エアコンを省エネで使う方法を知りたい!

エアコンを省エネで使う方法を知りたい!

今年の夏は猛暑になるらしいのですが、気になるのは電気代。エアコンは昼も夜もフル稼働となるといったいどうなってしまう事やら。高めの温度設定をして扇風機で空気を循環させるなんてアイデアもありますが、家計にも体にも優しいエアコンの使い方を紹介します。

 

エアコンの温度を1℃あげるとどうなる?

 

クールビズを進めている環境省はエアコンの温度設定は28℃としていますが日本工業規格(JIS)では27℃の設定で電気代を試算をしているんだそうです。でも温度を1℃下げただけでどのくらい電気代が増えるのか気になるところですよね。

 

しかし実際にはこれらの早見表と言うものはなく、設定温度以外にも①外気温、②運転時間、③建物の断熱性能などで左右されるそうでそれぞれの家の環境によってもエアコンの電気代は変わってくるようです。

 

2012年に省エネルギーセンターが出していたパンフレットによると、ひと夏の間設定温度を27℃から28℃にして今の電気料金で計算するとだいたい820円程度だとか。これは木造住宅6畳で6月初めから9月下旬までの1日9時間としての試算なんだそうです。

 

 

エアコンの省エネ対策

 

設定温度を1℃上げたぐらいではあんまり変わらないのではないかと思いがちですが、以前の東日本震災による影響で節電に迫られたこともあったように、節電の意識は忘れないでいたいですよね。では少しでもエアコンの効率を良くするにはどうすればいいのでしょうか。

 

1:30分の外出ならつけっぱなしがOK

エアコンの自動運転モードでは点け初めに多くの電気が使われ、その後は設定温度を微調整しながら保っていく状態になるので、例えばお風呂に入っている間や、買い物に行っている間などは逆に着けっぱなしの方が、節電にもなり帰ってきたときに涼しい状態でいられます。

 

2:室内の電気機器からの熱量を減らす

部屋の電気なども白熱電球よりもLEDのほうが放熱量は減りますし、長期で考えれば電気代も大きく変わります。また冷蔵庫にモノを詰め込み過ぎず余裕を持たすことで排熱も減るんだそうです。

 

3:室外機は風通しの良い日陰に設置

もし場所的に難しければ、室外機カバーに水をかけたり、直射日光が当たらないようにスダレをかけたり、またはゴーヤやへちまなどのツルの植物で緑のカーテンを作るのもいいかもしれません。

 

4:15年以上使っているなら買い替えも検討

最近では人のいるところだけを感知するなどと言ったエアコンや省エネのモノも多く出ています。初めに費用がかかったとしても長い目を見てその方が快適でし節電に役立つかもしれませんので、まずは環境省サイトの「しんきゅうさん」で電気代の年間節約額を試算してみると良いかもしれません。

 

 

電力会社を変えてみるのも一つ

 

2016年4月に電力の自由化になったことで各会社でもサービスが始まりましたよね。携帯代の割引やインターネットとのセット料金だったり、もしくはガス代の割引や、ポイント方式と様々です。こちらも価格.comの電気料金プランシュミレーションから、その家庭にあった電気小売事業者の安い順にプランが出てくるそうです。

 

1年更新プランなどでは途中解約ができなかったり、分譲マンションの場合一括契約だったりすることもあるので管理組合に確認したりと、もし検討するようであれば契約内容をしっかり確認しましょう。

 

引用元:https://goo.gl/4c7c3r

 

 

 


毎年、猛暑猛暑と言っている感じがしますが、エアコンなしでは過ごせなくなってきていますよね。でもあまり無理をしてエアコンを漬けず熱中症にかかっても大変ですので、我慢をせずにきちんと使いましょうね。昔ながらの知恵、打ち水やスダレなどをうまく使って少しでも快適に過ごせるよう参考にしてみてくださいね。

(キュレーター:rikako)

 

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
RIKAKO

RIKAKO

父母と弟2人の5人家族の長女として育つ。素はおっとりのんびりのマイペースだが、父親譲りの短気さと、母親譲りのサバサバした性格と、長女ゆえの真面目さ正義感の強さが混ざった複雑な性格。だってAB型だしね(^_^;)周りからは「天然」と言われていたが、保険会社に勤めてから天然が治った?と言われるようになる。しっかり者で、できる女とみられがちだが果たしてどうだか。

アイディアカテゴリの最新記事