアレルギーの発症や予防にどのようにかかわるのか、専門家の間でも様々な意見があって医学的なコンセンサスはまだ得られていない状態だと思います。

離乳食開始と完了の時期が遅くなっている理由

それぞれのご家庭、赤ちゃんによって理由は異なると思いますが、ある程度長い間母乳を飲ませたほうが良い、離乳食は急いで開始しなくてよいといった説が広く流布したことも関連があると思います。

離乳食の開始時期の目安

◎首がしっかり座り、ある程度安定してお座りができる

◎食べ物に興味を示している◎よだれが増えて、食べ物に手をのばしたりする

◎歯が生えてきている

◎口にものを入れることが増えてきた

アレルギーの予防と対策

アレルギーを予防する、というのは難しいことと思います。

アレルギー反応が出ても原因を特定しやすくするために、初めての食べ物を上げるときはできるだけ一種類ずつ、しっかり赤ちゃんを観察できる時間の余裕があるときにごく少量ずつ食べさせるようにするとよいでしょう。≪子どもの咳が続く…これって風邪?それとも喘息?≫

医師からのアドバイス

色々な考え方がありますが、赤ちゃん一人一人によって成長・発達のスピードや得意・不得意は異なります。

一応の目安の年齢はあっても一律に何カ月に達したからこれを始める、というのはなかなか難しいと思うので、ご自分の赤ちゃんの状態をよく観察したうえでタイミングを見極めましょう。

引用元:http://spotlight-media.jp/article/325135761995933624?utm_source=spotlight&utm_medium=referral&utm_campaign=top_page

_________________

同じものばかり食べ続けるとアレルギー発症する場合も!

このタイプのアレルギーを予防するには、0~2歳の幼児期早期は、まだ免疫の機能の発達が十分ではありませんので、卵、大豆製品等やたんぱく質の多く含まれている食物を避けるようにして下さい。また、幼児期を過ぎてからは同じ食物を食べ続けるのもよくありません。特にダイエットだからといって乳製品等の同じ食物を食べ続けるのは将来的にそのダイエット食品が原因のアレルギーになる可能性があります。
子どもに起こるアレルギーは初めて接した物質に対して起こることが多く純粋に遺物に対して起こります。
治療法は薬でアレルギー反応を抑えることができますが薬以外の両方としては「減感査療法」という方法があります。これはアレルギー原因となる物質を皮膚に注射する方法ですが濃度の薄いものから徐々に濃くしていって身体を慣れさせる方法です。このような治療法もありますが原則はアレルギーの原因となる物質に接しないようにすることです。

引用元:https://doctors-me.com/doctor/allergic/5/column/2161

_________________

小児のアレルギー検査の特徴

子供のアレルギーは身体の機能が未熟であることからアレルギーが大人に比べて非常に多いものです。

大人と同じように血液検査を行いますが、成長とともにその食べ物に耐性がついて食べられるようになっていく場合も多いのが特徴です。

アレルギー検査は何科で費用はどのくらいか?

アレルギー検査は子供は小児科、大人はアレルギー内科や皮膚科、耳鼻咽喉科などで行われる場合が多いように思います。

費用は検査方法や項目数にもより、保険適用であるにもかかわらず診察代などを含め一万円以上になる場合もよくあるようです。

自宅でできるアレルギー検査

自宅で指先などから採血をおこない、郵送してアレルギーの検査ができるキットも通信販売などで販売されています。

医師からのアドバイス

アレルギーは時代とともに増加し、大きな問題となっていますが、正確な情報を得て、適切に対処することで得られるメリットは非常に大きいものです。まずはしっかり検査をおこないましょう。

特に、子供さんの場合などは時にお父さんお母さんの思い込みだけで食べ物を制限しているケースが健康上、問題になっていることもあります。

引用元:https://doctors-me.com/doctor/allergic/5/column/3978

_________________

 

アレルギーの原因は、もともとその子の持っている

免疫力に関係するものだと思っていました。

結果はっきりはしていないものの

未熟な子供の体では食べ物を

受け入れられるほど臓器も発達していない事も

アレルギーの原因にも多少あるとの事。

お母さんは色々と心配になりますが

子供の成長をよく観察して色んな種類を

少しずつバランスよく慣らしていくのも

必要なのかもしれません。

(キュレーター:rikako)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
RIKAKO

RIKAKO

父母と弟2人の5人家族の長女として育つ。素はおっとりのんびりのマイペースだが、父親譲りの短気さと、母親譲りのサバサバした性格と、長女ゆえの真面目さ正義感の強さが混ざった複雑な性格。だってAB型だしね(^_^;)周りからは「天然」と言われていたが、保険会社に勤めてから天然が治った?と言われるようになる。しっかり者で、できる女とみられがちだが果たしてどうだか。

暮らしカテゴリの最新記事