その肌荒れ、日焼け止めが原因かも?

夏は必須の日焼け止めクリームですが、最近ではオゾン層の破壊がすすんでいるとかで一年中日焼け止めクリームを塗る女性も増えています。でもなんだか肌の調子が悪いのよね~なんてことはありませんか?もしかしたらその原因は日焼け止めにあるのかもしれませんよ。日焼け止めについてと、手作りできるクリームの紹介をしていきます。

 

日焼け止め成分は大丈夫?

 

日焼け止めの主な有効成分に「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。紫外線吸収剤は、その名の通り、紫外線を吸収しそれを熱に変えて放出させる働きがあります。内容成分は「メトキシケイヒ酸エチルへシル」「パラアミノ安息香酸誘導体(ジメチルPABAオクチル)」などですが、SPFの数値が高いほど多く入っているのとのことです。

 

それだけ肌への負担は増えますし、しかもメトキシケイヒ酸エチルヘキシルは、女性ホルモン、男性ホルモン、甲状腺ホルモンを乱すリスクもあると言われているそうです。そして紫外線散乱剤は「酸化チタン」「酸化亜鉛」「酸化セリウム」等が成分名ですが、肌への負担は少ないと言われていますが肌は乾燥しやすく、WHOでは発がん性を指摘されている成分だと言われています。

 

製品もどんどん進化し、成分も最粒子化すると肌の内部まで浸透しやすくなっていますので体内に取り込んでしまうこともあれば、ウォータープルーフのように密着度の高いものですと皮膚呼吸や代謝の妨げになりそれが肌荒れの原因になっているのかもしれません。

 

 

では日差しはどう防ぐ?

 

とはいっても日焼け止めの効果は高いことは分かっていますよね。毎日肌につけると負担になるので、例えば屋外でのスポーツやキャンプなど外で過ごす時間が多い時は市販の日焼け止めを利用し、普段は肌に優しい日焼け止めをご自身で手作りしてみるのはどうでしょうか?

 

手作りですのでそんなに強い日焼け効果はなくとも、最低限のレベルにプラスして日傘や帽子サングラスなども併用してみるのも良いかもしれませんね。基本は肌のターンオーバーがスムーズであれば大きなトラブルにもならないと言われています。

 

そのためには毎日のバランスの取れた食事と、質の良い睡眠が大切です。ビタミンミネラルをたっぷりとって肌のサイクルを促してトラブルのない、紫外線にも負けない肌を作っていきましょう。

 

 

肌に優しい日焼け止めの作り方

 

<材料>

 

*オリーブオイル・・・1/2カップ

*ココナッツオイル・」・・1/4カップ

*みつろう・・・1/4カップ

*酸化亜鉛・・・大さじ2杯(大さじ1杯がSPF10相当)

*好きな香りのオイルや美容液・・・数滴

 

 

<作り方>

 

1:ガラス製のボウルに、オイル&ろう&美容液を混ぜ合わせ、ひとつの物質になるまで湯銭で温め、均一になるまで混ぜる。

 

2:湯銭を続け完全に混ざったら、酸化亜鉛を加え更に混ぜる。(酸化亜鉛は吸い込まないように注意)

 

3:粘り気がある状態でなおかつ濃すぎない状態になったら湯銭からおろし、数分放置する。そしてガラスの容器に入れて1日置いてから使用する。

 

※保存料などは入っていないので、使い切る分量だけ作るのがおススメです。直射日光の当たらない涼しいところで保管しましょう。

 

引用元:https://goo.gl/mX47K5

 

 

 


最近ではミネラルファンデなどお肌に優しいものも出ていましたが、日焼け止めもオリジナルで作れるんですね!天然成分で日焼け防止効果のモノもあり手作りもできるとのことですので、市販のものが合わない方や、小さいお子さんがいる方にはぜひ試してみると良いかもしれませんね。洗い残しの心配もありませんし、これなら安心して全身に使えそうです。手作りにぜひちゃれんじしてみてくださいね(^▽^)/
(キュレーター:rikako)

 

 

最新情報をチェック!