近視が世界中で急増中なのはなぜ?!バイオレットライトが近視を防ぐ。

近視が世界中で急増中なのはなぜ?!バイオレットライトが近視を防ぐ。

今子供の近視の増加が増えているといった問題があるようですが、子供だけでなく大人もその症状が止まらないのはパソコンやスマホだけが原因ではなさそうです。意外なモノが不足している「バイオレットライト」とは一体どんなものなのか、将来近視にならないための対策を知っておきましょう。

 

今どきの生活習慣にひそむ近視のリスク

 

2015年英科学雑誌「ネイチャー」によると世界人口の1/3の25億人が20年までに近視になると推測されています。その理由については「ある特定の波長の光」が影響しているんだとか。実際に世界中でものすごい勢いで近視が増えているんだそうです。

 

その「特定の波長の光」というのは【バイオレットライト】と呼ばれていて現代社会で失われたヒカリなのです。太陽光に多く含まれているバイオレットライトですが、最近では紫外線の悪影響が強調されてバイオレットライトもカットされてしまう眼鏡やコンタクトレンズ、窓ガラスなどのほか、加えて子供たちの外での遊びが減っているためと見られています。

 

恐ろしいのは強度の近視が進むと、一部が病的近視となり最終的に失明してしまう人が少なくなく、日本の失明原因5位である強度近視によるものは年々増えているそうです。16年度の文科省の調査では小学生の近視率(視力1.0未満)が31%、中学生55%、高校生が66%と増加してきています。

 

 

近視を救うバイオレットライトとは?

 

バイオレットライトは太陽光に多く含まれていて人の目に見える可視光のなかで一番短い紫色の光のことをいいます。研究や実験の結果からこの光が近視の進行を抑制する働きがあることが分かってきています。

 

近視のエビデンスで確実性が高いのが「外で遊ぶと近視になりにくい」というのも10年ほど前から言われていた説で、勉強や読書をするといったことよりも近視とのかかわりが深いことも認められています。

 

 

 

近視になるのメカニズム

 

 

近視になる原因は目の奥行(眼軸長)と言われる長さが伸びることで起こるといわれています。生まれたときは17㎜位ですが大人になると24㎜まで伸びます。伸びていくことは正常ですが、伸び過ぎてしまうと矯正が必要な状態になってしまうとのことです。これが近視と言われる状態で、子供のころにバイオレットライトを浴びていないと環境的に近視になる原因を作ってしまっているようです。

 

子供の近視予防としては、1日2時間程度外で遊ぶことです。バイオレットライトが一番多く出ている時間帯は午前10時~午後4時くらいで、直射日光に当たる必要はなく帽子をかぶった状態の日陰で遊ぶだけでも良いので日光浴をしましょう。ちなみに蛍光灯やLEDライトにはバイオライトは含まれていないので、テレビやスマホだけでなく子供は外でしっかり遊ぶのが将来の近視の防止対策となりそうです。

 

引用元:https://goo.gl/15ZxQ6

 

 

 


最近では紫外線の悪影響の部分だけが話題に出たりして太陽光はよくないものと思われがちですが、視力に関係する事実があったとは驚きです。昔、子供は外で遊ぶのが仕事と言われたのも納得ですが、紫外線を浴びすぎも良くないかもしれませんが、一方ばかりに気を取られずメリット、デメリットを理解し上手に太陽とも付き合っていきたいですね。
(キュレーター:rikako)

 

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
RIKAKO

RIKAKO

父母と弟2人の5人家族の長女として育つ。素はおっとりのんびりのマイペースだが、父親譲りの短気さと、母親譲りのサバサバした性格と、長女ゆえの真面目さ正義感の強さが混ざった複雑な性格。だってAB型だしね(^_^;)周りからは「天然」と言われていたが、保険会社に勤めてから天然が治った?と言われるようになる。しっかり者で、できる女とみられがちだが果たしてどうだか。

おもしろカテゴリの最新記事